常識を支配する「構造」が人を狂気に変えるということ

常識を支配する「構造」が人を狂気に変えるということ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。第二次世界大戦を経験したドイツ人の親戚が見た、アメリカとヨーロッパの危うい「今」。日本は例外なのだろうか?


ベルリンの空の下で考えた世界の矛盾

 この夏は久々に、ひと月ほどヨーロッパで過ごした。主人が半分ドイツ人ということもあり、親戚たちにも会ってきたが、ベルリンで神父をしている義理伯父との話は、忘れられない経験となった。伯父は戦争を経験している。10歳になるまで、ナチスが当たり前だった世界に生きていた彼が静かに語ってくれたのは、人の「常識」の恐ろしさについてだ。彼は今、世界のあちこちで見え隠れする様々な矛盾に、少年時代に感じたナチスという体制への矛盾を重ね、人の世の行方を案じている。

疑うことを許されない「常識」は狂気である

 伯父の少年時代のドイツは失業者で溢れ、治安の悪化などが進む苦しい状況にあった。ナチスは民族の誇りを掲げ、不景気からの脱却を約束する救世主のような存在でもあった。しかし、その狂気に人々はすぐに気づき始めた。――「何かがおかしい」。そう感じていた人は大勢いたはずなのに、「ナチス」という常識は、まるでそれを疑うことが許されないかのように社会に浸透してしまった。

 伯父は「疑うことの許されない常識は狂気である」と語る。そして、その狂気は今、世界のあちこちで見られると話す。例えばアメリカだけでなく、ヨーロッパのリベラル派の中には、トランプ大統領にナチスの指導者を重ねることがある。かつてドイツがそうであったように、失業者が溢れるアメリカの保守州においては、トランプ大統領はまるで救世主なのだ。しかし同時に、トランプ大統領に反対する人たちは彼を独裁者扱いする。しかし、ここで伯父は語るのだ、「常識を疑え」と。

 扇動されて出来上がった「常識」は、真の常識とは言えない。ナチスがそうであったように、リベラル、保守は政治体制のひとつである。その政治体制や思想に支配されすぎて、疑うことを許されない「常識」が出来てしまった時、それは狂気にも成りえる。ポピュリズムを批判する人は多いが、批判する人が妄信する政治体制の中にもポピュリズムは浸透している。どれだけの人がこの矛盾に気づいているのだろうか――伯父は疑問を投げかけた。

 日本は令和の世を迎え、奇しくも先月には参院選が終わったばかりだ。この時代の変わり目、世界の流れの中で、私たち個人は、今、どんな未来への選択をすべきなのだろうか?

この記事の寄稿者

青山学院大学卒業。コマーシャルなどの映像コーディネーターを経て1998 年、宝塚歌劇団香港公演の制作に参加。その後プロデューサーに転身。株式会社MJ コンテスほか複数企業の代表として、ネバダ州立大学公認のピラティススタジオ日本進出事業や各種研修事業、2007 年に行われた松任谷由実の 「ユーミン・スペクタクル シャングリラⅢ」をはじめとする国内外の舞台・イベント制作など、さまざまな事業を展開。これまでにベストセラー数冊を含む70以上の書籍、DVD 作品を企画、プロデュース。現在も様々な事業を展開しながら“Go Tiny”(大切なものが、すべて半径5メートル以内にあることに気づこう!の意)というライフスタイルの提案も展開中。

関連する投稿


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


黒雪姫は必要ですか?

黒雪姫は必要ですか?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。政治、人種、宗教等の中立性を重視する「ポリティカル・コレクトネス」をめぐり、子供劇団で繰り広げられる悩ましい問題とは?






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング