アメリカで最もビジネスに適した州、2019年の第1位は?

アメリカで最もビジネスに適した州、2019年の第1位は?

今年も米CNBC恒例の「ビジネスに最適な州ランキング」の調査結果が発表された。大手日本企業各社の進出先として全米から注目を集めたテキサス州は、昨年の1位から2位の座へ転落。そのテキサス州を抜いて堂々1位の座についたのは、昨年4位から浮上したバージニア州だ。


国防の中心地 + アマゾンドットコム社が第2本社に選んだ州

今年で13回目となる恒例のCNBCによる「アメリカでビジネスに最適な州ランキング」調査。ビジネスを行う上で重要だと思われる10分野64項目(労働力、経済、インフラなど)を数値化して州ごとに比較する調査だが、今年は8年ぶりにバージニア州が首位に返り咲いた。今年の上位10州は以下の通り。

2019年 ビジネスに最適な州ランキング

1位:バージニア州(昨年4位)
2位:テキサス州(昨年1位)
3位:ノースカロライナ州(昨年9位)
4位:ユタ州(昨年3位)
5位:ワシントン州(昨年2位)
6位:ジョージア州(昨年7位)
7位:ミネソタ州(昨年6位)
8位:ネブラスカ州(昨年14位)
9位:コロラド州(昨年5位)
10位:オハイオ州(昨年15位

労働力や教育の評価ポイントが高かったバージニア州

 2019年の1位となったバージニア州は、同調査における「労働力」や「教育」のカテゴリーが1位だったほか、州内の25歳以上人口のうち37.6%が大卒以上であることや、同州内雇用に占める科学・技術・工学・数学(STEM)分野の割合が8.9%と高いことなどが総合的に評価された。米国防の要である国防総省ペンタゴンも州内に拠点を構えるが、2019年の国防予算は686ビリオン・ドル(約74兆5236億円)で、これは同州の経済の約12%を担っている。

 また、米シンクタンクのピュー・リサーチ・センターによると、2014年〜2024年にかけて数学関連職、コンピューターや情報技術職などのSTEM関連職の雇用が伸びると考えられている。昨年11月に第2本社をバージニア州に設立することをきめたオンライン最大手のアマゾンドットコム社も、同州のテック系人材の豊富さが本社を構える場所の決め手になったといわれている。

 ちなみに、アメリカ50州すべてのランキングは、こちら。日本企業のアメリカ進出先として非常に人気が高いニューヨーク州、カリフォルニア州、ハワイ州のランキングは残念ながらかなり下だ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


人権より中国の「金」の方が大事なNBAの偽善

人権より中国の「金」の方が大事なNBAの偽善

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は多くのスター選手を輩出している米NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)が、自らの方針を変えてまで中国市場に取り入っていることについて。


火蓋を切った米大統領選挙、リベラルと保守は共存できるか

火蓋を切った米大統領選挙、リベラルと保守は共存できるか

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。引っ越しが決まった。首都D.C.のすぐ横、バージニア州だ。先日、家探しで久しぶりに東海岸に戻って感じたアメリカの希望とは。


全米大パニック! マシュー・マコノヒーがテキサス大学教授に就任

全米大パニック! マシュー・マコノヒーがテキサス大学教授に就任

ハリウッドの人気俳優、マシュー・マコノヒー。日本でもお馴染みのセレブリティだが、この度、彼が出身校でもあるテキサス大学の教授に就任した。どうすれば彼の講義が受けられるのか、全米から問い合わせが殺到している。


どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、罪のない大勢の人々が犠牲になる悲惨な銃撃事件が立て続けに起きているアメリカで、銃規制に断固として反対し続ける保守派の見解を著者が解説する。






最新の投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング