マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


分かりにくい「マインドフルネス」の定義をおさらい

 日本でも「マインドフルネス」という言葉は、徐々に浸透しつつある。この言葉の定義は極めて曖昧で、一般的には「いま、ここに心が集中している状態」などと説明されることが多い。しかし、この曖昧感こそがマインドフルネスそのもので、「100%明確だと言い切れる定義がないこと自体が人の心のあり方が多様であることの証明だ」とも言われている。

 それぞれの心のあり方が多様でも、多くの人が一様に「いま、ここ」を体験できるのが「瞑想」だ。しかし、瞑想には様々なスタイルがあり、深い瞑想状態に入れるまで極めようとすると、かなりの訓練が必要となる。そこに着目した企業が、ニューヨークに本社を置くAduri社だ。同社は現在、瞑想の経験が浅い人でも、容易に深い瞑想状態に入ることが出来るという瞑想用クッションを開発している(2020年発売予定)。座布団のようにお尻の下に敷いて座る商品で現在もキックスターターでサポーターを募集中だ。

バイブレーション機能が深い瞑想にいざなう

 開発の段階から話題になっている商品だが、注目を集めている主な理由は「瞑想アプリを超えた体験への期待」だと同社は分析している。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、過去3年間で、アメリカにおける瞑想人口は14%も増加している。それに比例するように、多くの企業が瞑想アプリを開発したり、リラクゼーション用のヘッドセットなどを開発して世に送り出しているが、「瞑想という体験そのものを深めるサポートに徹する」ことに着目したツールは、確かにまだ少ない。

 このクッションは利用すると微振動が加わるようにデザインされており、その振動により多感覚的に瞑想誘導できるそうだ。また、クッションは個人の瞑想パターンや瞑想する際の姿勢を記録し、その人に合った瞑想誘導のパーソナライズ化を可能にするという。連動するアプリには、多数の瞑想誘導サウンドも完備。それらのすべてが人の感覚を無限大に広げ、深い瞑想に誘うというわけだ。

 発売前とあって、まだ全貌が明らかにはされていないが、これを使うとどれだけ深い瞑想状態に入れるのか、気になる人は多いようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」


『どれぐらい英語が出来ればいいんですか?』

『どれぐらい英語が出来ればいいんですか?』

竜盛博の「下から見たソフトウエア業界」 ソフトウエア開発の最前線で働くと、どういう風景が見えるのか。業界のトレンド、当地で話題のニュースから職場の半径10km以内で繰り広げられる同僚とのやりとりまで、日本からは見えにくい風景を切り取って現地からレポートする。






最新の投稿


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング