民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊の米Airbnb、殺人事件を受けて民泊先でのパーティー禁止

民泊ビジネスを世界各国に広めた米Airbnb。誰でも気軽に利用できる民泊の手軽さが大きく支持されている中、宿泊とは異なる目的でレンタルする利用者がいることが以前から問題になっていた。そんな中、家主に「宿泊」と偽ってレンタルした家で開催したハロウィン・パーティーで銃撃事件が起きてしまった。


ハロウィン・パーティーで発砲事件 5人の若者が死亡

 米カリフォルニア州サンフランシスコ郊外、閑静な高級住宅街オリンダの邸宅で10月31日(ハロウィンの夜)、Airbnb経由でレンタルされた家で発砲事件が起き、5人の若者が死亡、数人が負傷した。

 地元コントラコスタ郡警察の発表によると、事件が起きた邸宅では100人以上が参加したハロウィン・パーティーが開催されていた。このパーティーはSNSで宣伝され、様々な地域から参加者が集まったとみられている。発砲が起きる前にも近所の住人から騒音の苦情が警察に寄せられていたが、警察が到着した時点で既に3人が銃撃の犠牲になっていた。11月4日の時点では銃撃犯はまだ逮捕されていない。

懸念されていた「知らない人に家を貸すリスク」が現実に

 民泊ビジネスを世界に広めた米Airbnbは、一軒家や部屋を借りる側にとっては手軽な料金や家主と知り合いになれることなど多くの利点があり、家を提供する側は短期収入が得られるという、ウィン・ウィンのビジネスモデルとしても知られている。

 しかし、顔を合わせずインターネットで簡単に予約できる気軽さゆえに、家主と事前にやりとりする内容と現実に差が出ることもある。アメリカでは、「家主に偽って家をレンタルし、大勢が集まってパーティーを開いて近所から苦情が集まる」ことも多く、以前からそれが問題視されていた。そんな中で起きたこの銃撃事件も、家の持ち主には「カリフォルニア火災から逃げている」と偽ってレンタルし、大々的にSNSで宣伝までして開催したハロウィン・パーティーだった。

Airbnb、「パーティーハウス」としての使用を禁止

 この殺人事件を受け、Airbnbのブライアン・チェスキーCEOは11月2日、Airbnbでの「パーティーハウス」を禁止するとツイートした

 チェスキー氏は一連のツイートを通じて「カリフォルニア・オリンダで木曜夜に起こった事件はおぞましい。この悲劇の影響を受けた家族や近所の人の心中を察する。Airbnbは彼らのサポートに動いている」と書き込み、パーティーハウスは禁止し、認められていないパーティーの取り締まりをさらに強化すると発表した。

 具体的にはAirbnbのリスク感知テクノロジーで引っかかった高リスク予約のマニュアル検査の拡大や、パーティーハウスに迅速に対応する専門チームの設置などを行い、レビューのプロセスも加速させることで、安全性を高める対策を取るようだ。

 アメリカでは、結婚前の独身最後の夜のバチェラー・パーティーなど、「仲間でどんちゃん騒ぎ」をする際にAirbnbで場所をレンタルすることなども問題視されていた。今後の同社のセキュリティー強化への動きが注目される。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。


米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

米大手量販店、車椅子の子供たちのためのハロウィン衣装を販売

毎年10月31日はハロウィン。アメリカでは、子供たちが思い思いの衣装を身にまとって、「トリック・オア・トリート」と言いながら近所を練り歩いてお菓子をもらう、子供たちのための恒例イベントだ。全米展開する大手量販店ターゲットでは、豊富なハロウィン衣装のラインナップに車椅子の子供たちのための衣装を加え、好評を博している。


渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

渋谷のハロウィン仮装パーティー、アメリカ南部人の感想は?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はアメリカにおけるハロウィンの解説と、宗教色がとても強い米南部で東京・渋谷のハロウィンの写真を見せた米南部人たちの反応について。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、罪のない大勢の人々が犠牲になる悲惨な銃撃事件が立て続けに起きているアメリカで、銃規制に断固として反対し続ける保守派の見解を著者が解説する。






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング