ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


この背景でセルフィーを撮れば、SNSで目立つこと間違いなし!

 今年始めに米ロサンゼルス・ハリウッドにオープンした「セルフィー・ミュージアム」。その成功に続けと先月25日、ラスベガスの観光の中心地、ストリップにあるミラクル・マイル・ショップス内に「セルフィー・ミュージアム」がオープンした。

 絵画や彫刻などの美術作品が飾られたミュージアムでは展示物を守るために「セルフィー禁止」のところが多いが、ここは「セルフィーを撮るため」に作られたミュージアムだ。上下が反対に見える部屋や、絵文字のプール、イルージョンのバスルームなど、様々な背景やセットが用意されており、アングルやポーズも自由にセルフィーを撮ることができる。なかには、「セルフィーを撮ろうとして後ろの彫刻を倒してしまったように見えるセット」もあるという面白いミュージアムだ。

セルフィーが大好きな人たちには堪らないエンタメ

 ラスベガスのセルフィー・ミュージアムの入場料は大人$23(日本円で約2,500円)、子供$17(約1,800円)、ハリウッドは大人$25(約2,700円)、子供$20(約2,200円)。セルフィーを撮るための自前のセルフィー・スティックの持ち込みはもちろんOKだが、ギフトショップではスティックのレンタルもしている。

 複数のアーティストが作ったセットの中には、米人気番組「ゲーム・オブ・スローン」の王座もある。そんなアメリカならではの場所で、とっておきのセルフィーを撮って旅の思い出を作ってみては?

この記事の寄稿者

関連する投稿


悲惨な事件写真をツイートする前に、まず考えよう!

悲惨な事件写真をツイートする前に、まず考えよう!

引用元『Think Before You Tweet In the Wake of an Attack.』: https://goo.gl/vqcm8U



アメリカ人は孤独?! 石と語り合う人が急増中

アメリカ人は孤独?! 石と語り合う人が急増中

夏休み目前のアメリカ。今年も様々な子供向けプログラムが、あちこちで開催されはじめた。そんな中でも昨今、人気があるのが「石ころアート教室」。石にペイントしたり、ステッカーを貼ったりして、アート作品に仕上げるというもの。ところがこの石のアート、最近は思わぬ形で大人の需要が増えているらしい。


アメリカ次期大統領にザ・ロックを!

アメリカ次期大統領にザ・ロックを!

引用元『Dwayne Johnson for President!』:http://www.gq.com/story/dwayne-johnson-for-president-cover


アメリカで話題の本!『Me We Do Be』

アメリカで話題の本!『Me We Do Be』

「Me We Do Be: The Four Cornerstones of Success」(Randall Bell著) ■Amazon: https://goo.gl/myNIzZ






最新の投稿


イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

イスラム教徒を守った白人男性2名、白人至上主義者に殺される

引用元『‘Brave and selfless’ Oregon Stabbing Victims Hailed as Heroes for Standing up to Racist Rants 』:https://goo.gl/wBGshG


アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

アメリカの情報漏えいに英国警察が警告

引用元『British police warn of 'damage' to investigation from leaks』:https://goo.gl/LLRZpe



FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法

FirstWorldProblemsと「SMART」を活用して目標を達成する方法



アクセスランキング


>>総合人気ランキング