日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


「日本に帰ってきたな」と思うのは、こんな時

 私事で恐縮だが、3週間少々の一時帰国中である。在職中は、帰国できるのは夏休み限定だったため、30年ぶりに日本の秋を満喫している。そんな久々の日本滞在で、何度か「日本では一般的だが、アメリカではありえないこと」に遭遇した。今回はそのことについて書いてみたい。

 まず、最初の驚きは成田空港で入国審査を受け、スーツケースをピックアップするときだ。ベルト・コンベアの上にのって出て来るスーツケースの整然としていること! すべて向きが同じ方向に揃えられ、持ち主が引き取りやすいように置かれている。これはアメリカではありえない。そして、空港から宅急便でスーツケースを送れるシステム、東京駅での新幹線折り返し時の車両清掃、分刻みの正確なダイヤ、乗り込む際に乱れぬ乗客の列などを見て、「ああ、日本に帰ってきたな」と思うのである。

地元の酒イベントで驚愕したこととは?

 先月19日と20日、実家がある町で開催された「越後・謙信SAKEまつり」にも足を運んだ。本町商店街800メートルを歩行者天国にして、地元の25の酒蔵ブース、飲食店ブース(ピザ・惣菜・ラーメン・スイーツ・かまぼこ・豆腐・名産品など)が並ぶ。ほとんどが地元で馴染みのお店である。大勢の前で、天ぷら屋の大将が名物「するてん」を揚げ、和食料理人がだし巻きを作る。入場は無料、お酒を飲まない人も子供連れの家族も楽しめるイベントだ。私がこのイベントを通して「ああ、ここは日本だ」と実感したことを書き出してみよう。

1)この酒祭りでは、年齢証明の後、2,000円を払ってお酒のカップ(猪口)を買えば、25もの酒蔵のお酒とワインが、開催時間中(朝10時から。2日間)時間制限なしで何度でも試飲できる。アメリカでは食べ放題はあるが、アルコール類が試飲とはいえ制限なしに飲めることはありえない。そんなことをしたら、ありったけのお酒が飲まれて店がつぶれてしまうだろう。

2)アメリカの飲酒ルールは、実は非常に厳しい。特定娯楽地域(ラスベガス、ワインの街ソノマ等)を除き、公共の公園や場所での飲酒は、軽犯罪法に触れることを覚えていてほしい。サンタモニカ・ビーチの夕日を見ながら、浜辺や公園など公な場所でビールを飲むことはできないのだ。日本のお花見や酒祭りなど外で飲酒する様子を見て、アメリカ人が驚くのは、そのためだ。

3)この酒祭りの昨年度の入場者は約12万人。今年は雨模様と北陸新幹線不通の条件下でも2日間で8万人が来場した。かなりの人数が800メートルのお祭りムード100%の歩行者天国を行き交う。この全員が常に通りにいたわけではないが、いい具合に出来上がった人がいても、全く喧嘩も諍いもない。お酒で赤い顔をした大人と祭りを楽しむ子供たちがミスマッチにならないイベントは、日本ならでは。公共の場でのお酒は「たしなむ程度」の言葉通りに、皆が節制しながら呑んでいる証拠だろう。

4)ゴミがひとつも落ちていないこと。この町の土地柄が関係しているだろうが、何かを食べる時には座って食べるのが当たり前で、歩きながらの立ち食いはしない。そんな文化の中、ゴミはゴミ箱へ、または家へ持ち帰るのも当たり前のようだ。道路の端に一列に座って焼きそばを食べる子供たちが微笑ましかった。アメリカの大学に在職中、私が好きになれなかったことのひとつが、大学生が授業に飲み物や軽食を持ち込むことだ。また、大学キャンパスのカフェテリアのゴミ箱が、ランチの後は無茶苦茶になっている様子も思い出された。

 飲酒についての厳しさは、アメリカに行く人や留学生、そのご家族にこの機会を使って強調したい。50州すべてが州によって飲酒年齢が異なるため(ジョージア州では21歳が飲酒許可年齢)、特に大学生は飲酒の前にそれを確認してほしい。学生ビザで留学している学生は、例えば寮の自室でビールを飲んで、それが大学警察(University Police)に通報された場合、学生ビザを取り消されて帰国へつながることもあるので、どうぞご注意を。

この記事の寄稿者

 高校卒業までは新潟県の雪深い地域で生活。大学を卒業後、チャンスをつかみ渡米。アメリカ南東部にあるエモリー大学(Emory University)にて28年間にわたって日本語の教鞭をとり、2019年にリタイア。現在は同大学のSenior Lecture Emerita。
 夫、娘、愛犬と生活中。趣味は、バターと砂糖をたっぷり使ったアメリカンレシピの焼き菓子(パウンドケーキやクッキーなど)作り。

関連する投稿


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はアメリカにおけるハロウィンの解説と、宗教色がとても強い米南部で東京・渋谷のハロウィンの写真を見せた米南部人たちの反応について。


アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

アメリカの大学で教える「変わった授業」とは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの大学で受講できる、ちょっと変わった授業をいくつか紹介しよう。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング