解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

解任された米マクドナルドCEO、退職金のゆくえは?

ファストフード大手の米マクドナルドは今月3日、スティーブ・イースターブルック社長兼最高経営責任者(CEO)が、部下と恋愛関係を持ったため解任したと発表した。合意の上の関係でも解任された敏腕元CEOの今回のニュースを巡り、現在の米企業各社のコンプライアンス重視の気運が見てとれる。


株価を2倍に上げたCEOでも厳しい処置

 ファストフード大手の米マクドナルドは今月3日、スティーブ・イースターブルック社長兼最高経営責任者(CEO)が、部下と恋愛関係を持ったため解雇したと発表した。同社は「2人が関係を持ったのは合意のもとだった」と説明したが、それは同社の社則に触れることであり、トップとしての「判断力に欠けている」ことを示したと述べた。

 イースターブルック氏はイギリス人で52歳、英オックスフォード大学客員研究員にも名を連ね、妻とは最近になって離婚しているため現在は独身だ。同氏は全社員宛ての電子メールで事実を認めた上で、関係を持ったことは過ちだったと伝え、「マクドナルドの価値基準に基づき、自分は次の場所へと動く時期だという役員会の判断に合意した」と書いたという。

 1993年にロンドンの財務担当マネジャーとしてマクドナルドに入り、頭角を見せて昇進したが、2011年に退職。イギリスの有名飲食店チェーンなどで社長を務めた後、2013年にマクドナルドに復帰し、2015年に社長兼CEOに就任。それ以降、メニューや店舗の改革、Uber Eatsなどと組んだデリバリーサービスやモバイル決済などを導入し、同社の株価は2倍以上に上昇した。

高給取りだった同氏が受け取る退職金は?

 同社への貢献が大きく評価されているイースターブルック氏だが、同氏は高給取りとして知られていた。2017年の年収は21.8ミリオンドル(日本円で約24億円)、2018年の年収は15.9ミリオンドル(約17億円)で、同社の一般的な従業員の平均年収7,500ドル(約80万円)の2,000倍以上の報酬だと批判の対象にもなっていた。

 同氏の退職に際しては、2年間はマクドナルドの競争相手となりうるコンビニやコーヒーショップを含むいかなる飲食業にも就いてならないという規定があるため、26週間分の退職金が用意されることになっている。今回は社内規約に違反した理由の解任であるため、退職金が減額される可能性もあるが、同氏は米大手量販店ウォルマートの取締役も勤めているため、今後、飲食業界で2年間働けなくとも生活に困ることはないだろう。

 同氏の後任には、これまでマクドナルドUSA社長を務めていたクリス・ケンプチンスキー氏が就任した。

「#Me Too」ムーブメント以降の大きな変化

 アメリカでは昨年、インテルのブライアン・クルザニッチCEO(当時)が、従業員と合意の下で恋愛的な関係となり、社則に違反したとして解雇されている。

 米国の法律家や社内規約の専門家たちは、「#Me Too」ムーブメント以降、多くの米企業が従来よりも社内恋愛などの社則の管理に重きを置いていると話している。この動きは今後、ますます強化されていきそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

「健康維持と環境保護ができる代替肉ブーム」が、北米で止まらない勢いを見せている。なかでも、植物ベースの代替肉としてベジタリアンやヴィーガンなどの健康志向の人たちを中心に大人気の「ビヨンド・ミート」は、今年5月に上場して以来、株価が2カ月弱で9倍にまで上昇。一時はIPO幹事行が投資判断を引き下げたほど注目が集まっている。


アメリカ人がリタイア後に暮らしたい場所は?

アメリカ人がリタイア後に暮らしたい場所は?

将来、「海外でのリタイア」を夢みる人は、少なからずいるだろう。アメリカで引退することを考えた場合、日本人ならば理想の場所として、ハワイやカリフォルニアなどを思い浮かべるかもしれない。しかし、この2州は見方によっては「最も住むべきではない州」らしい。少なくともアメリカ人の多くが敬遠する、その理由とは?


ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

ワッパーが1円! バーガーキング、カンヌ広告グランプリ受賞

米バーガーキングがキャンペーンで採用した“トンデモナイ発想から生まれた冗談のようなアプリ特典”が、カンヌ・ライオンズ広告賞を受賞した。同社の宿敵であるハンバーガー・チェーンの王者マクドナルドの店員たちと、バーガーキングのワッパーを求める客たちの両者を大混乱させたお騒がせアプリ特典とは?


あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

あのバーガーキングが肉なしのバーガーを発売!?

世界のファストフードを牽引する大手チェーンのひとつ、バーガーキングが、「肉の入っていないバーガー」の販売を試験的に開始。「あのバーガーキングが肉なしを?」と驚きの声が上がっているが、肉を避ける動きは世界中に広がりつつある。植物原料で作ったパテを使用した肉なしハンバーガーで、同社は健康志向の客の取り込みを目指せるか?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング