MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


日本が誇る、世界のJOIの辞任にショック

 少女への性的虐待疑惑で起訴されて自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を巡り、米名門マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下で先端デジタル技術の研究を手掛ける「MITメディアラボ」で所長を務めていた伊藤穣一氏が7日(日本時間8日)に同職を辞任した。その前日に「ニューヨーカー」(The New Yorker)が、伊藤氏を含むメディアラボ関係者による、エプスタイン氏に絡むやりとりが実名で記されたEメールや書類を入手したスクープ記事を公開。それを受けるような形で翌日、伊藤穣一氏が辞任したことをニューヨークタイムス紙が報道した。

 エプスタイン氏は7月に、2002年~05年に未成年の女性を自宅に呼び寄せて性行為を強要した容疑でニューヨーク南地区の連邦地検に起訴されたが、08年にも同様の罪で禁錮1年1カ月の実刑判決を言い渡され、性犯罪者リストにも登録されていた。トランプ大統領や英国王室など社会的な影響力を持つ人々と幅広い交流があり、エプスタイン氏の逮捕は全米の注目を集めたが、真相が明らかになる前の8月に刑務所内で自殺した。

 そのエプスタイン氏が、伊藤氏へ資金提供をしていたことは既に明らかになっていたが、実際に伊藤氏がどれほど関係していたのかは調査中だった。エプスタイン氏から受け取った金額は、メディアラボへの寄付金が$525,000 (約5,600万円)、伊藤氏の個人投資ファンドには$1.2ミリオン (約1億2800万円)だと発表されている。

メディアラボだけでなく、各社・各団体の顧問も辞任

 伊藤氏がエプスタイン氏と知り合ったのは2013年で、エプスタイン氏の邸宅を訪問したこともあるが、性的虐待など犯罪行為については知らなかったと釈明している。

 伊藤氏はメディアラボの所長を務めていただけでなく、教授でもあり、MITの職員でもあったが、そのすべての職を辞任。また、同氏は2012年からニューヨークタイムス紙の理事(board member)も務めていたが、同日に同職も辞任した。同氏は他にもいくつもの企業や団体の理事や顧問を務めているが、全職を辞任するとみられている。

 今回の「ニューヨーカー」の暴露記事には、メディアラボの展開戦略ディレクターを務めるピーター・コーヘン氏が、伊藤氏へ「届いた金銭はエプスタイン氏からではなく、匿名の寄付だということにするから」等と書かれたEメール画面の写メなども記載されている。先月はインターネット上に同氏の功績を強調する専用サイト(wesupportjoi.org)が作られて、著名な研究者やメディア関係者などが署名をして伊藤氏を支援していたが、同サイトは既に閉鎖されている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの大学で受講できる、ちょっと変わった授業をいくつか紹介しよう。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング