アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。


たった3年で配車サービスの普及率21%アップ

 米カリフォルニア州サンフランシコで、2009年にUber(ウーバー)が誕生するまでは、「アプリを使った配車サービス」がこれほど欧米で普及するとは誰も想像していなかっただろう。アメリカでは2012年には競合のLyft(リフト)が市場に参入し、サービス内容や価格競争が激しくなったことで、利用者は格段に増えた。

 米ピュー・リサーチ・センターが今年1月に発表した調査では、アメリカ人の36%がUberや Lyftなどの配車サービス・アプリを使用したことがあるという結果が出ている。2015年の調査ではその数字は15%しかなく、当時のアメリカ人の3分の1に当たる人が「そんなサービスは聞いたこともない」と回答していたことを考慮すると、急激な伸び率だ。

駐車場代も安い地方では自家用車を所有する不便を感じない

 配車サービスの使用率は地域、年齢、学歴、収入レベルによってかなり異なるという調査結果も出ており、たとえば18歳〜29歳のアメリカ人だと51%が配車サービスを普段から利用しているか、したことがあると回答している。しかし、50歳以上のアメリカ人となると、利用したことがあるのは24%と下がる。

 また、年収が$75,000(約800万円強)以上の人は、年収が$30,000(約325万円)以下の人たちの2倍以上の人が同サービスを利用しており(53%対24%)、大卒以上の学歴を持つ人の55%が同サービスを利用する中、高卒以下の学歴を持つ人たちの利用率は20%だ。

 都市でみると、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトルなど都会とその近郊の住民は45%が同サービスを利用している。しかし、これが地方になると利用率は19%にまで下がる。調査の中でも「地方性による差異」が最も色濃く、たとえば同じ年収75,000(約800万円強)以上で、都会の住民と地方の住民を比べると、都会71%に対して地方32%と大きな差がわかる。都会に比べて地方は公共交通機関が発達していない地域が多く、配車サービスはそのひとつの解決法になる可能性が高いものの、アプリの使い方を含め、地方の人たちの間では配車サービスはほとんど普及していない。

 この背景には、地価が高い都会とは異なり、地方は駐車場の安さや車自体の安さなど、自家用車を所有する不便がないという推測がたつ。配車サービス企業各社は地方でのサービス拡大に力を入れているのは、この大きな市場をビジネスに繋げたいからに他ならないが、それにはどのくらいの時間がかかるだろう。来年の同調査の結果はいかに?

この記事の寄稿者

関連する投稿





米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米消費者調査の結果が対極! 保守とリベラルは好きな商品まで異なる

米中間選挙を目前にして、先日発表されたリサーチ機関シモンズによる「アメリカ消費者スタディー2018年冬編」の調査結果を米各紙が取り上げている。アメリカが抱える移民や国民健康保険の問題から地球温暖化まで、ことごとく意見が分かれる保守派とリベラル派だが、食品や洋服のブランドまで二者の好みが極端に異なることが分かった。


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。






最新の投稿


イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

引用元『‘Brave and selfless’ Oregon Stabbing Victims Hailed as Heroes for Standing up to Racist Rants 』:https://goo.gl/wBGshG


アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

引用元『British police warn of 'damage' to investigation from leaks』:https://goo.gl/LLRZpe



FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法

FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法



アクセスランキング


>>総合人気ランキング