米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


揚げたてのフライドポテトの誘惑に勝てない人も

 アメリカでは専用のアプリを使用して最寄りのレストランやファストフード店の料理を自宅に配達してもらえるフード配達サービスが、近年かなり浸透してきた。レストラン側が雇っているフード配達専門にするドライバーも稀にいるが、その多くは「Uber」や「Lyft」など通常は人を運ぶ配車サービスのドライバーたちが、空いた時間を利用して食べ物の配達も行っているケースが多い。

 そんな中、アメリカにおけるフード配達業務の現状を把握するために、日本でも事業を展開している「Uber Eats」をはじめ、「Grubhub」、「DoorDash」、「Postmates」の米大手4社のフード配達員、約500人を対象に、US Foods社がアンケートを実施し、配達業務に関わる多くの質問を投げかけた。そのひとつに、「配達中に客がオーダーしたフード(料理)をつまみ食いしたことはあるか?」という質問が含まれていたが、これに対して28%の運転手が「ある」と回答し、同サービスの利用客を驚かせた。

 また、同じ調査で利用者に対して「これまでドライバーが自分の食べ物をつまみ食いしたのではないかと疑ったことがあるか?」という質問を投げ、21%が「ある」と回答。この調査結果が発表された後、SNSには「フライドポテトのラージ(大)サイズを頼んだのに、届いた袋の中のポテトの量がかなり少なかったことがある」などという声が上がった。

日本とは異なるデリバリー環境 できたての料理を自家用車で配達

 日本とは異なり、アメリカの「Uber Eats」や「Grubhub」は配達員の自家用車で配達する。自転車やバイクとは異なり、車には密室性があること、また自家用車には監視カメラもついていないので、誰にも見られずに「つまみ食い」が可能な環境にあることも、アンケートの結果に関係しているとみられている。

 また、アメリカでは、テイクアウトの際に簡易な容器を使い、密封せずに、そのままドライバーに渡すことがほとんどだ。この調査結果を受けて、テイクアウトの容器をプラスチック・ラップなどでグルグル巻きにしてからドライバーに渡すレストランも出てきたようだが、今でも容器が完全密封されていない方が一般的だ。

 ちなみに、ドライバーへの質問で「食べたいと思ったことはあるか?」に対して、半数を超える54%が「ある」と回答した。実際、誘惑に負けて食べてしまったことがあるドライバーは前述の28%ということは、「食べたいけれど、我慢している人」が26%はいるわけだ。

 ドライバーの54%が「誘惑に負けそうになったことがある」と回答した結果を微笑ましいと思うか、それとも職業に対するプロ意識に欠けると思うかは人それぞれだろうが、「これまで気づかなかったが、もしかしたら自分の料理も手をつけられていたのでは?」と焦った利用者が大勢いたはずだ。しかし、「そんなの当然。自分だってフライドポテトが目の前にあれば、数本はつまんでしまうはず」と、笑い飛ばした利用者が約15%もいたことも、アメリカらしい話かもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング