アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


中華街を飛び出したバブルティーやボバティー

 台湾生まれで、もちもちした食感がユニークなタピオカ入りアイスティーがアメリカに上陸したのは1990年代。当時は全米各地の中華街にある家族経営の中華系ベーカリーなどの片隅で売られているアジアの飲み物で、アジア系の人以外にはほとんど知られてはいなかった。

 それが、中国系アメリカ人や他のアジア系アメリカ人の若い起業家が立ち上げたチェーン店の誕生や、アジア本国からアメリカへ進出してきた有名企業の店舗拡大などにより、アジア系以外のアメリカ人にも知名度が広がった。名称も当初は「タピオカ・ティー」だったが、タピオカをはじめとするジェリー状の粒をバブルと呼んだことから「バブル・ティー」、「ボバ・ティー」という呼び方がアメリカで定着した。

アルコール入りのタピオカドリンクで勝負

 最近では、台湾で人気が高いタピオカドリンク・ブランド「Tiger Sugar」がニューヨークのマンハッタンにオープンして長い行列ができて話題になったばかり。

 どの店舗もメニューの選択肢を増やしたり、原料にこだわったりとユニークさを競っている中、先月は英国ロンドンに本社がある「バブルオロジー」がニューヨーク第1号店をオープンした。

 ここの看板メニューは、アルコール入りタピオカドリンクだ。上記リンクでメニューが見られるが、たとえばパッションフルーツ風味のタピオカを入れたカクテル「パッション・イン・パラダイス」や、ベイリーズをベースにした「ベイリーズ・キャラメル・キッス」など、甘いドリンク好きの人をそそるようなメニューが揃い、値段は1杯$13.95(日本円で約1,500円)。通常のバブルティーとは異なり、アルコール入りなのでテイクアウトはできないが(アメリカでは指定された場所以外の屋外でアルコール飲料を飲むことは禁止されている)、その味を試してみたい人たちで店内は大賑いだ。

 これほどタピオカ入りドリンクを売る店舗がアメリカで増加したのは、アジアの料理やアジアの飲料に対してアメリカの消費者の関心が以前より高まったからだと話す専門家もいるようだが、タピオカ人気は文字通り「バブル」ではないかとの声もある。タピオカに限ったことではなく、ここまで人気が広がったトレンド商品は、ここからどうやって生き残っていくかに勝負がかかる。来年はこのトレンド、どのような展開をみせているだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレスは万病の敵。少しでもストレスを軽減するための商品は星の数ほどあれど、数年前から注目されている「重い毛布(Weighted Blankets)」の市場の成長が止まらない。大手もキックスターター企業も入り乱れ、重い毛布が次々と市場に登場。今年のクリスマス商戦の目玉商品のひとつになることは間違いなさそうだ。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング