米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


カタログで紹介されている商品には値段の記載がない

Amazon

 カタログは一見すると、よくある「年末ギフトカタログ」のようにしか見えない。80ページからなる内容はすべてオモチャで、カタログはもちろんユーザーである「親」宛てに届く。しかし、よく見ると、このカタログに記載された商品には「値段」が一切記載されていないのだ。

 しかも、子供たちが自分が欲しいオモチャに目印をつけるために使うステッカーや、欲しいプレゼントを書き出す「ウィッシュ・リスト」カードがついていたり、アマゾン社の配送用段ボールを再利用して作る「熊」のコスチュームの作り方が掲載されている。つまり、このカタログの利用者ターゲットは親ではなく、子供たちなのだ。

QRコードでショッピング・サイトに誘導、値段はそこで確認

 気になる商品の値段は、オンラインの特設ページで確認するか、アマゾンドットコム・アプリ専用の「スマイルコード」と呼ばれるQRコードでチェックできるようになっている。もちろんアマゾンのAI、アレクサにオーダーを依頼することもでき、大人が関わるべきことは、すべてテック対応だ。25ドル以上購入すれば、プライムメンバーでなくても送料は無料というサービスも見逃せない点といえるだろう。

 「なぜ、オンラインのアマゾンが今さらアナログなカタログを?」と思うだろうが、子供をターゲットにしている点では、「プレゼントを期待する子供たちが、値段を気にしながらカタログを見る必要がない」という、これほど良くできたマーケティング・ツールはないと言えるだろう。子供にとっては「楽しい」が一番なのだから。

 ちなみに、このカタログの表紙を開いた1ページ目には、こんな言葉が書いてある。

「ひとたびページをめくれば、年末ホリデーの夢が生まれる世界に入れるよ。クッキーを高く積み上げて、ココアを準備して。キミはきっとこの“本”を2回はチェックするはずだから!」

この記事の寄稿者

関連する投稿


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

待望のレディー・ガガ、オリジナル美容ブランドがアマゾンでデビュー

世界的に有名な米女性歌手、レディー・ガガ。楽曲やパフォーマンスはもちろん、ファッショニスタとしても注目される彼女自身のプロデュースによる初のビューティー・ブランド「Haus Laboratories」がローンチする。しかも、アマゾン・ドットコム社の独占販売になるという。


アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アマゾン・ドットコムで家が買える時代に

アメリカン・ドリームと聞いて多くの人がイメージするのは、「広い庭やプールがついた大きな家」。しかし時代の流れと共にこうした考え方は変わりつつあり、「必要最低限のものがあれば生活できる。家も小さい方が良い」と考える人がアメリカでも増えつつある。そんな時代の変化を象徴するのが、アマゾン・ドットコムで売られている家かもしれない。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング