マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


本命だったアマゾンを蹴落としたマイクロソフト

 今月26日、米国防総省は「JEDI(ジェダイ:Joint Enterprise Defense Infrastructure)」と呼ばれるクラウド・コンピューティング契約を米マイクロソフト社と行うことを発表。同省はこの検討に約2年をかけ、契約対象社にはアマゾンドットコム、グーグル、IBM、オラクルなどが含まれていた。アマゾンが選ばれると予想されていたため、マイクロソフトが選ばれたことに業界がざわついている。

 JEDIは10年間で総額100億ドル(日本円で約1兆800億円)に相当する事業になると言われており、戦闘情報をAI処理しながら、航空機や船舶、ドローンなどの間で情報を共有できるようにする米軍の次なる重要戦略の位置づけだ。

トランプ大統領によるアマゾン潰しの噂も

 この契約は基本期間が2年間で同期間中に約2億1000万ドル(約228億円)の支出があると予想され、それ以降は10年間延長可能という超大型プロジェクトだ。そのため世界の大手のテック企業が契約を狙い、なかでも既に米中央情報局(CIA)を含む政府機関と契約しているアマゾンが最有力候補とみられていた。

 あまりにも大型なプロジェクトだけに入札企業間では熾烈な戦いが繰り広げられ、契約企業の決定までに時間がかかった。最終段階に残っていたIBMとオラクルが不服申立てをしたため連邦請求裁判所と米政府監査院の審査を通すことになったり、共和党議員によるロビー活動が繰り広げられたり、国防長官の息子が入札に参加しているIBMの元社員だったことが判明したりと、次から次へと問題が持ち上がった。

 この大型契約を射止めたマイクロソフトとは反対に、この契約獲得を視野にいれ、国防省のあるバージニア州に第二本社を建設するなどの新事業展開を進めていたアマゾン社には大打撃となるとみられている。今回の決定には、アマゾンCEOジェフ・ベゾス氏を以前から攻撃しているトランプ大統領が職権を乱用して「アマゾンを契約から外すように指示をした」という噂も出ており、ベゾス氏がオーナーのワシントン・ポスト紙はもちろん、米メディア各紙が「トランプ大統領がJEDIの裁定に介入した可能性があり、法律違反になり得る」と非難している。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


軍事大国アメリカらしい企業の取り組みとペンタゴン豆知識

軍事大国アメリカらしい企業の取り組みとペンタゴン豆知識

軍事大国アメリカでは「ペンタゴン(軍隊)式」と呼ばれるものが、あらゆる領域に数多く存在する。なかでも特にメンタル・トレーニングの領域は、ビジネスパーソンにも人気が高い。国防総省の現役キャリアが、そんなペンタゴン式「心の鍛え方」を指南する!


トランプ大統領の大好物は?

トランプ大統領の大好物は?

デイビッド・アンドリューズの「You are what you eat/食は人なり」 自然をこよなく愛し、趣味はハイキング、そして食べることが何よりも好きな「ごく普通の会社員」である筆者が、感じたことや不思議に思ったことなどを書き綴る。一般的なアメリカ人は日々どんなことに目をとめるのだろう?そう、きっかけはいつだって食べ物なのだ。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はアメリカにおけるハロウィンの解説と、宗教色がとても強い米南部で東京・渋谷のハロウィンの写真を見せた米南部人たちの反応について。


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング