アメリカのデキるビジネスウーマンはスーツを着ない

アメリカのデキるビジネスウーマンはスーツを着ない

これまでアメリカでは、ビジネスにおける女性たちの服装はスーツ・スタイルが主流で、「パワー・スーツ」という言葉が浸透していた。それが近頃では、企業のトップに立つような女性たちはスーツではなく、ワンピースを好む傾向が高くなっているという。


「パワー・スーツ」はもう古い! これからは「パワー・ドレス」

 大手企業の管理職や政治家など、権力が行使できる立場についている女性たちのビジネスウェアといえば、これまではパンツスーツや、スカートの上にジャケットを羽織るスーツスタイルが主流だった。それが「パワー・スーツ」を呼ばれてきたが、最近ではスーツよりもワンピースを着るビジネスウーマンが増え、「パワー・スーツ」ではなく、「パワー・ドレス」が好まれているという。

 1988年にハリウッド映画「ワーキング・ガール」が公開されると、ニューヨークのウォール街で働く女性たちは、皆こぞって映画に登場したシガニー・ウィーバー扮する敏腕女性部長の服装を真似て、分厚い肩パッド入りのジャケットを羽織り、男性社会を意識したイメージのスーツを着始めた。その服装がいつしか「できる女性」のイメージを象徴するようになり、「パワー・スーツ」として定着していったと言われている。

 しかし時代は変わり、ビジネスシーンのファッションも変化してきた。先日、『ウォールストリート・ジャーナル』誌に、大手企業の管理職として働くビジネスウーマンや女性起業家、政治家などの女性たちが、こぞって体にフィットしたワンピースを着るようになったという記事が出た。ちなみに、アメリカでは丈の長さにかかわらず、ワンピースのことを「ドレス」と呼ぶため、「パワー・ワンピース」ではなく、「パワー・ドレス」と呼ばれるのはそのためだ。

なぜ、ワンピースが好まれるようになったのか?

 アメリカではビジネスの世界で活躍する女性や、政治の世界で活躍する「できる女性たち」と言われる人たちは、「ここぞ」という時にはフォーマルで、エレガントな凛としたドレス(ワンピース)を着ていることが多く、そもそもスーツとワンピースをうまく使い分けていた。

 ワンピースを着ることの方が多くなった傾向は、わざわざ従来型の堅苦しいイメージを演出する必要がないほど、女性の地位が向上したからだという説もある。それと共に、「腕を動かしにくい堅苦しいスーツを着て仕事をするよりも、ワンピースのほうが動きやすくて仕事に集中できる」などの意見もあるようだ。出張が多いビジネスウーマンの間では、「スーツをいくつも持参するよりも、ワンピースの方がかさばらず、応用も利く」という利点から、「脱スーツ派」が増えた。また、体にフィットしているワンピースが多いと言っても、品のあるシルエットのものが選ばれており、ワンピースの上にジャケットを羽織るアレンジも多く見かけられる。

 女性政治家たちも、TPOに合わせて品のあるワンピースを着ている。政見放送の際などは、政治家たちが選んだ服の色や形などを見て、それを選んだ裏にはどのような狙いや思惑があるのかを想像するのも面白い。今ではパンツスーツが定番になっているヒラリー・クリントン女史も、以前は公の場でよくワンピースを着ていた。つまり、権力を持った女性はみんなワンピースを着るようになったのではなく、「スーツを着ないビジネスウーマンが、とても増えた」という話なのだが、そんなパワー女子たちの間では、ノースリーブのドレスをビジネスシーンで着るのはNGらしい。「セクシーだと思われるような服をビジネスシーンで着るのは、仕事以外でも注目されたいジュニアの子だけ」(注:ジュニアとは管理職よりずっと下の職)という認識らしい。

 ワンピースならなんでもいいのではなく、TPOに合わせた服選びが大事であることは、スーツと同様のようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

アメリカの巻き髪女性の秘密兵器は「魔法の杖」

ファッション系や美容系インフルエンサーたちのインスタグラムでは、新しい化粧品や洋服の写真はもちろん、ヘアスタイルやヘアケア商品の写真も多く見られる。なかでも長い髪の毛をドライヤーで巻いて「巻き髪」にした写真は定番のひとつ。その巻き髪を作るためのドライヤーも日々進化を続けているが、今、注目の商品は「魔法の杖」らしい。


おしゃれなアメリカ女子の冬の必需品

おしゃれなアメリカ女子の冬の必需品

アメリカの女性がこぞって購入しているという秋冬ファッション・アイテムがある。「ハンドバッグは、もはや時代遅れ!」と女性たちが絶賛する、その便利な商品とは?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング