ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

アメリカではミレニアルやZ世代が、ベビーブーム世代を揶揄する「OKブーマー(boomer)」というスラングがSNSの「TikTok」で大ブレイク。先週、ニュージーランド議会で若手女性議員が、自分にヤジを飛ばした年配議員に一言、「OK、ブーマー」と言い放って黙らせた映像がSNSで世界に拡散されたことも手伝い、「OK BOOMER」グッズの人気が爆発中だ。


「自分は逃げ切れる」と考える年配者の意見は、もう聞かない!

 今月5日、ニュージーランド議会で25歳のクロエ・スウォーブリック議員が、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロをめざす気候変動問題関連法案を支持するスピーチをした。同議員が、「多くの指導者が何十年も前から、これから起きることを知りながら黙っていた方が政治的に都合がいいとしてきた。でも私の世代、そしてその後に続く世代にそんな余裕はない。私は2050年になっても、まだ56歳だ」と、年配議員やリーダーたちの行動を非難したときに、ヤジを飛ばしてきた年配議員がいた。それに対してスワーブリック議員は、「OK、ブーマー(boomer)」とたった一言で黙らせ、スピーチを続けた。その様子を映した映像がたちまちSNSで世界に拡散。「まさに僕らの気持ちの代弁者!」と若者たちの大きな支持を得た。その映像はこちら。

ミレニアル世代に支持される「OK BOOMER」グッズ

 アメリカではそれ以前からミレニアル世代が、1946年〜64年生まれの米ベビーブーム世代の「上から目線ぶり」を揶揄する動画がSNSの「TikTok」で話題になっていた。 。TikTokでみるみるうちにベビーブーマー世代の人たちのダメさを挙げ、最後に「OK Boomer!」と入れる投稿が広がり、そこからツイッターやインスタグラムに#okboomerのハッシュタグで広がった(現在も絶賛拡散中)。

 今年9月には、ニューヨークの国連本部でスウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥンベリさんが「大人たちは気候変動を食い止める行動をしない。若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めている。私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない」とスピーチしたのは記憶に新しい。それが、ミレニアル世代から大きな支持を受けたという背景もあるため、先のスウォーブリック議員の発言をきっかけに、「OK Boomer!」はムーブメントになりそうな勢いだ。

 北米では既にさまざまなデザインの「OK BOOMER」シャツやパーカー、タオルなどが販売され、大人気。ネット販売大手の米アマゾンドットコムでは、「OK BOOMER」と検索するだけで、「OK BOOMER」と書かれたTシャツやパーカーなどが500アイテムも出てくる。

 この#OKBoomerが#MeTooのように一国の法律や規約を変えるほどの勢いをもつムーブメントに発展すれば、気候変動への取り組みや議会の仕組みにも何らかの影響を及ぼすかもしれない。さて、どういう発展を見せるだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……






最新の投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング