リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

プラスチックやガラスの容器などのリサイクルは、もはや常識だ。でも、リサイクルするよりも、容器をそのままの形で再利用すれば、さらに環境に優しくなる。アメリカでそれを実現した画期的なエコ・ビジネスが「Loop」だ。


いつもの商品を完全再利用できる容器に入れてお届け

 ニュージャージー州に拠点を構えるTerraCycle社が開始したLoopというサービスが話題だ。

 Loopは米配送業界最大手のひとつ、UPS社との提携のもと、様々な消費商材ブランドとパートナーシップを組み、それらのブランドの商品を使い捨て容器ではなく、Loop専用の完全再利用容器に入れて配達するサービスだ。食品や洗剤など、日常生活で愛用している商品が、このサービス専用のパッケージに入れられて自宅に届き、使用後はUPSの配達員が再びそのパッケージを回収する。この循環により、容器は何度も繰り返して使うことが出来るため、徹底した環境配慮を実現できるというわけだ。同社のサービスを紹介した映像はこちら。

リサイクルと完全再利用の違いとは

 使い捨て容器の普及は、1950年代以降に主流になった。その当時に比べ、人類は70倍以上の商品を製造し購入していると言われているが、それら商品のほとんどが使い捨てパッケージに収められている。人間が利便性を追求して広めたこの使い捨て文化こそが、現在、地球が抱える深刻な環境問題の主な原因だ。1年間に発生する廃棄物の約4分の1は海に流れると言われており、残りのほとんどは燃やされるか、埋められるかという形でゴミとなる。

 1950年以前の社会では、例えば「牛乳配達」のようなビジネスモデルも機能していた。新鮮な牛乳を入れる瓶は完全再利用で容器はゴミにならなかった――つまり、今よりずっとサステイナブルだったのだ。その時代の状況に限りなく近づけようというのが、このLoopのミッションでもある。

 容器を再利用することは、リサイクルするよりも環境に優しい。理由は、リサイクルをして新しい商品として生まれ変わらせるためには、時間やエネルギー、そして商品化するために補填する必要がある原材料などが必要だが、それを使わずに済むからだ。リサイクルは、あくまで「廃棄物」を原料とした新しい製造だ。しかし容器を回収し、それを再度使うことは製造ではない。

 同社はその配達、容器回収にUPS社と提携しているが、その配送マネージメントにも細心の配慮がなされている。最小限の運送距離を実現する集配ルートをモデル化し、二酸化炭素排出量を抑える工夫をしているという。

 地球の環境を改善していくためには、こうした徹底的な取り組みが求められるものの、その実現は簡単なことではない。そんな中でも、このような徹底さを追求する企業の試みを多くの人たちが支持し始めていることは注目に値するだろう。地球上のほとんどの商材が完全再利用可能な容器に入れられる日が、近い将来に実現するのも夢物語ではないかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

火葬か土葬しか選択肢がなかったアメリカに、遺体を堆肥化して土に返す「コンポースト」が加わることになった。それを行える法案が昨年、全米ではじめてワシントン州で施行され、世界初の死体堆肥化施設のオープン準備が進んでいる。


環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?






最新の投稿


元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

バスケットボール界を代表するNBAスーパースター選手だったコービー・ブライアント氏が26日(日本時間27日)、乗っていたヘリコプターが墜落し、41歳という若さで亡くなったことを受けて、米各地で追悼集会が開かれている。


OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は日本ではOKでも、アメリカではOKではないジェスチャーやポーズについて。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング