秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。


スパムだって、秋のトレンドに便乗したい!

 アメリカにおけるオレンジ色の皮で包まれたパンプキンは、秋を運んでくる風物詩のひとつ。9月に入るとスーパーマーケットには様々な種類のパンプキンが並びはじめる。ご存知スターバックス社も、秋になると秋限定商品の「パンプキン・スパイス・ラテ」を販売するが、ほかにも乳製品大手のフィラデルフィア社ならクリームチーズで、菓子メーカーのペッパーリッジ・ファーム社なら人気のミラノ・クッキーで「パンプキン・スパイス味」を秋限定で出しており、ワインからバター、スプレッド、ガム、キャンディー、ゼリー、サラダなど、秋は様々な食品メーカーが「パンプキン・スパイス味」を販売する。そのため、アメリカでは「パンプキン・スパイス=秋」というイメージを持つ人も多い。

 そんな中、ホーメル社の鉄板人気商品である缶詰のランチョンミート「スパム」が、パンプキン・スパイス風味のスパムを秋限定で販売すると発表した。

ホーメル  PUMPKIN SPICE SPAM

ホーメル PUMPKIN SPICE SPAM

しかし、飲み物でもお菓子でもないランチョンミートで、このフレーバーは如何なものかとSNSがざわついている。

過去にジョークのネタになったことで商品化へ

 数年前にウエブ雑誌Delish.comが冗談で、パンプキン・スパイス風味スパムの偽パッケージを記事で掲載したことがある。その後、ホーメル社は商品開発を重ね、その冗談だった商品を一般に発売することにしたわけだが、サンプルのスパムを食べたThe Daily Mealのスタッフは、「想像していたほど悪くなかった」と書いている。が、その好意的なレビューとは裏腹に、人々の反応は発売前からかなり引き気味だ。そんなネットの反応はあるにせよ、同社は9月23日にパンプキン・スパイス風味スパムを同社のウエブサイトSpam.comと、全米展開する大手スーパーマーケット、ウォルマートのウエブサイトWalmart.com独占での販売を開始するという。

 ちなみに、天下のスターバックス社も例年通り、秋限定商品の「パンプキン・スパイス・ラテ」を販売するが、なんと今年は例年よりも日程を繰り上げて、アメリカでは8月27日から開始する。残暑のまっただ中で販売開始に踏み切るとは、大御所でものんびりはしていられないほど、パンプキン・スパイスのトレンドには勢いがあるということだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング