秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。


スパムだって、秋のトレンドに便乗したい!

 アメリカにおけるオレンジ色の皮で包まれたパンプキンは、秋を運んでくる風物詩のひとつ。9月に入るとスーパーマーケットには様々な種類のパンプキンが並びはじめる。ご存知スターバックス社も、秋になると秋限定商品の「パンプキン・スパイス・ラテ」を販売するが、ほかにも乳製品大手のフィラデルフィア社ならクリームチーズで、菓子メーカーのペッパーリッジ・ファーム社なら人気のミラノ・クッキーで「パンプキン・スパイス味」を秋限定で出しており、ワインからバター、スプレッド、ガム、キャンディー、ゼリー、サラダなど、秋は様々な食品メーカーが「パンプキン・スパイス味」を販売する。そのため、アメリカでは「パンプキン・スパイス=秋」というイメージを持つ人も多い。

 そんな中、ホーメル社の鉄板人気商品である缶詰のランチョンミート「スパム」が、パンプキン・スパイス風味のスパムを秋限定で販売すると発表した。

ホーメル  PUMPKIN SPICE SPAM

ホーメル PUMPKIN SPICE SPAM

しかし、飲み物でもお菓子でもないランチョンミートで、このフレーバーは如何なものかとSNSがざわついている。

過去にジョークのネタになったことで商品化へ

 数年前にウエブ雑誌Delish.comが冗談で、パンプキン・スパイス風味スパムの偽パッケージを記事で掲載したことがある。その後、ホーメル社は商品開発を重ね、その冗談だった商品を一般に発売することにしたわけだが、サンプルのスパムを食べたThe Daily Mealのスタッフは、「想像していたほど悪くなかった」と書いている。が、その好意的なレビューとは裏腹に、人々の反応は発売前からかなり引き気味だ。そんなネットの反応はあるにせよ、同社は9月23日にパンプキン・スパイス風味スパムを同社のウエブサイトSpam.comと、全米展開する大手スーパーマーケット、ウォルマートのウエブサイトWalmart.com独占での販売を開始するという。

 ちなみに、天下のスターバックス社も例年通り、秋限定商品の「パンプキン・スパイス・ラテ」を販売するが、なんと今年は例年よりも日程を繰り上げて、アメリカでは8月27日から開始する。残暑のまっただ中で販売開始に踏み切るとは、大御所でものんびりはしていられないほど、パンプキン・スパイスのトレンドには勢いがあるということだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレスは万病の敵。少しでもストレスを軽減するための商品は星の数ほどあれど、数年前から注目されている「重い毛布(Weighted Blankets)」の市場の成長が止まらない。大手もキックスターター企業も入り乱れ、重い毛布が次々と市場に登場。今年のクリスマス商戦の目玉商品のひとつになることは間違いなさそうだ。


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング