「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第2回目は、新築よりも中古物件の方が人気ある理由を解説しよう。


アメリカでは、なぜ中古物件の方が人気が高いのか?

 「アメリカでは中古の家を改築すると価値が上がって高く売れる」という景気の良い話を聞いたことがある人も多いだろう。しかし、それは、不動産市場が沸騰しているアメリカ東西の沿岸部での話。しかも、その中の一部の地域に限られた話だと思った方が良いだろう。

 だからといって、沿岸部の大都会以外の州や地域でも中古物件は支持されていないわけではなく、不動産価格が高騰していない地域でも新居を選ぶ際に、新築よりも中古物件を選ぶ人のほうが多い。中古物件の方が新築に比べて割安であることや、人気のエリアには既にコミュニティーができていることなど理由はいろいろあるが、最大の理由は、多くの人たちが「早く引っ越して落ち着きたい」から。要はみんな時間がないからだ。

 一軒家を購入する世代は、学校に通学する子供がいることが多い。従って、子供の学校の休暇に合わせて引っ越し、新学期には新居で落ち着いていたいと考えると、与えられた期限内に家を見つけて引っ越さなくてはならない。時間的なプレッシャーを抱えている人は、工期通りには終わらないアメリカで、悠長に家を新築している時間がないのである。

こんな家は「マネーピット」。中古物件を購入する際の注意点とは?

 家の購入は大きな買い物だ。中古物件を購入後に問題が起きる家をできるだけ避けるために、注意したい点を挙げてみよう。「マネーピット」(金食い虫)の家とは、どんな家だろうか。

 家を探しているときは、購入を考える家を実際に見にいくのは当然だが、内覧をする前に家の周辺を回ってみる。その際、周辺の通りにある店舗の窓に鉄格子がついていたり、近所の家のフロントヤード(前庭)や道にごみが散らばっていたり、簡易的なフェンスが付いている家があったら要注意だ。また、ランニングや犬の散歩ではない人が道を歩いていたり、車道の表面がガタガタだったり、家の外構や芝生の手入れがされていない家が多い地域は、まず避けるべきいうサインである。

 日本から渡米して日が浅いと、人が道を歩いていることには何の違和感も覚えないかも知れないし、鉄格子を見ても「あのアンティーク調の窓の飾り、可愛いな」と思うかもしれない。私自身、その発言をしたことがあり、そのとき一緒にいたアメリカ人の友人に苦笑いされてしまった。というのも、鉄格子は泥棒防止のためのものであり、手入れをせずに汚くなったものがアンティーク調に見えただけだったからだ。今は見ればすぐ区別がつくが、渡米してきたばかりの11年前の私には区別がつかなかった。

購入後に起こりうることを事前にチェック

 中古物件には、「購入後に起こりうるハプニング」もある。

 ヒーターやお湯のシステムは日本とは異なるものが多く、たいていHVAC(全館空調)、お湯はホットウォーター・タンクが設置されているが、それぞれに寿命がある。中古物件の場合、白物家電が家にそのままついてくることが多いが、その交換時期も知っておくべきだ。忘れがちなのは屋根。屋根は築年数によって定期的に張り替える必要があるので、購入時の状態によって購入後の出費が大きく変わってしまう。それらを長年交換していない家は、HVACだけでも約$6,000~$10,000(日本円で約65万~110万円)、屋根は約$10,000(約110万円)はかかる。住む地域によっては、持ち家の前の歩道の補修費用や樹木の手入れが自費なところもあるため、そういうことを購入前に確認しておかないと、いくらあっても足りなくなってしまう、まさに「マネーピット」(金食い虫)の家となるのである。

 ちょっとした家の修理や家電のトラブル修復も、アメリカでは電話をたらい回しにされて埒が明かなかったり、作業員が時間に来なかったり、言われるまま料金を前払いしたら音信不通になるなど、トラブルが多い。しかし、そういうことをアメリカ人に言うと、同情はしてくれても、「Welcome to America !」(アメリカへようこそ!)と言われるがオチ。こういうトラブルは「アメリカあるある」なのだ。しかし、トラブルでクタクタになっていた私は「Welcome to America!」と言われても、全く嬉しくなかったが(苦笑)。

 中古の家を購入する前には、購入後に起こりえる修理や故障のときのための期間限定の保険(ホームオーナーズ・インシュランス)を売主に払ってもらうように交渉するか、自分たちで入っておくと良いだろう。そういうセイフティーネットがないと、万が一、すべての修理や交換が一度に重なってしまった際には、せっかくの家を手放すことにもなりかねないので、購入前のリサーチはしっかり行おう。

この記事の寄稿者

 東京都出身。アメリカ人航空機パイロットの婚約者の米本土転勤に伴い、一般企業を退職。K-1 Visa にて渡米したのち結婚。現在、アメリカ南部アーカンソー州在住。移住後はパイロットを夫に持つ婦人の会や、日本語補習学校を通じての活動、現地日本人や移民•マイノリティーへの支援、生活アドバイス、ネット上でのアメリカ生活に関する相談・コンサルテーション、翻訳、通訳、観光案内など、国際線パイロットの夫のスケジュールに翻弄されながらも、さまざまなボランティア活動に力を注いでいる。

関連する投稿


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?


昨年1年間で約70万人がカリフォルニアから他州へ引っ越した?!

昨年1年間で約70万人がカリフォルニアから他州へ引っ越した?!

全米最多の人口を誇り、アメリカで3番目に面積が大きいカリフォルニア州。GAFAをはじめ、世界的に有名な大企業が本社を構えることなどから税金や生活費が驚愕的に高額になったこと、そして政治面ではリベラルに偏り過ぎたことなどから、「もう、住めない!」という人が続出! 1年間で約70万人がカリフォルニアから逃げだしている。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

アップル社、地元の住宅危機とホームレス対策に約2,700億円を投資

米アップル社が、本社のあるカリフォルニア州の住宅供給危機の緩和に向け、25億ドル(日本円で約2,700億円)という巨額の資金を拠出することを発表した。同州では企業家や大企業従事者とそうでない人たちとの収入の格差が拡大し、それ以外にも様々な要因が重なって、これまで長年住んでいた家のローンやアパートの家賃が払えない人が続出。ホームレスも増加している。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング