空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

子供から大人まで世界中に多くのファンを持つエンターテイメント・ビジネス界のトップランナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー社が、独自の航空会社をまもなく設立するという噂が浮上している。これまでにも何度か噂になったことがあるが、今回はかなり信憑性が高いと業界がざわついているらしい。「空飛ぶ夢の国」は実現するのだろうか?


ディズニー・ファンの期待が高まるディズニー独自の飛行機

 世界中の人々に知られるウォルト・ディズニー・カンパニー社(以下ディズニー)が、航空会社を設立するという噂が出ている。噂の発生元はディズニーのファンサイト「JustDisney.com」の記事で、そこには2021年に同社は全額を出資してアメリカで「ディズニー・エアラインズ」をスタートさせると書かれている。米フロリダ州にあるディズニー・ワールドが、2021年10月に50周年を迎えるため、独自の航空会社のスタートもそこにタイミングを合わせると見られている。現時点で同社による公式発表はまだないが、アメリカン航空とデルタ航空のリージョナル機(国内専用小型機)を有するコンパス・エアラインズのウエブサイトにあるパイロット用の掲示板などでも話題に上がっており、かなり信憑性の高い噂のようだ。

 ファンサイトのJustDisney.comによると、ディズニーの旅客機では、各座席でディズニーの新しいストリーミング・サービスにアクセスでき、搭乗時と降機時には機内にディズニー映画のヒットソングが流れ、機内に人気のディズニーキャラクターが挨拶に来ることもあるそうだ。しかも、コックピットから機長によって届けられるパイロット・アナウンスは、人間の機長ではなく、「トイ・ストーリー」の主人公バズ・ライトイヤーが行うという。ディズニー・ファンならば、間違いなくその飛行機に乗ってディズニーランドやディズニーワールドへ行きたくなるだろう。実現すれば、ディズニーはエンターテイメントを交通手段からトータル・コーディネートできることになる。

航空会社を所有するのは、たとえディズニーでも大変なこと

 何ともワクワクする噂ではあるが、航空会社を設立して維持するには計り知れない資金とランニング・コストが掛かる。前述の航空業界の掲示板などによると、ディズニー社は複数の小さな地域航空会社(リージョナル)を買収しようとしているらしく、その買収先候補の社名まで出回っており、元祖ディズニーランドがあるロサンゼルスやシカゴなどの米主要都市から、ディズニーワールドがあるフロリダ州オーランドへの運航を検討していると見られている。ディズニーは過去にも航空業界への参入を試みたがうまくいかず、2013年には航空機材を手放した過去があるため、今回は確実に成功するように巨額の資金がつぎ込まれているという噂だ。

 しかし、あのアマゾン・ドットコム社ですら未だに独自の航空会社を保有できていない。機体にAmazon Prime Air(アマゾン・プライムエアー)と書かれた機種も運航しているが、それはAtlas Air、ABX、ATIの航空3社が期間契約で賄っている。つまり他社の機体にロゴを塗装している状況だ。そういう背景から、航空業界関係者たちは「さすがのディズニーでも難しいのでは?」と冷ややかに静観しているようだ。果たして“ディズニー・マジック”は起こるのだろうか?

この記事の寄稿者

関連する投稿


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。


ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

ディズニーも開発! VR、ARの一歩先を行く特殊技術「MR」とは?

VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Augmented Reality/拡張現実)という言葉はすでに世の中に浸透した感があるが、MRという言葉はまだ耳慣れないのでは? MRとはMixed Reality、つまり「複合現実」のこと。時代は確実にこの「MR」に向かっているという。


空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

空への夢の始まり 最終回 — とうとう旅客機のパイロットに!

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の著者が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』の最終回。何年も教官として働きながらも旅客機のパイロットとして勤務する夢を諦めず、念願の夢を手にいれた道のりとは?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング