日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本の「べんとう箱」をアメリカ人がローカライズすると?

日本語の「弁当(べんとう)」という単語が、「Bento」として欧米文化に浸透するようになってから久しい。今では「べんとうばこ」=「Bento Box」の説明も欧米を代表する辞書に掲載されるようになった。とはいえ、日本の弁当箱そのものがアメリカに定着したのではない。あくまで米市場に出回っているのはアメリカ人が考える「Bento Box」だ。


弁当箱を直訳した「Bento Box」という単語が定着

 米ウェブスター辞書の「Bento Box」の説明には、「名詞:複数の仕切りがある箱で、通常は日本食の昼食コース料理の品々を入れるために用いられる」と書かれている。そのせいか、多くのアメリカ人が考える「Bento」とは、アメリカの日本食屋ならたいていメニューに載っている幕の内風定食(漆塗りを模したプラスチック製の四角い容器に入った照り焼きチキンや巻き寿司などの盛り合わせ)のことと、理解されている場合が多いようだ。

 そんな背景もあり、最近ではアメリカの食文化に合うようにローカライズされた弁当箱も次々と市場に現れている。ビビットな色使いのカラフルでポップなデザインが揃い、子供はもちろん、オフィスで働く女性たちを中心に人気が広がっている。2019年の子供用、人気おべんとう箱ベスト7はこちら

なかでも大人気はミッション・ステートメントも伴う「Bentgo」

 子供用の弁当箱として最も人気が高いのが「Bentgo」だ。音読みすると「べんとう、ゴー!(Bento Go!)」となる素晴らしいネーミングで、先のベスト7ランキングでもトップを走っている。化学物質ビズフェノールA(BPA)を使用していないプラスチックで作られた容器は電子レンジにも食洗機にも対応でき、仕切りごとに蓋がついていて使いやすいことが評判を呼んでいるようだ。

 この「Bentgo」の企業ミッションは「子供たちがランチタイムを楽しみながら健康を保つこと」。この言葉を体現するかのように、同社は貧困層の子供たちに長年にわたり食事を無料で提供している米非営利団体「 Feed the Children」とパートナーシップを組み、アメリカ国内をはじめとする世界10カ国の子供たちに食べ物を届ける活動を支えている。

 豊かな国に見えるアメリカでも5人に1人の子供が空腹に苦しんでいる。また世界的には4人に1人の子供が発育を妨げるような慢性的な栄養失調状態にあるという。40年前から貧困児童にむけた活動を継続しているFeed the Childrenは、2015年の1年間だけで、1.3億ポンド(約7,085万キログラム)の食料、金額にすると約393ミリオン・ドル(約427億円)を子供たちに配布している。「Bentgo」が Feed the Childrenの活動への協力を開始したのは2017年からだが、これまでに既に150,000ドル(約1,628万円)を超える金額を寄付している。欧米では、企業が行う社会的貢献がその企業が販売する商品やサービスの人気に繋がる流れができあがってきたが、こうした姿勢が企業の「標準」になる日も近そうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


二極化するアメリカを操るのは富者

二極化するアメリカを操るのは富者

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はここまで分断が進んでしまったアメリカを操るのは誰なのか、リベラルな著者の見解を披露する。


アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

 日本の「弁当」は歴史ある文化だが、アメリカにおける弁当、つまり「ランチ」というのは、かなり解釈が曖昧だ。アメリカにも弁当箱はあるが、和食屋の幕内風定食も弁当と呼ばれるし、仕切りのついたトレイにおかずを選んで載せるスタイルを弁当とも呼ぶ。おかずの選択肢が複数あれば弁当なのか、容器が弁当なのか、「Bento」にまつわる疑問はつきない。






最新の投稿


待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

いよいよ「90分の宇宙飛行」の開始を来年に予定するヴァージン・ギャラクティック社が、スポーツウェア・ブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と提携して開発した宇宙服を発表した。その画期的なデザインとは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング