今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月16日〜22日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


誕生日から導き出す「数字」には、あなたの未来に関する大切な情報が隠されています。誕生日を西暦にし、1桁になるまで数字を足してください。あなたの誕生日から割り出されるのは何の数字でしょうか? 時に優しく、時に厳しく、数字たちはあなたの行くべき道に向かって後押ししてくれるもの。数字を味方につけて輝く毎日を創りましょう!

神秘ナンバー数の出し方

例:1981年12月3日生まれの場合
1+9+8+1+1+2+3=25
2+5=7
神秘ナンバー:7

神秘ナンバー1

基本的性質

何かを生み出す力のある人。先を目指しながらも、時には「基本に立ち返る」ことを忘れないことが常なる開運のカギ。

今週の開運ポイント

何故か「あなたらしからぬ」選択をしてしまい、焦ることがあるかもしれません。人から何かを打診されたり、何かを決めねばならない時には、いつも以上に慎重になりましょう。温かい飲み物を選ぶと頭が冴えそう。
ラッキーカラー:ピンク

神秘ナンバー2

基本的性質

自分と向き合いながら成長できる人。周囲の声や環境に惑わされ過ぎず、自分の立ち位置を、自ら日々確認し続けることが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今、あなたを幸運へ導くものはズバリ、「涙」です。感動する本、映画などを楽しんでもよいでしょうし、誰かに感動を与えて泣かせてもいいかもしれません。今週流した涙、あるいは人に流させた涙は、生涯忘れ得ぬ宝物になるかも。
ラッキーカラー:赤

神秘ナンバー3

基本的性質

自然体で常にいられる人。しかし、そのことで第三者を振り回してはダメ。第三者には第三者が大切にしたい価値観があることを意識することが開運のカギ。

今週の開運ポイント

「暑くて、なんとなく身体がだるい」と思うことがあるかもしれませんが、今週はあえてそんな重い身体を動かしてみましょう。気持ちよく汗をたくさんかくことで、スッキリした思考力を手に入れることができるでしょう。
ラッキーカラー:黒

神秘ナンバー4

基本的性質

完璧を目指す努力家。時には全て思いのまま、計画通りに進めないでも良いという、心の「余白」を持つことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週は少し心が「ざわつく」ことがあるかもしれません。そのせいで、自分を責めてしまったり、感情のコントロールが出来なくなったりすることも。そんなアナタを救うのは「お酒」。お友達を誘って家でパーティーも気分転換になります。
ラッキーカラー:白

神秘ナンバー5

基本的性質

行動力のある人。大切なことを行動に移す前には、思いつきやカンに頼らず、しっかりと考え、計画を立てることが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週は情報の取り扱いに注意したい運気。間違った相手に間違ったメールを送ってしまったりして、冷や汗が出る思いをするかもしれません。自分のミスは清く認めて吉。きちんとお詫びをすれば、アナタの評価がアップします。
ラッキーカラー:オレンジ

神秘ナンバー6

基本的性質

様々な愛を誰よりも享受できる人。家族、恋人、社会など、あなたに差し伸べられた様々な愛を、決して「当たり前」と思わないことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週は恋人や配偶者との時間が幸せの鍵を握ります。二人でどこかに出かけたり、次のお休みの計画を立てるなどしてみましょう。相手がいない方は、積極的に誰かを誘ってみて。週が明ける頃には、思わぬ嬉しいサプライズがあるかも。
ラッキーカラー:緑

神秘ナンバー7

基本的性質

努力家。何かを成し遂げるには、毎日の積み重ねが大切であることを知る人。誰かに頼ること、望まぬことは断ることを学ぶことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週はちょっと疲れて息切れモード。しっかり睡眠をとって、身体を休めるようにしましょう。週末は出歩かず読書などをすると吉。そこで得た情報が、今後のビジネスに即役立ちそうな予感です。
ラッキーカラー:黄色

神秘ナンバー8

基本的性質

正義感が強く、公平でいられる人。多くの人に支持されることを望むあまり、自己抑制することも。「素顔の自分」に戻れる場所を持つことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

随分前に学んだことが、今週あなたにツキをもたらします。それは大学で専攻した学問かもしれないし、以前楽しんだことがある楽器の演奏かもしれません。長い間忘れていた何かが、あなたの次のステップの助けになりそう。
ラッキーカラー:紫

神秘ナンバー9

基本的性質

自分なりの世界観がある人。時に孤立を好みながらも、献身的に誰かに尽くすことが出来る人。第三者の忠告に、耳を傾けることを覚えることが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週は必要以上の責任を取らないように気を付けて。責任感があるのは素晴らしいことかもしれませんが、身の丈にあっていない責任は、のちのちあなたを苦しめる結果に。何かを約束するのは熟考してからにしましょう。
ラッキーカラー:グレー

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連するキーワード


占い 数秘術 占星術

関連する投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月10日~16日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月10日~16日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


成功への選択 特別編「2020年 星のおつげ」

成功への選択 特別編「2020年 星のおつげ」

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新年の特別編として、2020年を12星座で占います。今年、あなたがさらなる幸せをつかむために必要なのは何でしょうか?


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月27日~2020年1月2日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月27日~2020年1月2日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月20日~26日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月20日~26日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング