デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


パイロットはもちろん、メカニックも搭乗係員も管制官も全員女性!

Delta Airlines

Photo: Delta Airlines

 米デルタ航空は10月6日の「インターナショナル・ガールズ・イン・アビエーション・デイ」を記念して、ソルトレイク・シティ在住の120人の女子学生(12歳〜18歳)を、女性クルーだけで運行する機体でヒューストンのNASAジョンソン宇宙センターの見学会に招待した。これは同社が、男性が多い航空業界における女性従業員の地位向上を目指して「航空業界の性別差をなくそう」と、STEMキャリア教育の一環として2015年から開始した恒例の「Delta WING Flight」という試みだ。

Photo: Delta Airlines

Photo: Delta Airlines

 この日は女子生徒たちを乗せた航空機のパイロットや副操縦士はもちろん、フライトアテンダント、搭乗口のエージェント、グラウンドで機体の安全を確認するメカニック、ランプ・エージェント、飛び立つ許可を出す管制塔の管制官まで全員女性が担当した。女性のみの撮影クルーによる、その様子を収めた映像はこちら

宇宙センターで待っていたのは女性宇宙飛行士たち

 今回NASAに招待されたのは、現在STEM教育や航空プログラムを受講中で、「将来は航空宇宙産業に就職したい」と考えている理系女子生徒たち。そして、そんな若者たちをNASAで待っていたのは、女性の宇宙飛行士や技術者たちだ。施設の見学や各仕事の説明はもちろん、アフリカン・アメリカン女性としては初めて宇宙ステーションで勤務したジェネット・エプス宇宙飛行士兼エンジニアと一緒のランチなどの機会も用意された。

Delta Airlines

Photo: Delta Airlines

 このイベントを企画した米デルタ航空では、フロントラインで働く従業員は性別による給与差がなく、「女性が働きやすい企業ベスト100」にも3年連続で選ばれている。しかし、女性パイロットはパイロット全体の5%しかおらず、性別差をなくす道のりはまだまだ長そうだ。男女差をなくすためには、優秀な女性の人材がたくさん業界に入ることが第一歩と考える同社のこの試み。今回の企画に参加し、「将来この業界で働きたいという思いが強くなった」とコメントしていた多くの女生徒たちが、航空宇宙産業の男女差を埋める起爆剤になるかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

若者たちの科学、技術、エンジニアリング、数学の力を伸ばす「STEM教育」に力を入れているアメリカでは、全米各地でSTEM系のコンテストが開催されている。そんな中、「お母さんのために」と思いついた「死角をなくす」発明が評価された14歳の少女に25,000ドル(約270万円)の賞金が授与された。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

空を飛ぶ夢の国、ディズニー・エアラインの誕生か?

子供から大人まで世界中に多くのファンを持つエンターテイメント・ビジネス界のトップランナー、ウォルト・ディズニー・カンパニー社が、独自の航空会社をまもなく設立するという噂が浮上している。これまでにも何度か噂になったことがあるが、今回はかなり信憑性が高いと業界がざわついているらしい。「空飛ぶ夢の国」は実現するのだろうか?


寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

寝るのが好きな人、集まれ? NASAが不思議なバイトを募集して実験中

四六時中ベッドで寝転がりたい人にとっては、夢のようなアルバイトをNASAが募集した。最短60日、最長70日の短期バイトだ。以前にも募集したことがあるというこの仕事、今回は24人の人が集まった。あなたなら応募したいだろうか?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング