ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

アメリカではミレニアルやZ世代が、ベビーブーム世代を揶揄する「OKブーマー(boomer)」というスラングがSNSの「TikTok」で大ブレイク。先週、ニュージーランド議会で若手女性議員が、自分にヤジを飛ばした年配議員に一言、「OK、ブーマー」と言い放って黙らせた映像がSNSで世界に拡散されたことも手伝い、「OK BOOMER」グッズの人気が爆発中だ。


「自分は逃げ切れる」と考える年配者の意見は、もう聞かない!

 今月5日、ニュージーランド議会で25歳のクロエ・スウォーブリック議員が、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロをめざす気候変動問題関連法案を支持するスピーチをした。同議員が、「多くの指導者が何十年も前から、これから起きることを知りながら黙っていた方が政治的に都合がいいとしてきた。でも私の世代、そしてその後に続く世代にそんな余裕はない。私は2050年になっても、まだ56歳だ」と、年配議員やリーダーたちの行動を非難したときに、ヤジを飛ばしてきた年配議員がいた。それに対してスワーブリック議員は、「OK、ブーマー(boomer)」とたった一言で黙らせ、スピーチを続けた。その様子を映した映像がたちまちSNSで世界に拡散。「まさに僕らの気持ちの代弁者!」と若者たちの大きな支持を得た。その映像はこちら。

ミレニアル世代に支持される「OK BOOMER」グッズ

 アメリカではそれ以前からミレニアル世代が、1946年〜64年生まれの米ベビーブーム世代の「上から目線ぶり」を揶揄する動画がSNSの「TikTok」で話題になっていた。 。TikTokでみるみるうちにベビーブーマー世代の人たちのダメさを挙げ、最後に「OK Boomer!」と入れる投稿が広がり、そこからツイッターやインスタグラムに#okboomerのハッシュタグで広がった(現在も絶賛拡散中)。

 今年9月には、ニューヨークの国連本部でスウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥンベリさんが「大人たちは気候変動を食い止める行動をしない。若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めている。私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない」とスピーチしたのは記憶に新しい。それが、ミレニアル世代から大きな支持を受けたという背景もあるため、先のスウォーブリック議員の発言をきっかけに、「OK Boomer!」はムーブメントになりそうな勢いだ。

 北米では既にさまざまなデザインの「OK BOOMER」シャツやパーカー、タオルなどが販売され、大人気。ネット販売大手の米アマゾンドットコムでは、「OK BOOMER」と検索するだけで、「OK BOOMER」と書かれたTシャツやパーカーなどが500アイテムも出てくる。

 この#OKBoomerが#MeTooのように一国の法律や規約を変えるほどの勢いをもつムーブメントに発展すれば、気候変動への取り組みや議会の仕組みにも何らかの影響を及ぼすかもしれない。さて、どういう発展を見せるだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング