植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


植物性ミルク購入者の約半数が牛乳よりもヘルシーだと考えている

 アメリカでは肉も魚も乳製品も食さない「ビーガン」と呼ばれる菜食主義者や、ラクトース(乳糖)の摂取を避ける人たちのために、植物から作られたミルクの代用飲料が数多く販売されている。昨年のコンシューマー・レポートの市場調査によると、2012年からの6年間で植物ミルクの消費は61%も増加したという。

 日本でも馴染みのある豆乳をはじめ、アメリカではミルクの代用飲料にココナッツやアーモンドから採取したミルクや、えん麦(からす麦)から作られたオーツ・ミルク、米から作ったライス・ミルクなども支持されている。商品名には「ミルク」と書かれているが、もちろん植物性ミルクは「ミルク」ではない。

 ラクトース不耐症などの健康上の理由をのぞいて、アメリカで植物性ミルクが支持される三大理由は、牛や羊などの動物から絞られた乳を飲まないことは動物虐待ではないこと(Cruelty-Free)、植物は家畜よりも地球環境に優しいこと(牛の家畜によるメタンガス放出問題などがあるため)、牛乳に入っている飽和脂肪やホルモン、抗生物質が入っていないためヘルシーだと言うこと。しかし前述のコンシューマー・レポートが先月、「植物性ミルクは必ずしもヘルシーとはいえない」という記事を出し、健康を気にする人たちの注目が集まった。

植物性ミルクの方がヘルシーとは限らない?

 植物性ミルクは、飲みやすくするためにフレーバーや加糖されている商品が多い。また、内容成分を安定させるために、腎疾患や心臓病などを引き起こす可能性があるリン酸三カルシウム、リン酸二ナトリウムなどが使われているものもある。様々な栄養素が加えられているが、その分量はすべてが牛乳と同じかそれ以上だとは言えないという。

 なかでも「環境保護の視点から牛乳を飲まない人」が多いが、ウィスコンシン・マディソン大学の研究によると、豆乳とオーツ・ミルクは牛乳よりも少ない水量と少ない温室効果ガスで環境に優しいが、最も人気が高いアーモンド・ミルクは、牛乳や豆乳よりも多くの水を使用して栽培するため、必ずしも環境に優しいとはいえないそうだ。

 コンシューマー・レポートの結論は、ラクトース(乳糖)の摂取を避ける必要があるなど健康上の問題がなければ、牛乳は栄養価が高い飲み物であること、植物ミルクを購入するならば、「内容表示をよく読み、オーガニックで無加糖、添加物が少なく、なるべく栄養価が高いものを選ぶことが必要」だとアドバイスしている。すべてを満たす代替飲料は、まだないということのようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

それ、ほんと? アメリカ人の約半数が下着を毎日は取り替えない?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は先日、米有名紙が掲載した下着に関するアンケート記事を読んで驚愕したというお話。


環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

環境問題をまじめに考えるアメリカの若者たち 

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回はアメリカの若者たちの環境問題への意識の高さや具体的な行動について。


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング