アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んで設置したピンク色のシーソーで子供たちが遊ぶ映像がSNSを賑わせている。国境周辺の状況が悪化している中、人々に結束や調和を訴える目的で米カリフォルニア州にある大学の二人の教授が仕掛けた「アート・インスタレーション・イベント」だという。


国境の壁がシーソーの支点

 二国間にそびえ立つ国境の壁を挟んで設置されたピンク色のシーソーで遊ぶ子供たちの動画や写真が、アメリカのメディアやSNSを賑わせている。

 これは米カリフォルニア州にあるUCバークレー校で建築学を教えるロナルド・ラエル教授と、サンノゼ州立大学でデザインを教えるヴァージニア・サンフラテロ准教授の二人が手がけた「Teeter Totter Wall」というイベント。二人は長年に渡ってこのアイデアを温めていた。国境周辺と二国間の関係における緊張が高まる中、両国の子供たちや大人たちが意味のある繋がり方を持ち、片方のアクション(行動)がもう片方に直接的に影響することをピンクのシーソーを使って体現することによって、人々が自分のアクションについて考えることを狙って制作したという。つまり、シーソーの支点が国境の壁なのだ。そのシーソーの映像はこちら。

壁を挟んで楽しむ子供たちの笑顔

 シーソーが設置された場所は、アメリカ側はニューメキシコ州サンドランドパーク、メキシコ側はチワワ州シウダー・フアレスだ。メキシコ側にはこのイベントの告知はしていなかったが、子供たちが自然に集まり、壁を挟んだ二国間のシーソーを笑顔で楽しんだ。8月1日の時点でこの画像を掲載した同教授のインスタグラムには20万以上の「いいね」がついた。

 しかし、国境の壁を強化することはトランプ大統領の公約のひとつ。先月26日に米最高裁はホワイトハウスがペンタゴン基金から約2,685億円を使用して国境の壁を作ることを承認したため、今後さらに国境警備が強化される見込みだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


昨年1年間で約70万人がカリフォルニアから他州へ引っ越した?!

昨年1年間で約70万人がカリフォルニアから他州へ引っ越した?!

全米最多の人口を誇り、アメリカで3番目に面積が大きいカリフォルニア州。GAFAをはじめ、世界的に有名な大企業が本社を構えることなどから税金や生活費が驚愕的に高額になったこと、そして政治面ではリベラルに偏り過ぎたことなどから、「もう、住めない!」という人が続出! 1年間で約70万人がカリフォルニアから逃げだしている。


待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

待望のUNDER ARMOURの宇宙服、公開!初の宇宙旅行は来年

いよいよ「90分の宇宙飛行」の開始を来年に予定するヴァージン・ギャラクティック社が、スポーツウェア・ブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」と提携して開発した宇宙服を発表した。その画期的なデザインとは?


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング