今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


たった1日で20万個以上! 飛ぶように売れた商品

 昨年のアマゾン・プライムデーで最も売れた商品のひとつは、インスタント・ポット・プレッシャー・クッカー(圧力鍋)だった。この圧力鍋は、全米の家庭では必需品ともいうべき人気商品だ。

 同社の発表によると、今年のプライムデーでは、この圧力鍋よりも売れた商品があった。ひとつ$17(約1,850円)のパーソナル・ウォーター・フィルター(LifeStraw
Personal Water Filters)
で、なんと1日で20万個以上も売れたという。

LifeStraw Personal Water Filters

LifeStraw Personal Water Filters

 この細身の水筒か懐中電灯のようにも見えるウォーター・フィルター『LifeStraw』は、昨年カナダでのアマゾン・プライムデーで最も売れた商品だ。LifeStrawシリーズを販売するVestergaad Fandsen Inc.社によると、このフィルターを使えば、水中のバクテリアや寄生虫を99.999%排除することができるという。そのためキャンプやハイキングだけでなく、災害時などにも非常に役立つらしい。公式ページには泥水や緑色に濁った湖の水にこのストローを刺して直接水を飲んでいる衝撃的な写真が掲載されている。

世界中の人々が安全な水が飲めるように

 この会社がウォーター・フィルターを作るようになったのは、飲み水に困る世界中の人を救うため。世界中で飲料水が不足している人の数は8億440万人もいると言われており、ひとりでも多くの人たちに安全な飲料水が届くように、この商品を開発したという。

 同社は非営利団体を作っており、「The LifeStraw Safe Water Fund」というチャリティーを通して紛争地や被災地、遠隔地の学校などに水の支援をしている。今年のアマゾンプライムデーの爆発的な売り上げによって、1年間で240,000人以上の子供たちに飲料水を届けることができると購入者に感謝するツイートを発信したことも話題になった。

 先日のプライムデーになぜ、これほど大勢の人が一斉にこの商品を買ったのか、直接的な理由はわからないそうだが、その日は通常の$17から$10に割引されたため、「ずっと気になっていた大勢の人たちがこの機に購入した」とみられている。台風や地震などの自然災害の発生に起因していそうだが、購入者のレビューの中には、The Walking DeadやSanta Clarita Dietなど人気ゾンビ映画やTV番組の影響で「無償にサバイバルグッズが買いたくなった」と書いている人もいた。ちなみに、アマゾンのページでは、前述の圧力鍋と同様、4.6スターという高評価で8,000件以上のレビューが書かれている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。


打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

打倒アマゾンを掲げるウォルマート 家の冷蔵庫の中まで配達?!

国土が広大なアメリカでは、宅配に時間が掛かる。そのため企業は短時間で荷物を届けるサービスを競い、時短輸送システムの構築に力を注いでいる。現状、宅配のスピードに関してはアマゾン・ドットコム社のプライム会員サービスが王者の座についているが、それに対抗しようとするのが全米各地に大型店舗を展開する大企業ウォルマート社だ。


ゲーム『テトリス』が化粧品に?

ゲーム『テトリス』が化粧品に?

『テトリス』と言ってピンとくるのは、30代半ば以降の人たちだろうか。コンピュータ・ゲームの金字塔とも言えるこのゲーム、発売から35年経った現在もファンは多い。そんなテトリスが、なぜか化粧品を発売するという。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年9月13日〜19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング