デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


パイロットはもちろん、メカニックも搭乗係員も管制官も全員女性!

Delta Airlines

Photo: Delta Airlines

 米デルタ航空は10月6日の「インターナショナル・ガールズ・イン・アビエーション・デイ」を記念して、ソルトレイク・シティ在住の120人の女子学生(12歳〜18歳)を、女性クルーだけで運行する機体でヒューストンのNASAジョンソン宇宙センターの見学会に招待した。これは同社が、男性が多い航空業界における女性従業員の地位向上を目指して「航空業界の性別差をなくそう」と、STEMキャリア教育の一環として2015年から開始した恒例の「Delta WING Flight」という試みだ。

Photo: Delta Airlines

Photo: Delta Airlines

 この日は女子生徒たちを乗せた航空機のパイロットや副操縦士はもちろん、フライトアテンダント、搭乗口のエージェント、グラウンドで機体の安全を確認するメカニック、ランプ・エージェント、飛び立つ許可を出す管制塔の管制官まで全員女性が担当した。女性のみの撮影クルーによる、その様子を収めた映像はこちら

宇宙センターで待っていたのは女性宇宙飛行士たち

 今回NASAに招待されたのは、現在STEM教育や航空プログラムを受講中で、「将来は航空宇宙産業に就職したい」と考えている理系女子生徒たち。そして、そんな若者たちをNASAで待っていたのは、女性の宇宙飛行士や技術者たちだ。施設の見学や各仕事の説明はもちろん、アフリカン・アメリカン女性としては初めて宇宙ステーションで勤務したジェネット・エプス宇宙飛行士兼エンジニアと一緒のランチなどの機会も用意された。

Delta Airlines

Photo: Delta Airlines

 このイベントを企画した米デルタ航空では、フロントラインで働く従業員は性別による給与差がなく、「女性が働きやすい企業ベスト100」にも3年連続で選ばれている。しかし、女性パイロットはパイロット全体の5%しかおらず、性別差をなくす道のりはまだまだ長そうだ。男女差をなくすためには、優秀な女性の人材がたくさん業界に入ることが第一歩と考える同社のこの試み。今回の企画に参加し、「将来この業界で働きたいという思いが強くなった」とコメントしていた多くの女生徒たちが、航空宇宙産業の男女差を埋める起爆剤になるかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

子供から大人まで世界中に多くのファンを持つエンターテイメント・ビジネス界のトップランナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー社が、独自の航空会社をまもなく設立するという噂が浮上している。これまでにも何度か噂になったことがあるが、今回はかなり信憑性が高いと業界がざわついているらしい。「空飛ぶ夢の国」は実現するのだろうか?


寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?


進化する「Gメール」のジェンダー配慮

進化する「Gメール」のジェンダー配慮

今年5月に発表されたグーグル社の「Smart Compose」機能。Gメールを使った仕事の効率化をバックアップするツールとして、アメリカでは話題になったが、そのツールが今度はさらに進化を続け、ジェンダー配慮を徹底化するという。それはどういうことなのだろう?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング