大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


保守派を魅了する「子供たちに優しく、遊び心のある」大統領の横顔

 大手メディアの報道だけを見ると、「アメリカ人の大半がトランプの弾劾を求めている」かのように思えるだろう。しかし、総人口の35%を占める保守派と、同じく35%を占める中道派の多くは、民主党が掲げる極左ともいえる政策(規制緩和と減税政策で経済繁栄をもたらし、不法移民に大学教育と医療を無料提供し、銃を没収する)には反対だ。トランプ大統領が「それを食い止めてくれている」と感謝している人は大勢いる。

 保守派とブルーカラー、および中小企業経営者の中道派は、左傾の大手メディアの執拗なトランプ・バッシングに疲れ果て、社会主義反対を表明している『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙や、保守系の『ワシントン・エグザミナー』紙、『ワシントン・タイムズ』紙、米軍の公式サイト、キリスト教徒を対象にした新聞やサイトなどから情報を得ている。これらの情報ソースでは、米大手メディアでは全く報道されていないトランプ大統領の業績や人間味溢れる素顔が逐一報道されているからだ。ここ数週間で特に大きく報道された話題をいくつか挙げてみよう。

 10月9日、トランプ大統領は規制緩和の一環として、政府の新規制や規制変更に気づかなかった人々が罰せられることを阻止するために、政府が新規則を制定する度に役人が人々に新規則の内容を伝えることを義務づける大統領令を発した。政府の新規制や規制変更に対応するための弁護士を抱えることができない中小企業の経営者たちは、この勅令を大歓迎している。

 10月11日、リトルリーグ・ワールド・シリーズで優勝したルイジアナのチームがホワイトハウスを訪問し、大統領執務室でトランプ大統領と歓談。その後、ちょうどルイジアナで集会を開くことになっていた大統領は、彼らを大統領専用機に乗せて送ってあげることにし、集会にも子どもたちを招待してステージに呼んで健闘を称えた。2016年の予備選では、トランプは候補者が集うアイオワ州祭りにヘリコプターで現れ、たまたま近くにいた子どもたちをヘリコプターに乗せて楽しませたが、こういう“素のトランプ”に触れた人々が、友人や知人に”遊び心がある人情深い下町のおじさん”的なトランプの魅力を伝え、それが口コミやツイッターで広がってトランプ人気が定着していると言われている。

教会も崇めるトランプ大統領

 10月12日、バリューズ・ボーター・サミット(伝統的価値観を尊重する保守派の集会)で、中絶不支持の尼僧の慈善団体に課せられた罰金を撤廃し、ハリケーンなどの被害にあった教会/モスク/シナゴーグへFEMA連邦緊急事態管理局が資金援助をすることを可能にした等のトランプ大統領の業績が称えられ、ブルンソン牧師がトランプ大統領のために祈り、トランプ大統領も「アメリカは政府ではなく神を崇める」と宣言した。ブルンソン牧師は、オバマ政権時代にトルコでスパイ容疑を掛けられて捕虜になり、オバマ政権から見捨てられたが、トランプ大統領がトルコに経済的圧力をかけて交渉を続けた結果、2018年10月に救出された福音派の牧師だ。下記はサミットでの彼の祈りの一部である。

 「神よ、あなたは弾圧が再び台頭するこの時期にトランプ大統領を推して統治者としました。主なるイエス・キリストのみが、悪を倒し弱者に正義をもたらす者として彼(トランプ)を選べるのです。彼が絶え間ない戦いに耐えて、活気を失うことのないように、彼に力と勇気をお与えください。」

 リベラル派がどれほどトランプ大統領を嫌おうが、トランプは経済政策や宗教の自由保護という面で人々が肌で実感できる結果を出しているため、保守派からは敬愛され、多くの中道派からも支持されているのである。

 「そんなことを言われても信じられない」という読者の方々も、クリスチャン・ポスト、クリスチャン・ブロードキャスティング・ニュースなどの記事を読むと、トランプの人間味溢れる横顔が保守派や中道派に紹介されている様子がわかるだろう。ちなみに、私の隣人の家には、星条旗を抱きかかえているトランプの写真が飾られており、その家の女主人は「大統領らしくない無邪気な行動がキュートだ」と言っている。

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。






最新の投稿


OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は日本ではOKでも、アメリカではOKではないジェスチャーやポーズについて。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング