米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


南部が誇る、ふたつのフライドチキンのチェーン店

 アメリカ南部のソウルフードのひとつ、フライドチキン。もちろんアメリカのどこでも食べられているが、南部のフライドチキンというのは独特なケイジャン・スパイスが効いていて、外側はかりっと香ばしく、肉はジューシーでとても美味しい。

 そんな南部地域から発祥したフライドチキンのファストフード・チェーンの有名店といえば、当サイトでも以前に紹介した「チックフィレイ(Chick-fil-A)」と、「Popeyes(ポパイズ)」だ。日本未上陸のチックフィレイは絶大な支持を得ており、チキンバーガーをはじめ、グリルや揚げたチキンなど様々なチキンがメニューを飾っている。余談だが、アメリカではビーフをバンズに挟んだもの以外はバーガーとは呼ばないため、チキンを挟んだものはチキン・サンドイッチと呼ばれるのだが、便宜上ここではチキンバーガーと呼ぶことにする。

 そんなチックフィレイに対抗して、南部ルイジアナ州特有のスパイスを効かせたフライドチキンを提供する人気チェーン店「Popeyes(ポパイズ)」が、独自のチキンバーガーを売り出すと広告を出したことが大騒ぎの始まりだった。

そこまでして食べたい、そのチキンバーガーのお味は?

 個人的には、南部らしい丁寧なカスタマーサービスを誇る「チックフィレイ」に「Popeyes」は勝てないだろうと思っていたのだが、これがビックリ。「Popeyes」はSNSのインフルエンサーたちを巻き込んで同社チキンバーガーの発売をあおり、それをきっかけにツイッターにはチキンバーガーを扱う大手チェーン店数店が参入、しまいには互いを否定、罵り合うなどしてこのトピックが沸騰したのである。

 メディアまで巻き込んで「チキンバーガー戦争の勃発だ」などと騒がれた結果、「Popeyes」のチキンバーガーはアメリカ全土で在庫がなくなるほどの人気となり、「SOLD OUT(売り切れ)」状態が今も続いている。テキサス州ヒューストンでは、わざわざ店舗に出向いたのに、売り切れだと言われて激怒した客が店員に銃を向ける事件まで発生。テネシー州では「売っていないのに嘘の広告を出した」として同社を訴える人も現れた。この大々的なSNS戦略に打って出た「Popeyes」は、「ここまでネットの影響が現れるとは思わなかった」と話していると新聞に載っていたが、苦笑いでは済まされない事態といえるだろう。

 ちなみに、現在でもなお「売り切れ」の看板を出し続ける「Popeye」では、3本のチキン・テンダー(子供に人気の骨なしフライドチキン・スティック)を注文して、バンズを持参すればチキンバーガーが出来ますよ!と、ちょっと意味不明な対応をしているが、それによって事態はやや落ち着きを見せ始めたそうだ。

 「チキンバーガーを食べたい」からと銃を持ち出す人がいたり、SNSで他社の商品を罵ったり、商品が売り切れだったから店を訴えるなんて、まったくバカげていてアメリカらしい話だと思う。だから、バカげているとは思いながらも、私もその味を試してみたくてPopeyeへ出向いたら、そこにも「SOLD OUT」のステッカーが貼られていた(笑)。

 しかし、ここまで出し惜しみをされると、「これは食べてみたい!」と思う気持ちも分からなくもない。再び売り出されたら、「どれどれ、試してやるか」という感じで、一度くらいは買いに行ってしまうだろう。まんまと「Popeyes」のマーケティング戦略に乗せられた気がしているのは、私だけではないはずだ。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨークにあるフィットネス機材のフラッグシップ・ショップが連日賑わいを見せている。これまでの常識を覆すその機材、どんな場所にも設置が可能で、かなりスタイリッシュだ。一体、どんなものなのだろう?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング