GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

Facebookの個人情報流出事件では、その制裁金の高さに注目が集まったが、アメリカ企業であっても欧州の顧客データがあるだけで「EU一般データ保護規則(GDPR)」に従う必要があり、今、どの企業もデータ管理の再強化を迫られている。


アメリカ企業に迫られるデータ保護・管理体制の再確認

 SRAMなど最新テクノロジーを搭載した自動運転技術や、ブロックチェーンを利用した仮想通貨プラットフォームなど、新たな技術の発展により生活はますます便利になっていく。しかし、その発展の裏には「データ保護、セキュリティ管理」という課題が必ず付いて回る。

 2019年7月24日、アメリカ連邦取引委員会 (FTC)は、米・Facebook社が最大8,700万人の個人データを流出させた問題に対して、50億ドル(日本円で5400億円) の制裁金を科すと発表した。これは個人情報流出による制裁金として過去最高額とされており、Facebook社は金額的な痛みだけではなく、社会的な信頼という面でも痛手を負うことになった (詳細はこちらから)。

 Facebook社の過ちを反面教師にして、多くのアメリカ企業がデータ保護、管理体制を再確認する必要がありそうだ。

欧州企業以外も順守が必要なGDPR(EU一般データ保護規則)

 今や私たちが関わるほとんどすべてのビジネスで、顧客データが取集され、マーケティング、製品サービス開発などに活用されている。そのため、個人情報に関わるデータは二次、三次…と加工されて、企業の各部署に点在している可能性が高い。日々更新、加工が行われるすべてのデータの管理を正しくできていると胸を張れる企業はどれだけあるだろうか。

 目を向けるのは社内のデータ管理、そして国内規則だけではない。取引のある海外顧客データ、そして現地のデータ保護規則にも十分注意が必要だ。

 具体的にはアメリカ企業であっても、欧州の顧客データを保持している場合は2018年に発効されたGDPR(EU一般データ保護規則)に従ったデータ管理が必要である。

 実際にFacebook社の個人情報流出の件では、イギリス・英国個人情報保護監督機関 (ICO)はGDPRに違反するとして50億ポンド(7,000万円の)制裁金を同社に科している(詳細はこちらから)。

 またGDPRに抵触した場合、ペナルティを負うだけではなくEU当局から問題発生の72時間以内に情報を開示する義務がある。有事の際に情報開示を迅速に行うためには、データガバナンスを意識した情報管理プラットフォーム構築が必要ということと同義である。データビジネスで利益を得る背景には、常に繊細なデータ管理体制が求められているということを、個人レベルで心得ておく必要がある。

Facebook社は2020年に暗号資産「リブラ」を発行する計画もある。一連の個人情報流出によって、今後のデータ保護、セキュリティ管理に関して多くの視線が、マーク・ザッカーバーグCEOの経営判断に集まっている。

この記事の寄稿者

大学卒業後、大手外資IT企業にてセキュリティ、アナリティクス、データベース、機械学習ソリューション提案を担当。2017年4月日本初の商用データサイエンティストコラボレーションプラットフォーム導入を実現。同社グローバルアワード受賞。AI活用をテーマにしたトークイベントの企画、実行を手掛けるなど、社外活動も精力的に行ってきた。
現在はフリーライターとして、記事執筆および編集を行う。前職の経験を生かしたIT関連記事執筆を中心に、欧州・東南アジア在留経験にもとづく情報発信に携わる。

関連する投稿


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


フェイスブックに政治観を明記するか否か

フェイスブックに政治観を明記するか否か

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。フェイスブックのプロフィール・ページの基本データの中にある「政治観」という欄。ここに「保守派」と堂々と書ける人とは?


フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブックの仮想通貨 来年から始動予定

フェイスブック社が独自に開発を続けている仮想通貨「グローバルコイン」。同社はこれを来年から市場に出そうと本格的に動いていることに経済専門家や欧米のマスコミがざわついている。それが現実になったら、どういうことが起きうるのだろうか。


隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

「隠しカメラで盗撮された映像がSNSで拡散された」という被害が後を絶たない昨今。いつ誰が、どんな目的でプライバシーを侵害するかが分からないという、困った世の中の必需品になりうる商品として注目を集めるのが「スパイファインダー・プロ」だ。一体、どんな商品なのだろう?


イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

電気自動車、宇宙事業、都市トンネルや再生可能エネルギーなど大規模なビジネスを展開するイーロン・マスク氏。発言が常に注目される中、渦中のフェイスブックからテスラとスペースXのアカウントを削除したが……






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング