キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

キワモノ・アイスクリーム対決! ホットドッグが調味料には負けられない!

アメリカ人はアイスクリームが好きだ。子供たちだけでなく、ティーンエイジャーも大人も高齢者も、食後のデザートやおやつにアイスクリームを食べる。だからと言って、ホットドッグ味やマスタード味のアイスクリームをわざわざ食べたいと思う人がいるのだろうか?


マスタード大御所ブランドのアイスクリームがSNSで一斉拡散

 アメリカの夏の風物詩といえば、バーベキューとアイスクリーム。バーベキューグリルの上ではハンバーガーとホットドッグが焼かれることが多いが、その横に必ず置かれている必需品がケチャップとマスタードだ。

 そのマスタードの大御所ブランド「French’s」が、ほとんど誰も知らなかった「ナショナル・マスタード・デー」に、独自に開発したマスタード・アイスクリームを発表してメディアで話題になった。

French’s マスタード・アイスクリーム

French’s マスタード・アイスクリーム

 先週はニューヨークとロサンゼルス周辺、今週はロサンゼルス周辺のみで、独自のアイスクリーム・トラックが走り回るという。地域限定の販売では食べられない人も多いため、自宅で作れるマスタード・アイスクリームのレシピ動画も公開している。

ブランドの「からかい精神」を見せたい! ホットドッグの大御所も追随

 このマスタード会社のアイスクリームに乗っかるように翌日の米メディアやSNSを賑わせたのが、ホットドッグの大御所ブランド、オスカーマイヤーが発表したホットドッグ・アイスクリームサンドだ。

オスカーマイヤー ホットドッグ・アイスクリームサンド

オスカーマイヤー ホットドッグ・アイスクリームサンド

 このアイスクリーム・サンドは、細かく切ってキャンディーでコーティングしたホットドッグ(ソーセージ)をホットドック風味のアイスクリームに混ぜたものと、スパイシーディジョン風味のジェラートを半分ずつクッキーに挟んである。如何にもふざけて作られたようなアイスクリームだが、これはニューヨークを拠点にワサビ味やゆずミント味などのユニークなアイスクリームを手作りで作っている「il laboratorio del gelato」とコラボして作られた本格的なものだという。

 オスカーマイヤーは、アメリカでは知らない人がいないほど有名なホットドッグ、つまりソーセージのブランドで、親会社はチーズで知られるクラフト社。これほどのタイミングでマスタードに追随できたことを、同社広報は「歴史がある当社にも“からかい精神”があるところを見せたかったので、ナショナル・アイスクリーム・デーに何か面白い商品を出したいと考えていた」と米メディアに話している。他社が仕掛けたマーケティングに素早く乗っかった、なんとも要領のいいマーケティングだ。

 同社もまた、アイスクリーム・トラックを使い、8月12日の週にニューヨーク市内を走り、ホットドッグ・アイスクリームを配るという。しかもトラックは同社のアイコンともいえるホットドッグ型のトラックを改造したものというから、その徹底ぶりも話題だ。無料で配られるというが、果たしてこの変わったアイスクリーム、子供たちは喜ぶだろうか。

参考記事:
https://www.cnet.com/news/oscar-mayer-hot-dog-ice-cream-sandwich-is-both-real-and-terrifying/

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。


秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング