植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

植物性ミルクは、牛乳よりヘルシーなのか?

アメリカではヘルシー志向や健康上の理由から乳製品を避ける人口が増え、今ではどのスーパーマーケットに行っても、植物から作られた牛乳の代用飲料がずらりと並んでいる。豆乳、ココナッツ・ミルク、アーモンド・ミルク、オーツ・ミルク、米ミルク……。植物性ミルクは、牛乳よりもヘルシーなのだろうか?


植物性ミルク購入者の約半数が牛乳よりもヘルシーだと考えている

 アメリカでは肉も魚も乳製品も食さない「ビーガン」と呼ばれる菜食主義者や、ラクトース(乳糖)の摂取を避ける人たちのために、植物から作られたミルクの代用飲料が数多く販売されている。昨年のコンシューマー・レポートの市場調査によると、2012年からの6年間で植物ミルクの消費は61%も増加したという。

 日本でも馴染みのある豆乳をはじめ、アメリカではミルクの代用飲料にココナッツやアーモンドから採取したミルクや、えん麦(からす麦)から作られたオーツ・ミルク、米から作ったライス・ミルクなども支持されている。商品名には「ミルク」と書かれているが、もちろん植物性ミルクは「ミルク」ではない。

 ラクトース不耐症などの健康上の理由をのぞいて、アメリカで植物性ミルクが支持される三大理由は、牛や羊などの動物から絞られた乳を飲まないことは動物虐待ではないこと(Cruelty-Free)、植物は家畜よりも地球環境に優しいこと(牛の家畜によるメタンガス放出問題などがあるため)、牛乳に入っている飽和脂肪やホルモン、抗生物質が入っていないためヘルシーだと言うこと。しかし前述のコンシューマー・レポートが先月、「植物性ミルクは必ずしもヘルシーとはいえない」という記事を出し、健康を気にする人たちの注目が集まった。

植物性ミルクの方がヘルシーとは限らない?

 植物性ミルクは、飲みやすくするためにフレーバーや加糖されている商品が多い。また、内容成分を安定させるために、腎疾患や心臓病などを引き起こす可能性があるリン酸三カルシウム、リン酸二ナトリウムなどが使われているものもある。様々な栄養素が加えられているが、その分量はすべてが牛乳と同じかそれ以上だとは言えないという。

 なかでも「環境保護の視点から牛乳を飲まない人」が多いが、ウィスコンシン・マディソン大学の研究によると、豆乳とオーツ・ミルクは牛乳よりも少ない水量と少ない温室効果ガスで環境に優しいが、最も人気が高いアーモンド・ミルクは、牛乳や豆乳よりも多くの水を使用して栽培するため、必ずしも環境に優しいとはいえないそうだ。

 コンシューマー・レポートの結論は、ラクトース(乳糖)の摂取を避ける必要があるなど健康上の問題がなければ、牛乳は栄養価が高い飲み物であること、植物ミルクを購入するならば、「内容表示をよく読み、オーガニックで無加糖、添加物が少なく、なるべく栄養価が高いものを選ぶことが必要」だとアドバイスしている。すべてを満たす代替飲料は、まだないということのようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

気候変動対策を訴える若者たち:沈黙を続けるトランプ大統領と仲間たち

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、気候変動への対策を訴えるスウェーデンの少女、グレタ・トゥーンベリさんら若者たちの話を聞こうとしない米大統領や政治家たちについて。


無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

お年寄りが大切にしていたペットが、飼い主の病気や死去のため、行き場を失ってしまうことがある。飼い主とともに高齢になったペットは、新しい貰い手を見つけるのが特に大変だ。アメリカには動物愛護団体が多いが、高齢のペットを支援している非営利団体もある。その活動内容は、高齢化が進む日本でも何かのヒントになるかも知れない。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。






最新の投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング