厚切りベーコン山盛りの脂っこいブレックファスト・サンドイッチ

厚切りベーコン山盛りの脂っこいブレックファスト・サンドイッチ


 土曜日、ひとりの友人にサヨナラを言った。彼とは3年前の夏、シアトル近郊のカスケード山脈をハイキングしていたときに偶然出会った。お互い、ひとりでハイキングをしていた。僕が頂上にたどり着いた時に、彼は陽のあたる岩に座って、素晴らしい眺めとランチをひとりで楽しんでいた。初めて出会ったそのときに、彼は僕にビーフジャーキーを分けてくれて、僕は彼に特製のスパムおにぎりを分けてあげた。そして僕らは友達になった。以来、僕らは一緒にハイキングを楽しむようになったが、彼が故郷であるインディアナ州中部近くの会社に転職することを決めたので、僕らはサヨナラを言わねばならなくなったのだ。

 引っ越しの前日、サーモンとアスパラガスを焼きながら、二人で「僕らの冒険」の思い出を語りあった。山の尾根で突然の嵐にあったことや、美しい景色を楽しみながら休憩しているときに、1頭の大きなシロイワヤギがやってきて僕らの間に座ったこと、暑い日に人里離れたへんぴな場所で食べたりんご(僕のナップザックの底で長い間忘れられていたもの)が、想像できないほど甘くて美味しかったこと……。

 僕らは、彼がシアトルを引っ越したあとに「シアトルにあって、インディアナには無いもので、きっと恋しくなるもの」について話した。インディアナ州には山岳地帯や原生林、広大な岩、自然のままの原野がないので、北西海岸地域と同様なハイキングを楽しむことはできない。政治について親しい友人と長く語りあう機会も、きっと、もうないだろう。僕らの政治志向は異なることが多かったが、インターネットに掲載された知らない人たちが汚い言葉で書いたものを読むより、友人から反対意見を聞く方が相手の言い分をより簡単に理解できた。街の喧騒や雑音から離れた自然の中で、僕らはお互いに敬意を表した議論をよく繰り広げたが、そういう会話が今後はできなくなるのは残念だった。

 無くなって残念に思うものばかり思い浮かぶ中、彼にはひとつ「無くなっても“全く困らないもの”」があった。しかもなんと、それは「シアトルの食事」だという。食べることが何よりも好きな僕は、それを聞いてものすごく驚いた。シアトルには世界中の本格的な料理や、素晴らしい食材がたくさんある。沿岸都市なので新鮮な魚介類も豊富だ。この街に住む多くの人達がアクティブで健康にも関心が高いため、高品質でオーガニックの肉や野菜も簡単に手に入る。この街が発祥のスターバックスやタリーズコーヒーに加えて、数え切れないほどの個人経営の焙煎業者が途方もなく美味しいコーヒーを飲ませてくれる。地ビール工場の品質も一流だ。これ以上に何を望むのか?というようなラインナップである。

 しかし、アメリカの中西部で育った彼は、たっぷりのマヨネーズとバターが塗られたトーストの間に山盛りの分厚いベーコンと卵焼き、アメリカンチーズが挟まれたブレックファスト・サンドイッチが懐かしくて仕方がないそうだ。彼もハーブのフォカッチャや上品に調理された卵、燻製された肉や熟成チーズもそれなりに好きなのだが、どうにも「あのアメリカらしい脂っこい朝食サンドイッチと、朝早くに作って、そのままずっとカウンターで温められているすえたコーヒー」を味わいたいのだと言う。そして、「そういう朝食を出す店は、シアトルではなかなか見つからないんだ」と嘆いた。

 昔からのことわざに「食は人なり」というのがある。僕も中西部出身なので、僕らは二人とも、たくさんの成長ホルモンが注入された牛のミルクと肉、そしてお決まりの付け合わせ、ジャガイモとトウモロコシをもりもり食べて成長した。その結果、二人とも肩幅が広い、がっしりした体形になった。おかげで二人はかなり力強いハイカーになったが、シアトルで生まれ、もっと自然で健康的な食べ物を食べて育った細身の体型の人たちが、いつも少しだけ羨ましかった。彼らは余計な体重を常に運ばなくて良いぶん、楽々と滑るように登山道を歩いているように見えた。

 この友人と一緒にハイキングに行くことはもうない。僕はできる限り高品質の食べ物を探し、それに支えられながら登山道を歩き続けるだろう。そして彼はインディアナ州で行くあらゆるレストランや食堂で、ものすごい量の安くて早くてお腹を満たしてくれる食べ物を思う存分に楽しむだろう。きっと彼は、エクササイズのためにサイクリングやチームスポーツをするとは思うが、僕は彼がこれからもずっと健康であることを願っている。アメリカの田舎の小さな町と沿岸都市の生活は、全く違う。僕は彼とのハイキングと政治議論を懐かしく思うだろうし、彼がいなくなったことを寂しく思うだろう。

この記事の寄稿者

 アメリカ中西部オハイオ州の小さな田舎街に生まれる。オハイオ州立大学に通った後、アメリカ各地を転々と暮らしながら旅をした経験を持つ。これまでに就いた職業は飲食業、ツアーガイド、ミュージシャン、セールスマン、オフィス勤務、物書き、長距離トラック運転手、花屋さんなど多岐に及ぶ。現在はワシントン州にある国際輸送業関連会社に勤務し、平日は会社でデスクワーク、週末は趣味のハイキング、ランニング、写真撮影などに勤しんでいる。料理と食べること、そして自分と異なる文化を知ることが何よりも好き。文化の違いを学ぶだけでなく、共に美しい地球上で生きる者として、その差異の中にも人間として何か共通点を見つけることを常に心掛けている。

関連する投稿


様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

様々な人の人生を子供に伝える「Kids Meet」

米シアトル発の子供向けYouTubeチャンネル「HiHo Kids」が、子供だけでなく大人たちの間でも人気だ。なかでも同チャンネルの「Kids Meet」というシリーズが多くの人たちに感動を与えている。一体、どんな番組なのか?


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング