アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


中華街を飛び出したバブルティーやボバティー

 台湾生まれで、もちもちした食感がユニークなタピオカ入りアイスティーがアメリカに上陸したのは1990年代。当時は全米各地の中華街にある家族経営の中華系ベーカリーなどの片隅で売られているアジアの飲み物で、アジア系の人以外にはほとんど知られてはいなかった。

 それが、中国系アメリカ人や他のアジア系アメリカ人の若い起業家が立ち上げたチェーン店の誕生や、アジア本国からアメリカへ進出してきた有名企業の店舗拡大などにより、アジア系以外のアメリカ人にも知名度が広がった。名称も当初は「タピオカ・ティー」だったが、タピオカをはじめとするジェリー状の粒をバブルと呼んだことから「バブル・ティー」、「ボバ・ティー」という呼び方がアメリカで定着した。

アルコール入りのタピオカドリンクで勝負

 最近では、台湾で人気が高いタピオカドリンク・ブランド「Tiger Sugar」がニューヨークのマンハッタンにオープンして長い行列ができて話題になったばかり。

 どの店舗もメニューの選択肢を増やしたり、原料にこだわったりとユニークさを競っている中、先月は英国ロンドンに本社がある「バブルオロジー」がニューヨーク第1号店をオープンした。

 ここの看板メニューは、アルコール入りタピオカドリンクだ。上記リンクでメニューが見られるが、たとえばパッションフルーツ風味のタピオカを入れたカクテル「パッション・イン・パラダイス」や、ベイリーズをベースにした「ベイリーズ・キャラメル・キッス」など、甘いドリンク好きの人をそそるようなメニューが揃い、値段は1杯$13.95(日本円で約1,500円)。通常のバブルティーとは異なり、アルコール入りなのでテイクアウトはできないが(アメリカでは指定された場所以外の屋外でアルコール飲料を飲むことは禁止されている)、その味を試してみたい人たちで店内は大賑いだ。

 これほどタピオカ入りドリンクを売る店舗がアメリカで増加したのは、アジアの料理やアジアの飲料に対してアメリカの消費者の関心が以前より高まったからだと話す専門家もいるようだが、タピオカ人気は文字通り「バブル」ではないかとの声もある。タピオカに限ったことではなく、ここまで人気が広がったトレンド商品は、ここからどうやって生き残っていくかに勝負がかかる。来年はこのトレンド、どのような展開をみせているだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨークにあるフィットネス機材のフラッグシップ・ショップが連日賑わいを見せている。これまでの常識を覆すその機材、どんな場所にも設置が可能で、かなりスタイリッシュだ。一体、どんなものなのだろう?


「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

「プラスチック製ストロー廃止」から生まれた、ストローの新トレンド

アメリカではすっかり浸透した感のある「プラスチック製ストローの廃止ムーブメント」。では、ムーブメント進行後のアメリカでは、どんなエコ・ストローが人気なのだろう?


秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

秋の風物詩はスタバに続け?! 「パンプキン・スパイス風味」のスパム

ハワイや沖縄のソフルフードともいえる「スパムむすび」でお馴染みの缶入りのランチョンミート、「スパム(SPAM)」。食べたことがない人でも、その存在を知らない人は少ないはずだ。そのスパムがアメリカ市場において秋限定で「パンプキン・スパイス風味」を販売すると発表し、「いくらなんでも行き過ぎでは?」とSNSがざわついている。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング