「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

アメリカではすっかり浸透した感のある「プラスチック製ストローの廃止ムーブメント」。では、ムーブメント進行後のアメリカでは、どんなエコ・ストローが人気なのだろう?


さまざまな素材のエコ・ストロー

 アメリカでは一部の州で、プラスチック製のストローの使用が禁止されている。その法律が初めて発表された頃は、アメリカでも「そんなことを急に言われても無理」、「きっと今だけのこと」という声もあった。しかし、法律が施行されている州の多くでは、すっかりムーブメントが浸透し、日常生活でプラスチック製ストローを見ることの方が珍しくなった。

 プラスチック・ストローの代用品は多種売り出されており、素材はステンレス・スチール、ガラス、シリコン、紙、竹、植物性由来成分から作られたものなど様々だ。なかには、パスタ製のストローまである。食べられるストローならば、エコに間違いないだろう。

 カラフルで可愛いデザインのものや、再利用可能なもの、子供用、携帯に便利なものなど、エコ・ストローの市場は広がっており、日本でも人気のタピオカ飲料ボバティー用のエコ・ストローも登場している。USA TODAY系列のReviewed.comによると今年人気の商品ラインアップの1位はハミングバード・グラス・ストロー(4本入り、掃除ブラシ付き、$19.99、日本円で約2,100円)だ。他のブランドのものも、数本入りで1,000円前後と手に取りやすい価格帯となっている。

ストロー自体を使わなければいいのでは?

 「ストローを使わない」というムーブメントもある。2011年に当時9歳だった少年が、レストランでストローが提供されても使わない客が多いことに気づき、”Be Straw Free”というキャンペーンを立ち上げたのがきっかけと言われている。それが近年のプラスチック製ストロー廃止の動きを牽引したという流れだ。

 そもそもストローを使わない人が結構いるならば、ストローがなくても飲めるようにすればいいという発想で動いたのが、大手コーヒーチェーンのスターバックス社だ。ストローをエコなものに変えるだけでなく、これまではストローを使っていた冷たい飲み物の容器自体を工夫。アイス用の蓋をホットコーヒーの蓋のように、ストローを使わずに飲める飲み口が付いた蓋に変更した。

メタル製ストローの事故で危険性に警鐘

 しかし、エコ・ストローにも問題が出ている。ステンレス・スチール製のストローで口を傷つける人がいるため、スターバックス社はステンレス・スチール製のストローを2016年8月に素早くリコールしている。先月はイギリスで、メタル製ストローで飲み物を飲んでいた女性が転んで、その際にストローが脳に突き刺さって命を落とす事故が起こったため、各紙がその危険性に警鐘を鳴らしたばかりだ。

 プラスチック製が使えない以上、今後はメタル製やステンレス・スチール製ストローの安全性を高めた商品や、紙の強度をあげたストローの開発などが進むだろう。日本でも認知され始めたエコ・ストロー。日本の生活にも浸透していくだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング