米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


カタログで紹介されている商品には値段の記載がない

Amazon

 カタログは一見すると、よくある「年末ギフトカタログ」のようにしか見えない。80ページからなる内容はすべてオモチャで、カタログはもちろんユーザーである「親」宛てに届く。しかし、よく見ると、このカタログに記載された商品には「値段」が一切記載されていないのだ。

 しかも、子供たちが自分が欲しいオモチャに目印をつけるために使うステッカーや、欲しいプレゼントを書き出す「ウィッシュ・リスト」カードがついていたり、アマゾン社の配送用段ボールを再利用して作る「熊」のコスチュームの作り方が掲載されている。つまり、このカタログの利用者ターゲットは親ではなく、子供たちなのだ。

QRコードでショッピング・サイトに誘導、値段はそこで確認

 気になる商品の値段は、オンラインの特設ページで確認するか、アマゾンドットコム・アプリ専用の「スマイルコード」と呼ばれるQRコードでチェックできるようになっている。もちろんアマゾンのAI、アレクサにオーダーを依頼することもでき、大人が関わるべきことは、すべてテック対応だ。25ドル以上購入すれば、プライムメンバーでなくても送料は無料というサービスも見逃せない点といえるだろう。

 「なぜ、オンラインのアマゾンが今さらアナログなカタログを?」と思うだろうが、子供をターゲットにしている点では、「プレゼントを期待する子供たちが、値段を気にしながらカタログを見る必要がない」という、これほど良くできたマーケティング・ツールはないと言えるだろう。子供にとっては「楽しい」が一番なのだから。

 ちなみに、このカタログの表紙を開いた1ページ目には、こんな言葉が書いてある。

「ひとたびページをめくれば、年末ホリデーの夢が生まれる世界に入れるよ。クッキーを高く積み上げて、ココアを準備して。キミはきっとこの“本”を2回はチェックするはずだから!」

この記事の寄稿者

関連する投稿


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

手書きだけどテック! ミレニアルが支持する今どきの「お手紙」アプリ

デジタル化が普及してからは、手書きで手紙やカードを書く機会が明らかに減ってきた。しかし、その「手書きの特別感」に気づいたミレニアル世代たちの間で、いくつかの便利なアプリが人気を博している。


今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

今年のプライムデーに最も売れた商品とは?

先月開催されたアマゾン・ドットコム社による恒例の大バーゲン、アマゾン・プライムデー。毎年、たった1日で爆発的に売れた商品がいくつか出現するので、話題になる。今年アメリカで飛び抜けて売れた商品を紹介しよう。


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。






最新の投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング