それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


いくらなんでも、人数が多過ぎないか?

 先日、「ほぼ半数のアメリカ人は、下着を毎日は取り替えない」という強烈な見出しを冠したUSA Todayの記事が公開され、アメリカ中を騒がせた。この見出しに、その半数のアメリカ人たちは「ドキッ」としたことだろう。その記事は同社の記事としてふさわしくないという理由でサイトから削除されてしまったが(笑)、別のニュースメディアが報じた同じニュースはこちら。

 各誌が取り上げたこのニュースは、トミー ・ジョンというアパレル・メーカーによるアンケート調査の結果。非公式ながら1,000人に質問したところ、そのうち45%の人が2日以上同じ下着を身につけたことがあると回答し、さらに、そのうち13%はなんと1週間以上も同じ下着をつけたことがあると答えたそうだ。

 災害など何か普段とは異なる状況下においては仕方がないと考えても、これだけの人数が揃って特別な理由を持っているとは考え難い。特別な理由がない場合、下着を毎日変えないことにどのような得があるのだろうと苦笑いをしながら記事を読んでいたら、「そういえば!」と思い出したことがあった。

 以前住んでいたアーカンソー州で、男性のご近所さんたちがガレージトーク(軒先に集まって世間話)をしている時に、話の流れで「昨日はシャワー浴びたのかい? きっとまた浴びてないんだろう?」と笑いながら互いに言い合う場面に何度か遭遇したことがある。この辺りでは、そうやってからかうものなのかなとしか思っていなかったが、そういえば「旦那がシャワーを浴びない」、「旦那が靴下を取り替えない」などとご近所の奥さんたちが愚痴をこぼすのもよく聞いた。オンライン・ゲームを遅くまでやっていて、そのまま寝てしまったとか、酔いつぶれたとか、「ただ面倒くさいから明日でいい」など、その理由(言い訳?)はいろいろだが、このアンケート結果に関係しそうな会話だった。

「プールに入ったから、シャワーには入らない」って何?

 アメリカでは最近は、女子にもドライ・シャンプーが広まりつつあり、女子でも「1週間は髪の毛を洗わない」という話も聞くようになった。それを考えると、あながち1週間、下着を取り替えない人もそれなりにいるんじゃなかろうかと、妙にアンケート結果に納得してしまう部分もある。でも、ドライ・シャンプーと下着、しかもパンツとなると比較するアイテムではないような気もする。

 もうひとつ気になる点がある。南部在住の私の周囲では裏庭にプールのある家が多いのだが、ご近所さんと話しているときに「今日はプールに入ったから、シャワーは浴びなくていいわ」というセリフを何度か聞いたことがある。そのときはあまり気に止めなかったが、思い返すとなんだか変な話ではないか。お風呂をこよなく愛する日本人からすると、シャワーだけという生活自体もなんだか落ち着かないのに、シャワーにも毎日入らない、下着は毎日取り替えないというのは理解し難い。

 アメリカ人でもジムやエクササイズを日課にするような人は、1日に2回もシャワーを浴びる人もいれば、1日に数回下着を取り替える人もいる。もちろん、アメリカでも毎日シャワーを浴びて、下着も毎日取り替える人も多いことは、アンケートに参加した残り半数のアメリカ人のメンツのためにも記しておきたい。ちなみに「Mr.潔癖症」代表のアメリカ人である私の旦那にこのアンケートの話をしたところ、「面白おかしく回答しただけじゃないの?」と大笑いされて終わったが、果たして何人のアメリカ人がこのアンケート結果を見て驚いたのだろうか。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。


テックなガジェットで糖尿病を改善

テックなガジェットで糖尿病を改善

人口の推定7.2%が糖尿病を患っているといわれるアメリカで、自宅で簡単に血糖値をチェックできるガジェットが販売され、注目を集めている。開発会社のビジネス・スローガンは「日々のチェックで、アメリカの糖尿病人口を減らそう!」というものだ。さて、その商品とは?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月22日~28日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

トランプが軽視する、弾劾と真実の重み

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、職権乱用や政治倫理が問われる“ウクライナ疑惑”で、トランプ大統領を弾劾したい民主党と、弾劾はされないとの余裕を見せる大統領について。


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング