MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

MITメディアラボ所長・伊藤穣一氏が辞任! 米富豪との関係が明るみに

米マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下の名門研究所MITメディアラボの所長を務めていた伊藤穣一氏が、少女への性的虐待疑惑で起訴された刑務所で自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を表す証拠メールが公表された直後、メディアラボ所長を辞任した。


日本が誇る、世界のJOIの辞任にショック

 少女への性的虐待疑惑で起訴されて自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン氏との関係を巡り、米名門マサチューセッツ工科大学(MIT)傘下で先端デジタル技術の研究を手掛ける「MITメディアラボ」で所長を務めていた伊藤穣一氏が7日(日本時間8日)に同職を辞任した。その前日に「ニューヨーカー」(The New Yorker)が、伊藤氏を含むメディアラボ関係者による、エプスタイン氏に絡むやりとりが実名で記されたEメールや書類を入手したスクープ記事を公開。それを受けるような形で翌日、伊藤穣一氏が辞任したことをニューヨークタイムス紙が報道した。

 エプスタイン氏は7月に、2002年~05年に未成年の女性を自宅に呼び寄せて性行為を強要した容疑でニューヨーク南地区の連邦地検に起訴されたが、08年にも同様の罪で禁錮1年1カ月の実刑判決を言い渡され、性犯罪者リストにも登録されていた。トランプ大統領や英国王室など社会的な影響力を持つ人々と幅広い交流があり、エプスタイン氏の逮捕は全米の注目を集めたが、真相が明らかになる前の8月に刑務所内で自殺した。

 そのエプスタイン氏が、伊藤氏へ資金提供をしていたことは既に明らかになっていたが、実際に伊藤氏がどれほど関係していたのかは調査中だった。エプスタイン氏から受け取った金額は、メディアラボへの寄付金が$525,000 (約5,600万円)、伊藤氏の個人投資ファンドには$1.2ミリオン (約1億2800万円)だと発表されている。

メディアラボだけでなく、各社・各団体の顧問も辞任

 伊藤氏がエプスタイン氏と知り合ったのは2013年で、エプスタイン氏の邸宅を訪問したこともあるが、性的虐待など犯罪行為については知らなかったと釈明している。

 伊藤氏はメディアラボの所長を務めていただけでなく、教授でもあり、MITの職員でもあったが、そのすべての職を辞任。また、同氏は2012年からニューヨークタイムス紙の理事(board member)も務めていたが、同日に同職も辞任した。同氏は他にもいくつもの企業や団体の理事や顧問を務めているが、全職を辞任するとみられている。

 今回の「ニューヨーカー」の暴露記事には、メディアラボの展開戦略ディレクターを務めるピーター・コーヘン氏が、伊藤氏へ「届いた金銭はエプスタイン氏からではなく、匿名の寄付だということにするから」等と書かれたEメール画面の写メなども記載されている。先月はインターネット上に同氏の功績を強調する専用サイト(wesupportjoi.org)が作られて、著名な研究者やメディア関係者などが署名をして伊藤氏を支援していたが、同サイトは既に閉鎖されている。

この記事の寄稿者

関連する投稿


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの大学で受講できる、ちょっと変わった授業をいくつか紹介しよう。


こんなに違う! アメリカの「就活」常識

こんなに違う! アメリカの「就活」常識

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届け。今回は日本とは異なる、アメリカの「就活」の常識について。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング