14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

14歳の少女による発明が優勝! 賞金25,000ドル

若者たちの科学、技術、エンジニアリング、数学の力を伸ばす「STEM教育」に力を入れているアメリカでは、全米各地でSTEM系のコンテストが開催されている。そんな中、「お母さんのために」と思いついた「死角をなくす」発明が評価された14歳の少女に25,000ドル(約270万円)の賞金が授与された。


運転を嫌がるお母さんを助けてあげたい

 STEM教育の普及を支援するブロードコム財団ソサエティー フォー サイエンス&パブリックによる「2019年 ナショナル・ブロードコム・マスターズ・コンテスト」で、米ペンシルベニア州在住のアラニア・ギャスラーさん(14歳)の発明が優勝し、賞金25,000ドル(約270万円)が授与された。

 ギャスラーさんの発明は、車を運転中の死角をなくすというもの。「ママが家のジープを運転したがらないこと」から、どうすればママのためにSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)にある死角を失くせるかについて考えはじめたという。

 SUVには、フロントガラスが潰れないように支える「アルファベットのA」 のような形をした、Aピラー(フロントガラスとドアについたガラス窓の間)があり、普通に座って運転すると、バックミラーやサイドミラーでは確認できないスポットが生まれる。ギャスラーさんは、ウェブカムやプロジェクター、3Dプリント・アダプター、再帰反射繊維などを使って、この死角を作る箇所に映像が映るような仕組みを作り出した。そのギャスラーさんの発明が見られる映像はこちら。

女子生徒も活躍する理数系コンテスト

 「死角ができてしまうAピラーを車から取り外すことはできないので、取り外さなくても見えるようにしたの」と、ギャスラーさん。このフレキシブルな考え方が、新しい発明に繋がったのだろう。

 このコンテストには全米の47州から2,348人の応募があり、30人のファイナリストが選ばれた(少女18人、少年12人)。その中から優勝者のギャスラーさんのほか4人の学生(共に14歳)が様々な発明や研究が評価され、それぞれ1万ドル(約110万円)の賞金を獲得した。また、このコンテストのファイナリストに選ばれた30名の学生たちが所属している各学校へも、さらなるSTEM教育の促進を願って財団から1,000ドル(約10万円)が寄付された。

 がんばった学生たちには、大人顔負けな金額の賞金を授与し、その学生たちをコンテストへ送り出した学校も評価する。STEM教育を広げようとするアメリカらしい推進法だ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?








最新の投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング