元FBI長官が証言! 大統領がロシア疑惑の調査中止を示唆

元FBI長官が証言! 大統領がロシア疑惑の調査中止を示唆

引用元『Comey’s Revenge: Measuring Obstruction 』:http://www.newyorker.com/news/news-desk/comeys-revenge-measuring-obstruction


 2016年のアメリカ大統領選にロシアが介入してトランプ大統領の当選を後押しした疑惑をめぐり、アメリカ連邦捜査局(FBI)元長官のジェームズ・コミー氏が6月8日、上院・情報特別委員会の公聴会に出席した。この公聴会は、トランプ大統領がFBIの捜査に対して司法妨害(個人が進行中の捜査を妨害する目的で不正に働きかける行為)を行ったかどうかを調査する目的で開かれたもの。

 コミー元FBI長官はトランプ大統領側とロシアとの関係について調査を進めていたが、5月上旬、トランプ大統領は突如コミー氏を解任した。解任理由にはクリントン元国務長官のEメール問題に対する対応の不備などが挙げられたが、ロシアとの接触を隠していたことで既に解任されたマイケル・フリン前大統領補佐官らトランプ大統領の側近と、大統領自身に捜査が及ぶことを避けようとしたとの疑惑が指摘され、真相を究明する動きが議会でも強まっていた。
 今回の公聴会証言に先立ち、コミー氏はFBI長官在任中にトランプ大統領と交わした会話内容を記した通称「コミー・メモ」と呼ばれる書類(リンク下記)を提出していたが、公聴会でコミー氏が新たな証言をするか否かに注目が集まった。

 今年1月、コミー氏をはじめとする情報機関幹部らが、トランプ大統領らに対し、大統領選にロシアが介入した疑いがあることや、ロシア側がトランプ大統領のわいせつな情報などを入手している可能性があることについて説明した。そして2月14日、ホワイトハウスの大統領執務室にて、トランプ大統領が執務室にいたコミー氏以外の全員を退出させてから、フリン前大統領補佐官について「彼はいい奴だ」、「この件は放っておいて欲しい」などと言い、コミー氏はこれを「フリン氏とロシアとの関係に関する捜査から手を引くよう、大統領からの(捜査中止の)指示だと受け止めた」と証言した。
 公聴会ではトランプ大統領を支持する共和党議員が「大統領が使用したhope(希望)という単語は捜査中止への指示を示唆する単語ではない」ことを指摘。それに対してコミー氏は「私はそれを指示だと受け取った。彼が私にそうして欲しいのだと解釈した」と回答した。大統領を支持する共和党議員の中でも「大統領は執務室から全員を退出させるべきではなく、手を引くように即すべきではなかった」とコメントする議員も出るなか、トランプ大統領の個人弁護士は報道陣に対してEメールで「大統領はコミー氏に“私が必要としているのは忠誠心、期待しているのも忠誠心だ”とは言っていない。調査を辞める指示も出していない。コミー氏は宣誓に背いて嘘をついている」とのステートメントを送付した。

コミー氏の証言はこれから時間をかけて検証されるが、これによってトランプ大統領の選挙戦におけるロシアとの関係から、その調査を辞めさせる指示を出したか否かという“大統領としての行動”へ焦点が移行するだろう。

■コミー氏が公聴会に提出した書類
https://www.intelligence.senate.gov/sites/default/files/documents/os-jcomey-060817.pdf

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


トランプ大統領 FBI ロシア

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見


1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング