ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


この背景でセルフィーを撮れば、SNSで目立つこと間違いなし!

 今年始めに米ロサンゼルス・ハリウッドにオープンした「セルフィー・ミュージアム」。その成功に続けと先月25日、ラスベガスの観光の中心地、ストリップにあるミラクル・マイル・ショップス内に「セルフィー・ミュージアム」がオープンした。

 絵画や彫刻などの美術作品が飾られたミュージアムでは展示物を守るために「セルフィー禁止」のところが多いが、ここは「セルフィーを撮るため」に作られたミュージアムだ。上下が反対に見える部屋や、絵文字のプール、イルージョンのバスルームなど、様々な背景やセットが用意されており、アングルやポーズも自由にセルフィーを撮ることができる。なかには、「セルフィーを撮ろうとして後ろの彫刻を倒してしまったように見えるセット」もあるという面白いミュージアムだ。

セルフィーが大好きな人たちには堪らないエンタメ

 ラスベガスのセルフィー・ミュージアムの入場料は大人$23(日本円で約2,500円)、子供$17(約1,800円)、ハリウッドは大人$25(約2,700円)、子供$20(約2,200円)。セルフィーを撮るための自前のセルフィー・スティックの持ち込みはもちろんOKだが、ギフトショップではスティックのレンタルもしている。

 複数のアーティストが作ったセットの中には、米人気番組「ゲーム・オブ・スローン」の王座もある。そんなアメリカならではの場所で、とっておきのセルフィーを撮って旅の思い出を作ってみては?

この記事の寄稿者

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年の年収28億円! 驚異の8歳児ユーチューバー

今年最も稼いだユーチューバーの世界ランキングが発表された。1位はアメリカの8歳児で年収は2,600万ドル(約28億円)! ランキングの3位はロシアの5歳児で1,800万ドル(約20億円)だった。子供たちが稼いだ金額の高さに多くのため息がもれている。


環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?






最新の投稿


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

【Red vs. Blue】コロナウイルスで混乱するアメリカと渡航禁止令

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領による渡航禁止令で混乱するアメリカ、事前警告がなかったと困惑するEUの件などについて。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

12星座「ハリウッド開運術」2020年3月の運勢

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。星座が織りなす神秘のメッセージが、あなたを幸せへと導きます!


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング