今週の神秘ナンバー占い(2019年9月6日〜12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年9月6日〜12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


誕生日から導き出す「数字」には、あなたの未来に関する大切な情報が隠されています。誕生日を西暦にし、1桁になるまで数字を足してください。あなたの誕生日から割り出されるのは何の数字でしょうか? 時に優しく、時に厳しく、数字たちはあなたの行くべき道に向かって後押ししてくれるもの。数字を味方につけて輝く毎日を創りましょう!

神秘ナンバー数の出し方

例:1981年12月3日生まれの場合
1+9+8+1+1+2+3=25
2+5=7
神秘ナンバー:7

神秘ナンバー1

基本的性質

何かを生み出す力のある人。先を目指しながらも、時には「基本に立ち返る」ことを忘れないことが常なる開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週フォーカスしたいのは、「言葉にしていない気持ち」です。あなたは普段、大切な人にきちんと愛や感謝を伝えていますか? 「ありがとう」や、「ごめんなさい」、「愛している」という思いを言葉にして。何かの問題が雪解けし、解決しそうです。
ラッキーカラー:白

神秘ナンバー2

基本的性質

自分と向き合いながら成長できる人。周囲の声や環境に惑わされすぎず、自分の立ち位置を、自ら日々確認し続けることが開運のカギ。

今週の開運ポイント

残暑の疲れが出やすい今週。冷たいものや暴飲暴食は控えてください。胃腸の具合が悪くなると、長引く不調の引き金になりそうです。なるべく外出は控え、家でのんびり過ごしましょう。ビデオ鑑賞や読者で叡智を養うと良いことが。
ラッキーカラー:赤

神秘ナンバー3

基本的性質

自然体で常にいられる人。しかし、そのことで第三者を振り回してはダメ。第三者には第三者が大切にしたい価値観があることを意識することが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週は新しい人生がスタートする素晴らしい一週間。長らく不安に思ってきたことが、解決する糸口がつかめます。手を差し伸べてくれる周囲の人には感謝の言葉を。あなたは一人で生きているのではないということを意識しましょう。
ラッキーカラー:緑

神秘ナンバー4

基本的性質

完璧を目指す努力家。時には全て思いのまま、計画通りに進めないでも良いという、心の「余白」を持つことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週はなんとなく心は晴れずで、ちょっとアンバランスな自分に気持ちもダウン。自分を責めず、他人や環境を責めず、気持ちを軽くもちましょう。幸せは実は足元にあるものです。それに気づかないのは、気づこうとしていないからです。
ラッキーカラー:白

神秘ナンバー5

基本的性質

行動力のある人。大切なことを行動に移す前には、思いつきやカンに頼らず、しっかりと考え、計画を立てることが開運のカギ。

今週の開運ポイント

自分とは異なる価値観に出会い、プラスの衝撃を受けるかもしれません。今まで考えもしなかったアイデアが生まれ、モチベーションもアップします。気が合わない人、滅多にいかない場所にこそチャンスあり。さあ、外出しましょう!
ラッキーカラー:黒

神秘ナンバー6

基本的性質

様々な愛を誰よりも享受できる人。家族、恋人、社会など、あなたに差し伸べられた様々な愛を、決して「当たり前」と思わないことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週のあなたのキーワードは、「遠くの国」。良いニュース、改善策、問題解決の鍵は、すべて遠方からやってきます。たとえ海外に縁がない人でも、積極的に外国の話題に目を向けて。思わぬ国とご縁が出来る可能性も。
ラッキーカラー:オレンジ

神秘ナンバー7

基本的性質

努力家。何かを成し遂げるには、毎日の積み重ねが大切であることを知る人。誰かに頼ること、望まぬことは断ることを学ぶことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週はいくつかの小さな達成が得られるかもしれません。それは大きなものではありませんが、確実にあなたを幸せにしてくれる大切なもののはず。ただ、喜んで気を抜いてしまわずに、淡々と過ごしましょう。地道が一番です。
ラッキーカラー:赤

神秘ナンバー8

基本的性質

正義感強く、公平でいられる人。多くの人に支持されることを望むあまり、自己抑制することも。「素顔の自分」に戻れる場所を持つことが開運のカギ。

今週の開運ポイント

今週の鍵は「笑顔」。なるべく笑って過ごせるように、心穏やかでいましょう。誰かが何かをしてくれたら、ちゃんとその人の顔をみて笑顔で「ありがとう」と言いましょう。その微笑みが、次なる幸せを運んでくれます。
ラッキーカラー:紫

神秘ナンバー9

基本的性質

自分なりの世界観がある人。時に孤立を好みながらも、献身的に誰かに尽くすことが出来る人。第三者の忠告に、耳を傾けることを覚えることが開運のカギ。

今週の開運ポイント

エキセントリックになりがちな一週間。「どうせ人は理解してくれない」という態度を、無意識に取ってしまうかもしれません。しかし、そうした態度は相手だけでなく自分自身をも傷つけます。心に疲れを感じたらお風呂でリラックスを。
ラッキーカラー:ターコイズ

この記事の寄稿者

運命鑑定士の家系に生まれ、幼少期より算命学、数秘術、占星術などを学ぶ。米国ロサンゼルス在住。大学を卒業後、両親の顧客であった著名人の運命鑑定を引き継いだことをきっかけに依頼が増え、現在は長期契約の顧客のみを鑑定しながら、シンボル・アートの制作に力を入れている。日本にも住んでいたことがある。

関連するキーワード


占い 数秘術 占星術

関連する投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月8日~14日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月8日~14日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月1日〜7日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月1日〜7日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月25日〜31日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月25日〜31日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング