米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


揚げたてのフライドポテトの誘惑に勝てない人も

 アメリカでは専用のアプリを使用して最寄りのレストランやファストフード店の料理を自宅に配達してもらえるフード配達サービスが、近年かなり浸透してきた。レストラン側が雇っているフード配達専門にするドライバーも稀にいるが、その多くは「Uber」や「Lyft」など通常は人を運ぶ配車サービスのドライバーたちが、空いた時間を利用して食べ物の配達も行っているケースが多い。

 そんな中、アメリカにおけるフード配達業務の現状を把握するために、日本でも事業を展開している「Uber Eats」をはじめ、「Grubhub」、「DoorDash」、「Postmates」の米大手4社のフード配達員、約500人を対象に、US Foods社がアンケートを実施し、配達業務に関わる多くの質問を投げかけた。そのひとつに、「配達中に客がオーダーしたフード(料理)をつまみ食いしたことはあるか?」という質問が含まれていたが、これに対して28%の運転手が「ある」と回答し、同サービスの利用客を驚かせた。

 また、同じ調査で利用者に対して「これまでドライバーが自分の食べ物をつまみ食いしたのではないかと疑ったことがあるか?」という質問を投げ、21%が「ある」と回答。この調査結果が発表された後、SNSには「フライドポテトのラージ(大)サイズを頼んだのに、届いた袋の中のポテトの量がかなり少なかったことがある」などという声が上がった。

日本とは異なるデリバリー環境 できたての料理を自家用車で配達

 日本とは異なり、アメリカの「Uber Eats」や「Grubhub」は配達員の自家用車で配達する。自転車やバイクとは異なり、車には密室性があること、また自家用車には監視カメラもついていないので、誰にも見られずに「つまみ食い」が可能な環境にあることも、アンケートの結果に関係しているとみられている。

 また、アメリカでは、テイクアウトの際に簡易な容器を使い、密封せずに、そのままドライバーに渡すことがほとんどだ。この調査結果を受けて、テイクアウトの容器をプラスチック・ラップなどでグルグル巻きにしてからドライバーに渡すレストランも出てきたようだが、今でも容器が完全密封されていない方が一般的だ。

 ちなみに、ドライバーへの質問で「食べたいと思ったことはあるか?」に対して、半数を超える54%が「ある」と回答した。実際、誘惑に負けて食べてしまったことがあるドライバーは前述の28%ということは、「食べたいけれど、我慢している人」が26%はいるわけだ。

 ドライバーの54%が「誘惑に負けそうになったことがある」と回答した結果を微笑ましいと思うか、それとも職業に対するプロ意識に欠けると思うかは人それぞれだろうが、「これまで気づかなかったが、もしかしたら自分の料理も手をつけられていたのでは?」と焦った利用者が大勢いたはずだ。しかし、「そんなの当然。自分だってフライドポテトが目の前にあれば、数本はつまんでしまうはず」と、笑い飛ばした利用者が約15%もいたことも、アメリカらしい話かもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング