アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


中華街を飛び出したバブルティーやボバティー

 台湾生まれで、もちもちした食感がユニークなタピオカ入りアイスティーがアメリカに上陸したのは1990年代。当時は全米各地の中華街にある家族経営の中華系ベーカリーなどの片隅で売られているアジアの飲み物で、アジア系の人以外にはほとんど知られてはいなかった。

 それが、中国系アメリカ人や他のアジア系アメリカ人の若い起業家が立ち上げたチェーン店の誕生や、アジア本国からアメリカへ進出してきた有名企業の店舗拡大などにより、アジア系以外のアメリカ人にも知名度が広がった。名称も当初は「タピオカ・ティー」だったが、タピオカをはじめとするジェリー状の粒をバブルと呼んだことから「バブル・ティー」、「ボバ・ティー」という呼び方がアメリカで定着した。

アルコール入りのタピオカドリンクで勝負

 最近では、台湾で人気が高いタピオカドリンク・ブランド「Tiger Sugar」がニューヨークのマンハッタンにオープンして長い行列ができて話題になったばかり。

 どの店舗もメニューの選択肢を増やしたり、原料にこだわったりとユニークさを競っている中、先月は英国ロンドンに本社がある「バブルオロジー」がニューヨーク第1号店をオープンした。

 ここの看板メニューは、アルコール入りタピオカドリンクだ。上記リンクでメニューが見られるが、たとえばパッションフルーツ風味のタピオカを入れたカクテル「パッション・イン・パラダイス」や、ベイリーズをベースにした「ベイリーズ・キャラメル・キッス」など、甘いドリンク好きの人をそそるようなメニューが揃い、値段は1杯$13.95(日本円で約1,500円)。通常のバブルティーとは異なり、アルコール入りなのでテイクアウトはできないが(アメリカでは指定された場所以外の屋外でアルコール飲料を飲むことは禁止されている)、その味を試してみたい人たちで店内は大賑いだ。

 これほどタピオカ入りドリンクを売る店舗がアメリカで増加したのは、アジアの料理やアジアの飲料に対してアメリカの消費者の関心が以前より高まったからだと話す専門家もいるようだが、タピオカ人気は文字通り「バブル」ではないかとの声もある。タピオカに限ったことではなく、ここまで人気が広がったトレンド商品は、ここからどうやって生き残っていくかに勝負がかかる。来年はこのトレンド、どのような展開をみせているだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレス過多の味方! 「重い毛布」トレンドで米寝具市場が熱い

ストレスは万病の敵。少しでもストレスを軽減するための商品は星の数ほどあれど、数年前から注目されている「重い毛布(Weighted Blankets)」の市場の成長が止まらない。大手もキックスターター企業も入り乱れ、重い毛布が次々と市場に登場。今年のクリスマス商戦の目玉商品のひとつになることは間違いなさそうだ。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。






最新の投稿


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月13日~19日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング