ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

ベビーブーマー老人は黙れ!「OK、ブーマー」グッズ、若者に人気爆発

アメリカではミレニアルやZ世代が、ベビーブーム世代を揶揄する「OKブーマー(boomer)」というスラングがSNSの「TikTok」で大ブレイク。先週、ニュージーランド議会で若手女性議員が、自分にヤジを飛ばした年配議員に一言、「OK、ブーマー」と言い放って黙らせた映像がSNSで世界に拡散されたことも手伝い、「OK BOOMER」グッズの人気が爆発中だ。


「自分は逃げ切れる」と考える年配者の意見は、もう聞かない!

 今月5日、ニュージーランド議会で25歳のクロエ・スウォーブリック議員が、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロをめざす気候変動問題関連法案を支持するスピーチをした。同議員が、「多くの指導者が何十年も前から、これから起きることを知りながら黙っていた方が政治的に都合がいいとしてきた。でも私の世代、そしてその後に続く世代にそんな余裕はない。私は2050年になっても、まだ56歳だ」と、年配議員やリーダーたちの行動を非難したときに、ヤジを飛ばしてきた年配議員がいた。それに対してスワーブリック議員は、「OK、ブーマー(boomer)」とたった一言で黙らせ、スピーチを続けた。その様子を映した映像がたちまちSNSで世界に拡散。「まさに僕らの気持ちの代弁者!」と若者たちの大きな支持を得た。その映像はこちら。

ミレニアル世代に支持される「OK BOOMER」グッズ

 アメリカではそれ以前からミレニアル世代が、1946年〜64年生まれの米ベビーブーム世代の「上から目線ぶり」を揶揄する動画がSNSの「TikTok」で話題になっていた。 。TikTokでみるみるうちにベビーブーマー世代の人たちのダメさを挙げ、最後に「OK Boomer!」と入れる投稿が広がり、そこからツイッターやインスタグラムに#okboomerのハッシュタグで広がった(現在も絶賛拡散中)。

 今年9月には、ニューヨークの国連本部でスウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥンベリさんが「大人たちは気候変動を食い止める行動をしない。若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めている。私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない」とスピーチしたのは記憶に新しい。それが、ミレニアル世代から大きな支持を受けたという背景もあるため、先のスウォーブリック議員の発言をきっかけに、「OK Boomer!」はムーブメントになりそうな勢いだ。

 北米では既にさまざまなデザインの「OK BOOMER」シャツやパーカー、タオルなどが販売され、大人気。ネット販売大手の米アマゾンドットコムでは、「OK BOOMER」と検索するだけで、「OK BOOMER」と書かれたTシャツやパーカーなどが500アイテムも出てくる。

 この#OKBoomerが#MeTooのように一国の法律や規約を変えるほどの勢いをもつムーブメントに発展すれば、気候変動への取り組みや議会の仕組みにも何らかの影響を及ぼすかもしれない。さて、どういう発展を見せるだろうか。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング