リベラル派の発言は矛盾ばかり! あのオバマ夫妻が大豪邸を購入

リベラル派の発言は矛盾ばかり! あのオバマ夫妻が大豪邸を購入

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、オバマ前大統領夫妻が大豪邸を購入することは、これまで夫妻が説いてきた話と矛盾すると指摘する保守派たちの意見を紹介しよう。


リベラル派によると、そろそろ海抜が上がるはずだが……

 8月下旬、オバマ前大統領夫妻がケネディ一族などの富豪が集う東海岸の島、マーサズ・ヴィンヤードにある15億円の豪邸を購入することが分かり、保守派は一斉に「これぞ、リベラル派の偽善の象徴だ!」と呆れかえっている。

 今や民主党の顔ともいえるオカジオ・コーテス下院議員は、「今すぐ化石燃料を非合法化し、肉食をやめて、地球温暖化を食い止めないと、この世はあと12年で破壊される」と説き、ゴア元副大統領はアカデミー賞を受賞した2006年のドキュメンタリー映画、『不都合な真実』の中で、「グリーンランドなどの氷が溶けて近未来に海抜が6メートル上がる」と警告。オバマ氏も大統領だった2013年に「地球温暖化によって海抜が上昇し、ハリケーンの強度が増していると科学者の研究結果で証明されている」と発言していたことを覚えている人も多いだろう。

 このようなリベラル派の予言によれば、海岸に面した海抜90センチの29エーカーの敷地にあるオバマ夫妻の新豪邸は、数十年で海面下に没してしまうことになる。それでも、オバマ夫妻がこの邸宅を買ったのは、自分たちが確信している科学的調査結果を無視しているからなのだろうか?

オバマ氏が以前発言していたことと相反する行動では?

 オバマ氏はイリノイ州選出の上院議員だった時代から、収入不均等是正策として成功者への増税を説き、「金持ちは自力で成功したわけではない。他者の助けをかり、政府が造った道路や交通機関を使って金持ちになったので、政府や他者へ富を還元する義務がある」と主張してきた。さらに同氏は、ことある毎に金持ちを批判し、2018年のネルソン・マンデラ生誕100年記念式典では、「金持ちは贅沢な暮らし方を控えて、貧者に富を分け与えるべき」と力説していた。

 それ故に、保守派たちは「オバマ夫妻はご自分たちの信条を実行して、この豪邸の一部をホームレスの人々やシカゴの貧しい黒人に分け与えるべきだ」と思っているのである。

 リベラル派が絶賛している累進課税による経済的平等を成し遂げたスウェーデンは、アフリカや中東からの移民激増対策の一環として、「夏休みや週末しか使わない別荘は移民に提供せよ」という手段を講じた。それを考えると、オバマ夫妻の豪邸を不法移民収容所として使う手もあるのではないだろうか。

 オバマ政権の政策を継承するエリザベス・ウォーレン民主党候補は、金持ちに重税を課す”富豪税”を提唱している。コーネル大学の経済学者、マイケル・ストレイン氏はこの富豪税案を、「豪邸略奪のようなものだ」と非難しているが、オバマ夫妻が率先して模範を示し、自らの富を他者へ分け与えない限り、保守派がオバマ夫妻のことを「リベラル派の偽善の象徴だ!」と見なし続けるのは当然の成り行きだろう。

環境保護を訴える集会にプライベート・ジェット機で来るリベラル派

 毎週日曜に放送される保守派のトークラジオでも先日、オバマ夫妻の豪邸の話題を取り上げていたが、その中で他の環境保護活動家たちのことも紹介していた。

 環境保護を訴えるために、二酸化炭素を出さないようヨットでアメリカへやって来たスウェーデンの女の子が、帰路は飛行機に乗って帰り、さらにそこまで乗ってきたヨットを送り返すために複数のクルーを飛行機で呼び寄せたことや、シシリー島で行われたグーグル社主催の環境フォーラムに、俳優のレオナルド・ディカプリオなどの有名人やオバマ氏などの政界財界エリートたちがヘリコプターや114機ものプライヴェート・ジェットに乗って行ったこと、そして、プリンス・ハリーが二酸化炭素放出阻止を訴えているにもかかわらずプライべート・ジェットを頻繁に利用していることなどを取り上げて、リベラル派の偽善を話題にしていた。その番組のホストは、「本当に環境保護を訴えたいなら、ディカプリオもオバマも島には自分でボート漕いで行くべきだ」と話していたが、それを聞いて思わず苦笑したのは、きっと私だけではないだろう。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

火葬か土葬しか選択肢がなかったアメリカに、遺体を堆肥化して土に返す「コンポースト」が加わることになった。それを行える法案が昨年、全米ではじめてワシントン州で施行され、世界初の死体堆肥化施設のオープン準備が進んでいる。


アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

アメリカの学生は、なぜスポーツに励むのか?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はスポーツの秋にちなんで、アメリカの学生たちがスポーツとどのように向き合っているかを紹介しよう。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、気候変動への対策を訴えるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさんら若者たちの話を聞こうとしない米大統領や政治家たちについて。






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング