渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


救世主ソフトバンクがWeWorkの経営を担うのか?

 米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙が13日、ソフトバンク・グループが、シェアオフィス(共同オフィス)「WeWork(ウィーワーク)」を運営する米ウィー・カンパニーに対し、数十億ドルの追加出資を検討していると報じた。この支援が実施されればウィー・グループの現金不足が解消され、ソフトバンク・グループが経営権を握る可能性があるという。

 WeWorkの親会社ウィーカンパニーは先月末に新規株式公開(IPO)を予定していたが、赤字体質の続く事業モデルや企業統治への投資家の懸念を受け、IPO申請を取り下げた。IPOと融資の合計で90億ドル(約9,700億円)を調達する計画だったが、その計画はストップ、創業者で最高経営責任者(CEO)のアダム・ニューマン氏は退任した。

 現状、ニューマン氏がウィー株の議決権の過半数を握り、ソフトバンク・グループは3分の1とみられているが、この追加出資が実現すればニューマン氏の影響力は弱まり、ソフトバンクが経営の実権を握ることにつながるだろう。

現金不足なのにスピード開店を続けるWeWork

 米ロイター通信の14日の記事によると、新たな出資がなければ、ウィー・グループは早ければ12月末にも資金が枯渇する恐れがあるという。そのため同社はソフトバンク・グループのほかにも、金融機関からの借り入れによる調達を模索しているとみられる。

 そんな中でもWeWorkはこの3カ月半(10月10日時点)で123都市、合計622件の新規共同オフィスをオープンさせた。これは今年前半の合計数を超える件数だ。同社の現金不足が重要な問題になっている中、WeWorkは公式サイトで、「さらに117都市89ロケーションがまもなくオープン!」とアナウンス。きっと先月末の上場撤回が起きる前にリース契約済み物件で、オープンしないわけにはいかないのだろうとも予想できるが、以前から派手な行動で知られる創設者ニューマン氏のイメージと重なって、この現金を出血中の事態はどう贔屓目にみても同社の会員や顧客候補によい印象を与えるものとはいえないだろう。

 ちなみにWeWorkの広報は、ロイターからのこの件に関する質問には回答していないそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。







最新の投稿


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング