NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


アメリカとNASAの偉業を称えたいだけなのに

 トランプ政権は「アメリカは再び月に宇宙飛行士を送り、有人宇宙船の火星着陸を目指し、宇宙軍(スペース・フォース)を設立する」と公約し、今年だけでも約200億ドルという巨額の予算をアメリカ航空宇宙局(以下、NASA)につぎ込んでいる。

 オバマ政権時代にはNASAの予算の数割が環境保護政策に使われていたが、トランプ政権では予算のほぼ全額を宇宙開発に使っている。そのおかげでNASAの宇宙センターがあるテキサス州ヒューストンは昨年、「経済成長の可能性が最も高い都市」に選ばれ、今年も同ランキングで4位となった。そんな宇宙ブームに乗って、テキサス人の大半は「トランプは大統領選のスローガン、Make America Great Againの通り、アメリカを再び偉大にしてくれた」と喜んでいる。

 そんな中、6月20日にヒューストンでアポロ11号の月面着陸50周年を記念するイベントが行われ、テキサス人のみならず大勢のアメリカ人がアメリカの偉業を祝福した。しかし、偉業を讃えるアメリカ人たちに釘を刺すように、ワシントン・ポスト紙は「当時のNASAの打ち上げ管制室には約500人の職員がいたが、女性、黒人、ヒスパニックはそれぞれ1人だけで、NASAはほとんど全員白人男性だった」と報道した。それに続いてNYタイムズ紙も、「最初の女性宇宙飛行士、最初の黒人、最初のアジア人を宇宙に送ったのはソ連。平等を目指す宇宙開発戦争ではソ連が勝った」、「アポロ計画は男性による男性のためのプログラムだった」など書き、NASAを批判した。

 その他の報道機関でも、リベラルな記者やコメンテイターが、ニール・アームストロング飛行士が月面に一歩踏み出したときに言った「That's one small step for man, one giant leap for mankind」、つまり「これはひとりの人間(man)にとっては小さな一歩だが、人類(mankind)にとっては偉大な飛躍だ」という名言を、「男尊女卑な言葉遣いは女性蔑視のNASAの雰囲気の象徴だ」と非難した。リベラル派によるこの極端な解釈は、man、mankind、manholeなどmanがつく単語は男尊女卑であり、代わりにperson、humanity、maintenance holeと言うべきだとの主張から来ている。

 しかし、現在のNASAの職員は約3割が女性、16%が黒人、8%がヒスパニック、6%がアジア系で、最長宇宙滞在通算日数の記録保持者はペギー・ウィットソンという女性の生化学者だ。そのため保守派は、現在の繁栄の礎を築いてくれたNASAの過去の偉業は素直に称えるべきだと考えている。

ディズニー映画も人種差別で男尊女卑だというリベラル派たち

 ちょうど上記のイベントがあった時期に公開されていたディズニーの夏休み映画、『アラジン』と『ライオン・キング』も、「人種差別!」、「男尊女卑!」だと、リベラル派から徹底的に叩かれた。

 『アラジン』については、「過度な中東のエキゾチックさ」と、「ムスリム女性は結婚のことしか頭にない」というムスリムやアラブ人のステレオタイプを助長するということが批判の対象に、また、『ライオン・キング』については、「シンバは白人男性の独裁者、ハイエナは黒人やヒスパニックの象徴で、弱肉強食、家父長制度の白人優越階級社会を美化した寓話だ」ということが批判として上がった。ライオン・キングの王座となっているそびえ立つ大きな岩は、「まるでトランプ・タワーのようだ」という声もあげられた。

 しかし、『アラジン』は公開6週目で3億4,000万ドル(日本円で約360億円)の興行収益を上げ、『ライオン・キング』も2週間で2億7,530万ドル(約292億円)を稼ぎ出す大ヒットとなった。このように、リベラル派は何を見ても人種差別や男尊女卑だと感じてしまうようだが、大方のアメリカ人は、リベラル派の「なんでもかんでも人種差別と男尊女卑」という極端なイデオロギーにまだ感化されていない、ということで、保守派は今のところひとまず胸をなで下ろしている。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


トランプ大統領の「グリーンランド購入」提案に米保守派が驚かない訳

トランプ大統領の「グリーンランド購入」提案に米保守派が驚かない訳

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、多くの人たちが突拍子もない話だと驚いたトランプ大統領のグリーンランド購入提案に対して、米保守派はまったく驚いていないということについて。


全米大パニック! マシュー・マコノヒーがテキサス大学教授に就任

全米大パニック! マシュー・マコノヒーがテキサス大学教授に就任

ハリウッドの人気俳優、マシュー・マコノヒー。日本でもお馴染みのセレブリティだが、この度、彼が出身校でもあるテキサス大学の教授に就任した。どうすれば彼の講義が受けられるのか、全米から問い合わせが殺到している。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング