手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


手書きのカードはクリエイティブで新鮮!

 アメリカでは家族や友人の誕生日や結婚記念日、クリスマス、卒業式などにカードを贈る文化がある。たいていどこのスーパーマーケットやドラッグストアにもカード売り場があるほどカード文化が根付いたアメリカだが、デジタル化の波に押されてメールやSNSでのEカードを送る人が増えた。こう書くと、紙で作られたカードを贈る人たちの人数は先細りしていそうに思えるかもしれないが、米小売業協会(National Retail Federation)の調査によると、ミレニアル世代においてはカード消費が以前よりも増えているという。

 大勢の人がカードを交換するバレンタインズ・デーのカード収益調査では、2018年は$8億9,400万(日本円で約950億円)だったが、2019年には$9億3,300万(約993億円)に増加。その理由のひとつが、デジタルでカードを送信するよりも、上質な紙で作られたカードを贈る方が「特別感が高まるから」だという。加えて、そのカードが手書きならば、さらにオリジナル感が表現できると考えるミレニアルたちも増加。手書きでカードを贈ることがクールという流れになってきているらしい。

アプリを使えば、手書きのカードもラクラク

 テック時代に相応しい「手書きカードのアプリ」なるものも登場している。Feltというアプリを使うと、スマートフォンひとつで、自筆のメッセージや写真を上質なカード紙に印刷し、そのカードを相手に郵送する手配までが簡単にできる。使用する写真の枚数などによって異なるが、切手代を含んで$4〜(約500円)。オプションで花束や写真立てなどを組み合わせることもでき、ギフトと一緒に手書きのカードを贈ることもできる。ちなみにFeltは2016年に米人気番組「Shark Tank」(アメリカ版「マネーの虎」)でプレゼンし、$225,000(約2400万円)の出資と引き換えに自社株10%を渡すディールを獲得してビジネスの規模を拡大した企業だ。

 ニューヨーク発でデザイン性の高いカードに好きなメッセージを印刷できる Postableというアプリも人気だ。同社が商標を取得している美しい手書きのフォントを使ってメッセージをカードに印刷し(フォントは手書きフォント以外も用意されている)、それを郵送することまでできるアプリで、カードは100%リサイクル可能な紙を使用。デザインは同社のカタログから選ぶことも、写真などを使って自分で行うこともでき、値段はこちらも1枚$3.99〜(枚数が多ければ安くなる)と手頃だ。

 カードを買いにいくことも、郵便局で長い列に並ぶ必要もなく、大切な人に素敵なカードを郵送できるなら、Eカードよりも特別感があるカードの需要増にもうなずける。カードアプリの人気は今後ますます高まりそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング