アメリカ人がリタイア後に暮らしたい場所は?

アメリカ人がリタイア後に暮らしたい場所は?

将来、「海外でのリタイア」を夢みる人は、少なからずいるだろう。アメリカで引退することを考えた場合、日本人ならば理想の場所として、ハワイやカリフォルニアなどを思い浮かべるかもしれない。しかし、この2州は見方によっては「最も住むべきではない州」らしい。少なくともアメリカ人の多くが敬遠する、その理由とは?


生活物価という視点では、ハワイ、カリフォルニアは最下位に

 「仕事を引退した後に潤沢な資産がある」という人ばかりではないのは、日本もアメリカも変わらない。子供が成人する前だと、学校やその他の問題もあり、一か所に定住する方が便利だが、アメリカ人たちは自分の資産状況に合わせて、引退後は「よりリーズナブルに暮らせる場所」に躊躇なく引っ越す傾向が高い。

 その証拠に、アメリカ経済情報サイト『Finance 101』が昨年末に発表した「生活物価指数」を基準にした引退後の暮らしにお勧めの州ランキングは、かなり興味深い。彼らが勧める州の第1位はアーカンソー州、2位はウエスト・バージニア州、3位はオクラホマ州と、日本人には馴染みのない場所ばかりだ。逆に日本人に人気のハワイ州やカリフォルニア州は、かなり「お勧めできない州」という評価で、ハワイ州は最下位、ワースト2がカリフォルニア州である。

 両州ともに気候や自然の美しさは素晴らしいが、とにかく税金や生活費が高い。同サイトによれば、ハワイ州の生活物価は、アメリカ全体の平均よりも何と87%も上回っているという。また、場所によっては年々上がり続ける固定資産税などが生活を圧迫し、長く慣れ親しんだ場所でも引っ越しをせざるを得なくなる人は、両州には大勢いることも知られている。

アメリカにおける「リタイアメント」と日本の定年制度

 アメリカと日本のリタイアメントにおいて大きく異なることのひとつが、「定年制度」だろう。アメリカには基本的に「定年退職」という慣習は存在しない。一部の公共交通機関などでは安全性重視という理由から労働者の年齢制限を設ける場合もあるが、「雇用における年齢の制限」は禁止されており、たとえ公務員のような職であっても、雇用主側が定年を設定することは出来ないようになっている。つまり、アメリカではその人が引退したくなった時が「定年」となるわけだ。若いうちに財をなして早く引退する人もいれば、高齢になっても若い人たちのようにアクティブに働き続けるシニアも大勢いる。

 日本よりはるかに多くのシニアが現役として社会活動に従事している感はあるが、一方で401K(個人拠出年金)やIRA(個人退職金口座)などのリタイアメント貯蓄が引き出せるのが「59歳6ケ月以上〜」であるため、そこが引退年齢のひとつの目安になっている。ただし、リタイアメント貯蓄は引き出しを開始する時期をできるだけ遅らせる方が得なため、60歳から引き出しを始めるのは一般的ではないこともアメリカの実情だ。

 そして引退の時期になると、お金に余裕がない人たちは、自分の生活水準にあった地域を探して引っ越していく。大きな家に住んでいた人は家を売ってダウンサイズし、身軽になってから第二の人生を楽しめる場所へと移っていくのが一般的だ。

 余裕がないのに長年住んだ家にしがみついたり、慣れ親しんだ場所に住み続けることよりも、生活物価指数に基づいてリタイア後の居住地を決める。これにはアメリカ人のドライで合理的な気質も大いに関係しているだろうが、人生90年時代における選択肢のひとつではあるだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

ファストフード大手の米マクドナルドは今月3日、スティーブ・イースターブルック社長兼最高経営責任者(CEO)が、部下と恋愛関係を持ったため解任したと発表した。合意の上の関係でも解任された敏腕元CEOの今回のニュースを巡り、現在の米企業各社のコンプライアンス重視の気運が見てとれる。


民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はかなり保守的な南部アーカンソー州でも、医療マリファナが合法になったことについて。


知られざる米南部の高い“コンサバ度”

知られざる米南部の高い“コンサバ度”

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は沿岸部大都市に比べると驚くほど保守的な文化を誇る南部地域で、著者が経験したことを交えてそのコンサバ度合いを紹介する。






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング