気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、気候変動への対策を訴えるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさんら若者たちの話を聞こうとしない米大統領や政治家たちについて。


若者の悲痛な訴えにも沈黙を決め込むトランプ大統領と彼の仲間たち

 先月、スウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥーンベリさんに触発された世界中の若者たちが数百万人も、気候変動への対策を求める声をあげて行進を行い、気候変動は世界と彼らの未来を破壊するものだと訴えた。

 トゥーンベリさんは国連本部に集まった各国のリーダーたちを前に「あなたたちは空虚な言葉で私の夢と子供時代を奪いました。未来を担うすべての子供や若者たちの目が、あなた方に注がれています。もし、あなた方が私たちを見捨てることを選ぶなら、私たちはあなた方を決して許しません。私たちはあなた方を逃げ切らせはしません。今ここで、まさに今、私たちはこれまでのことに線を引きます」と話した(英語原文はこちら)。

 彼女はここアメリカで、「あなた方には、気候変動を止める対策を担う“道徳的な責任”があるのです」と言った。

 これに対して、トランプ大統領率いるホワイトハウスと、彼を支持する共和党による米議会は沈黙を決め込んでいる。

「地球は先祖から受継いだのではなく、未来の子供達から借りたもの」

 若い世代の人たちが彼らの世界が未来へ続くように守ろうと大きな声を上げている中、トランプ大統領と彼の共和党の仲間たちは、若者たちの行進とは逆方向に向かってフルスピードで行進している。彼らは北極と沿岸海域で石油掘削を開始し、国立公園の規模をこれまでよりも狭くする規定を作り、石炭や化石燃料に対する規制を緩め、水質と空気のスタンダード数値を落とし、自然保護規制の内容を緩めた。

 トランプ大統領と彼の共和党の仲間たちは、子供や若者たちの将来を見ているか? 答えはノーだ。彼らが見ているのは、今の地球にある石油や石炭、ガスなどの資源を最大限に絞り取り、それを使ったり売ったりして生まれる利益である。そんなことをしたら資源は持続できないという科学を無視して、これこそが「アメリカを再び偉大にする」ことだと国民に説いている。

 しかし、トランプ大統領と共和党の行いは、若い世代が歩む将来の世界を偉大なものにするだろうか? 気候変動が進んで海温が上昇し、魚や貝などの海洋生物の生態系が崩れ、海水レベルが上昇することで土地や家屋が浸水し、台風の頻度と強度が上がり、洪水が増えて土地が侵食されて農産物も不作になるという世界は、若者たちにとって偉大な世界だろうか?

 「限りある地球資源の採掘と使用を続け、今、得られる利益を追い求めること」は、若者たちが将来に得られるはずのきれいな空気や水、彼らが必要とする資源を奪い取った上に成り立つ行為だ。未来を搾取され、汚れた空気や質の悪い水を飲みながら暮らすことになるかもしれない若者たちが、そのときに感じる痛みや、その環境に伴って派生する貧困、混乱、飢餓、疾病、苦しみなどの代償は、誰が支払うのか? トランプ大統領と彼の共和党の仲間たちが、今こうして資源の採掘や販売から得た膨大な富から、将来の若者たちに代償を支払ってくれるのか?

 いや、この代償を若者たちに支払ってくれる人は、誰もいないだろう。

 気候変動対策を訴える若者たちの行進では、「地球は先祖から受け継いだものではない。未来の子供たちから借りたもの」という、胸を刺すメッセージが書かれたプラカードを持つ若者たちが大勢いた。この若者たちの訴えに対して沈黙を貫きながら、資源の伐採や採掘を続けるトランプ大統領と彼の共和党の政治家たちを、地球上のすべての子供や若者たちは決して許さないだろう。もし、世界中の子供や若者たちに未来があるならば、トランプ大統領と彼の政治家たちは地球や若者の未来から搾取することを直ちに止めて、世界のバランスを整えなければならない。すべては、それを施行する権力を持つ彼ら次第なのだ。

この記事の寄稿者

ハワイ出身のジャーナリスト。現在はワシントン州在住で、特に環境問題につい て精力的に取材執筆している。各所へ寄稿すると共に、地元の環境に関わる ニュースを発信する独自メディア、 Salish Sea News and Weatherを主宰。著書 にThe Price of Taming a River: The Decline of the Puget Sound’s Duwamish-Green Waterway (1997)がある。

ちなみに、生まれた病院はバラク・オバマ元大統領と同じ。トランプ現大統領 と共和党が、オバマ元大統領の出生証明書スキャンダルを作り上げたとき、まっ たく動じずに立ち上がったことは言うまでもない。

関連する投稿


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


トランプ大統領の大好物は?

トランプ大統領の大好物は?

デイビッド・アンドリューズの「You are what you eat/食は人なり」 自然をこよなく愛し、趣味はハイキング、そして食べることが何よりも好きな「ごく普通の会社員」である筆者が、感じたことや不思議に思ったことなどを書き綴る。一般的なアメリカ人は日々どんなことに目をとめるのだろう?そう、きっかけはいつだって食べ物なのだ。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。






最新の投稿


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング