渦中の米下着ブランド、トランスジェンダーの起用で挽回できるか?

渦中の米下着ブランド、トランスジェンダーの起用で挽回できるか?

セクシーでゴージャスな下着で知られる米ブランド、「ヴィクトリアズ・シークレット」のファン離れが著しい。年々、「セクシー女性の崇拝は時代にはそぐわない」という風潮が強くなる中、昨秋の同社による「トランスセクシャルは採用しない」発言が炎上し、恒例のランウェイショーの中止にまで追い込まれた。同社が考えた挽回策は……?


あの「ヴィクトリアズ・シークレット」がトランスジェンダーを採用

 毎年恒例の豪華絢爛な下着のランウェイショーを今年は開催しないことが発覚して注目を集めている「ヴィクトリアズ・シークレット」。昨秋に、当時の同社チーフ・マーケティング・オフィサーだったエド・ラゼック氏が、「トランスセクシュアルのモデルは起用しない。なぜなら我々のショーはファンタジーだからだ」と発言して、「時代錯誤」だとSNSが大炎上したのは記憶に新しいが、その時代錯誤のイメージを払拭するためか、トランスジェンダーのモデルを初めて採用したことを発表した。

 同社が採用したのはブラジル出身のモデル、ヴァレンティナ・サンパイオ。昨秋に炎上した際には、性別問題だけでなく、同社のモデルたちの体型が多様でないことや、現実の女性が下着に求めるものとかけ離れすぎていることなどを巡って多くの批判が噴出した。そのような多くの批判に対応するために、同社の本来の意向を大幅修正してトランスジェンダーのモデルを起用したことは、今どきのマーケティングの典型事例のような出来事だ。

明らかに時代は変化している それに対応できなければ生き残れない

 セクシーな“エンジェル”と呼ばれるモデルたちを生み出したヴィクトリアズ・シークレットのランウェイショーは、毎年ショーの開催に約12億円もの予算を掛け、2001年にアメリカで地上波放送が開始されて以来、毎年約8億人の視聴者を記録してきた。しかし、今年5月、『ニューヨーク・タイムズ』紙が恒例のランウェイショーを今年は地上波放送しないことを記事にしたため、同社の行方が注目されていた。同記事によると、ランウェイショーの視聴者はこの5年間で最盛期に比べて3分の2も減少し、昨年の視聴者は約330万人だった。2013年の970万人に比べるとその視聴率の冷え込みは明らかだ。

 ヴィクトリアズ・シークレットの親会社である「L ブランズ」のレス・ウェクスラーCEOは社内報で、「私たちのビジネスをすべての方面から新たな目線で見直した。ブランドは進化し、成長するためには変化しなければいけない。それを心に留め、 伝統的なランウェイショーを考え直すことに決めた。今後、テレビ放送は適しているとは思わない」との考えを発表したと言われている。

 アメリカでは同社の豪華なランウェイショーが開催されるたびに、フェミニストたちが「ほぼ裸の女性がランウェイを歩くことが成功なのか?」との批判の声を上げてきた。大成功を収めているときは無視をしても問題なかった批判の声も、ショーのテレビ放送が中止に追い込まれ、ブランドが一丸となって作ってきた「セクシー・ファンタジー」が世の中に通用しにくくなってくれば、大手ブランドでも時代の流れに対応せざるをえない。これまでは会議の卓上にあがったこともなかったと予想されるトランスジェーのモデル起用は、ヴィクトリアズ・シークレットというブランドの方向性を大きく変えようとする動きのひとつに他ならないだろう。

この記事の寄稿者

関連する投稿


 同性愛カップルのCM放送を取り下げて炎上 ケーブルTV局が謝罪

同性愛カップルのCM放送を取り下げて炎上 ケーブルTV局が謝罪

アメリカのウェディングギフト業界で急成長している「Zola」が、同性愛カップルを起用したTVコマーシャル。これを良しとしない保守系団体の圧力を受け、米大手ケーブルTV局で放映を中止したことに抗議が殺到し、有名人も巻き込んでSNSが炎上している。


2019年の米語大賞は「they」。LGBTに配慮した新代名詞

2019年の米語大賞は「they」。LGBTに配慮した新代名詞

アメリカを代表する辞書のひとつ、『ウェブスター辞典』が選ぶ、今年の言葉大賞が発表され、話題になっている。以前からある英単語の、新しい使い方とは?!


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

米国のダイバーシティ、言論の自由はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はリベラルな町・シアトル在住の著者が見た、性別や人種、価値観などの多様性について。社会全体の成長を目指す多様性と自己正当化の違いは紙一重。自由と平等を重視するリベラル派の主張は今後どうなるのか?


年の瀬に「真の多様性」を考える

年の瀬に「真の多様性」を考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙の影響もあり、リベラルと保守の対立を感じるニュースが目立った今年。しかし年の瀬は真のアメリカの良さを感じることも。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング