可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

米キンプトン・ホテルチェーンの「ホテル・モナコ・デンバー」が、8月26日の「National Dog Day」を祝い、部屋に子犬たちとスパークリングワインのボトルが届くパッケージを提供することを発表。そのプロモーション写真の犬たちの可愛らしさでSNSが沸いている。


プロセッコを飲みながら、たくさんの子犬たちと部屋で遊ぼう

 犬好きな旅行者にとって、夢のようなパッケージが登場した。米コロラド州デンバーにある「ホテル・モナコ・デンバー」が8月26日の「National Dog Day」を祝して、8月23日〜26日に同ホテルに宿泊する客に、部屋に子犬たちとプロセッコのボトルをルームサービスで届ける「パピー・パーティー・パッケージ」を用意するという。イタリアンな泡を飲みながら、イタリアンのスナックをつまみ、子犬たちを撫でたり、抱っこしたりできる「プライベート・パーティー」を楽しめるというこの企画。告知した同ホテルのインスタグラムはこちら

Courtesy of Kimpton Hotels

Courtesy of Kimpton Hotels

気に入った子犬は家に連れて帰ろう!


 ルームサービスで部屋にやって来る子犬たちは6匹〜10匹で、どの子犬たちも地域のシェルター、Life Line Puppyが保護した犬たちだ。つまり、一緒に遊んで気に入った犬がいたら、その犬を引き取ることができる。ホテルでゲストたちが特別な時間を過ごすだけでなく、子犬たちの親を探すことにも繋がる企画だ。

 このパッケージを利用できる客は上記の期間中、スイートルーム(Luxury Suite)に宿泊した客のみ。子犬を引き取っても引き取らなくても、このパッケージの料金の半額はLife Line Puppyへ寄付される。ちなみに、このスイートルームとパッケージを合わせた値段は、1泊$1,262(約13万7,000円)。子犬たちと部屋で遊べるのは1時間だそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

お年寄りが大切にしていたペットが、飼い主の病気や死去のため、行き場を失ってしまうことがある。飼い主とともに高齢になったペットは、新しい貰い手を見つけるのが特に大変だ。アメリカには動物愛護団体が多いが、高齢のペットを支援している非営利団体もある。その活動内容は、高齢化が進む日本でも何かのヒントになるかも知れない。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング