「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

アメリカではすっかり浸透した感のある「プラスチック製ストローの廃止ムーブメント」。では、ムーブメント進行後のアメリカでは、どんなエコ・ストローが人気なのだろう?


さまざまな素材のエコ・ストロー

 アメリカでは一部の州で、プラスチック製のストローの使用が禁止されている。その法律が初めて発表された頃は、アメリカでも「そんなことを急に言われても無理」、「きっと今だけのこと」という声もあった。しかし、法律が施行されている州の多くでは、すっかりムーブメントが浸透し、日常生活でプラスチック製ストローを見ることの方が珍しくなった。

 プラスチック・ストローの代用品は多種売り出されており、素材はステンレス・スチール、ガラス、シリコン、紙、竹、植物性由来成分から作られたものなど様々だ。なかには、パスタ製のストローまである。食べられるストローならば、エコに間違いないだろう。

 カラフルで可愛いデザインのものや、再利用可能なもの、子供用、携帯に便利なものなど、エコ・ストローの市場は広がっており、日本でも人気のタピオカ飲料ボバティー用のエコ・ストローも登場している。USA TODAY系列のReviewed.comによると今年人気の商品ラインアップの1位はハミングバード・グラス・ストロー(4本入り、掃除ブラシ付き、$19.99、日本円で約2,100円)だ。他のブランドのものも、数本入りで1,000円前後と手に取りやすい価格帯となっている。

ストロー自体を使わなければいいのでは?

 「ストローを使わない」というムーブメントもある。2011年に当時9歳だった少年が、レストランでストローが提供されても使わない客が多いことに気づき、”Be Straw Free”というキャンペーンを立ち上げたのがきっかけと言われている。それが近年のプラスチック製ストロー廃止の動きを牽引したという流れだ。

 そもそもストローを使わない人が結構いるならば、ストローがなくても飲めるようにすればいいという発想で動いたのが、大手コーヒーチェーンのスターバックス社だ。ストローをエコなものに変えるだけでなく、これまではストローを使っていた冷たい飲み物の容器自体を工夫。アイス用の蓋をホットコーヒーの蓋のように、ストローを使わずに飲める飲み口が付いた蓋に変更した。

メタル製ストローの事故で危険性に警鐘

 しかし、エコ・ストローにも問題が出ている。ステンレス・スチール製のストローで口を傷つける人がいるため、スターバックス社はステンレス・スチール製のストローを2016年8月に素早くリコールしている。先月はイギリスで、メタル製ストローで飲み物を飲んでいた女性が転んで、その際にストローが脳に突き刺さって命を落とす事故が起こったため、各紙がその危険性に警鐘を鳴らしたばかりだ。

 プラスチック製が使えない以上、今後はメタル製やステンレス・スチール製ストローの安全性を高めた商品や、紙の強度をあげたストローの開発などが進むだろう。日本でも認知され始めたエコ・ストロー。日本の生活にも浸透していくだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、気候変動への対策を訴えるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさんら若者たちの話を聞こうとしない米大統領や政治家たちについて。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。






最新の投稿


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

アメリカではミレニアルやZ世代が、ベビーブーム世代を揶揄する「OKブーマー(boomer)」というスラングがSNSの「TikTok」で大ブレイク。先週、ニュージーランド議会で若手女性議員が、自分にヤジを飛ばした年配議員に一言、「OK、ブーマー」と言い放って黙らせた映像がSNSで世界に拡散されたことも手伝い、「OK BOOMER」グッズの人気が爆発中だ。


【Red vs. Blue】「リベンジ・ポルノ」で辞職した女性議員スキャンダルをどう思うか?

【Red vs. Blue】「リベンジ・ポルノ」で辞職した女性議員スキャンダルをどう思うか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は相手の合意なくヌード写真をネット公開し、相手を貶める「リベンジ・ポルノ」が政治に使われたことについて。


14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

若者たちの科学、技術、エンジニアリング、数学の力を伸ばす「STEM教育」に力を入れているアメリカでは、全米各地でSTEM系のコンテストが開催されている。そんな中、「お母さんのために」と思いついた「死角をなくす」発明が評価された14歳の少女に25,000ドル(約270万円)の賞金が授与された。


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月8日~14日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月8日~14日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング