「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


健康のためには赤身肉やハムはNG、は間違いなのか?

 医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」で発表された健康に関する調査結果が、主要な国際機関が行なってきた健康維持へのアドバイスに反したことで、多方面から反発がおきている。

 「北米とヨーロッパの約5万4,000人を対象とした12件のランダム化比較試験で、赤身肉や加工肉の摂取量が少ない人における心臓病、がん、糖尿病のリスクは、統計的に有意または重要な関連性は認められなかった」という結果は、これまでの通説である「健康を気遣うならば、牛肉などの赤身肉やソーセージなどの加工肉の摂取を控えるべき」、「赤身肉や加工肉はガンのリスクを増やす」などを覆すものだ。

 この調査の共同責任者である、カナダはダルハウジー大学のブラッドリー・ジョンストン准教授はロイターに、「ほとんどの人はこれまでと同様に赤身肉や加工肉を摂取するのがベストアプローチだろう」とコメントしている。

多くの学者や国際機関がこの結果に反論。ステーキはダメ!

 この調査については、すでに米ハーバード、イエール、スタンフォードなどの大学の医師らが撤回を求めている。

 がんの予防のためにステーキ肉などの摂取を控えることを訴えてきた機関のひとつ、世界がん研究基金(WCRF)や、イエール大学リサーチセンターのデイビッド・カッツ氏は、「これは公衆の健康への理解にダメージを与えるもの」と反論。この発表により、ステーキや加工肉の摂取量が増えてしまうのではないかと懸念している。

 多くの学者がこの調査方法では結論は出せないと反論している中、この研究発表を掲載した「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」のクリスティン・レイン編集長は、「肉の摂取量を減らすべきという説には多くの理由があるはずだが、それをすれば健康状態は必ず改善される、という強固な証拠がないことも事実」と話している。

 牛肉やハムやソーセージは避けた方がいいのか、それとも健康維持には関係ないのか。次に新しい研究結果が出るまで、この論争は続きそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?




アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。アメリカにおける日本のラーメン・ブームが騒がれて久しいが、それは都会での話。南部では、まだまだ不思議なラーメンが幅を利かしている。


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。






最新の投稿


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

5
トランプ大統領の大好物は?

トランプ大統領の大好物は?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

>>総合人気ランキング