マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


分かりにくい「マインドフルネス」の定義をおさらい

 日本でも「マインドフルネス」という言葉は、徐々に浸透しつつある。この言葉の定義は極めて曖昧で、一般的には「いま、ここに心が集中している状態」などと説明されることが多い。しかし、この曖昧感こそがマインドフルネスそのもので、「100%明確だと言い切れる定義がないこと自体が人の心のあり方が多様であることの証明だ」とも言われている。

 それぞれの心のあり方が多様でも、多くの人が一様に「いま、ここ」を体験できるのが「瞑想」だ。しかし、瞑想には様々なスタイルがあり、深い瞑想状態に入れるまで極めようとすると、かなりの訓練が必要となる。そこに着目した企業が、ニューヨークに本社を置くAduri社だ。同社は現在、瞑想の経験が浅い人でも、容易に深い瞑想状態に入ることが出来るという瞑想用クッションを開発している(2020年発売予定)。座布団のようにお尻の下に敷いて座る商品で現在もキックスターターでサポーターを募集中だ。

バイブレーション機能が深い瞑想にいざなう

 開発の段階から話題になっている商品だが、注目を集めている主な理由は「瞑想アプリを超えた体験への期待」だと同社は分析している。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、過去3年間で、アメリカにおける瞑想人口は14%も増加している。それに比例するように、多くの企業が瞑想アプリを開発したり、リラクゼーション用のヘッドセットなどを開発して世に送り出しているが、「瞑想という体験そのものを深めるサポートに徹する」ことに着目したツールは、確かにまだ少ない。

 このクッションは利用すると微振動が加わるようにデザインされており、その振動により多感覚的に瞑想誘導できるそうだ。また、クッションは個人の瞑想パターンや瞑想する際の姿勢を記録し、その人に合った瞑想誘導のパーソナライズ化を可能にするという。連動するアプリには、多数の瞑想誘導サウンドも完備。それらのすべてが人の感覚を無限大に広げ、深い瞑想に誘うというわけだ。

 発売前とあって、まだ全貌が明らかにはされていないが、これを使うとどれだけ深い瞑想状態に入れるのか、気になる人は多いようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング