通訳者が悲鳴 トランプ大統領の演説は直訳できない

通訳者が悲鳴 トランプ大統領の演説は直訳できない

引用元『Trump in translation: president's mangled language stumps interpreters』:https://www.theguardian.com/us-news/2017/jun/06/trump-translation-interpreters


 歴代の米大統領とは様々なことが異なるトランプ大統領は、ホワイトハウスが用意した演説台本をその通りに読まず、文章を途中で切り刻んだり、俗語や蔑称を使用してしまうことで知られている。英語がネイティブの者でも、トランプ大統領が何を言いたいのか分からないことも多く、通訳を通して大統領発言を理解しなければならない世界各国のリーダーたちはもとより、同大統領の発言や演説を各国の国民に同時通訳する通訳者たちを悩ませている。

 英語を理解する人は多いとはいえ、それでも世界の3分の2にあたる人々は通訳が必要だ。しかし、トランプ大統領が使用する俗語や蔑称、文章を完結させないまま次に進んでしまうことを公の場でどう訳せばよいのか、プロのベテラン通訳者たちは頭を抱えているという。

 たとえば、トランプ大統領がコミー元FBI長官を解雇した際、同長官のことを“nut job”(品の悪い俗語で、気が狂れた人、非常識でバカな人との意)と発言した際、日本語の同時通訳者はそれを「変人」と訳した。コミー元長官のような立場にある人物に対する一国の大統領の発言としては、この翻訳が最善の選択肢であっただろうが、実際には大統領はその言葉よりも、ずっと品位を落とした表現を使用していた。

 トランプ大統領は同じ単語を何度も繰り返し使うことでも知られており、特に多用する単語が“great”(偉大な)、 “big” (大きい)、“beautiful”(美しい)だ。CNNやABCなど米大手TV局で同時通訳を務めることも多い、東京大学の鶴田知佳子教授は、「日本語ではgreatという単語はいつくもの異なる単語で表せるため、文脈の前後関係を考慮しながら最適な訳を選んでいる」と話す。しかしトランプ大統領の同時通訳において最も問題なことのは、同大統領の発言にはロジックが欠如している点だという。同教授は「ロジックがクリアーでなかったり、文章が途中で切れたままでは、いくら先を見越して訳す訓練を受けた同時通訳者でも訳せない。トランプ大統領の発言には一貫性がないため、まるで通訳者がおかしいように聞こえてしまう」と説明し、同大統領が選挙期間中に女性の性器を指す蔑称を使った女性蔑視発言に関しては、「とても問題視している。今でも非常に不愉快」だと語った。
 
 トランプ支持者の多いインドでは、新聞やTVニュースにおいてトランプ大統領の演説全容は報道せず、短い引用を複数選択して報道するのが一般的だという。インディア・トゥデー誌のアンシュマン・ティワリ編集者は、「トランプ大統領の英語はそのままでは分かりにくいため、直接の引用は避け、こちらで言い換えてまとめる記事にしている」と話した。また、インド最大のヒンドゥー語の新聞「ダイニック・バスカー」紙のラジェッシュ・パンデイ翻訳者は、「英語だと同大統領の発言はとても分かりにくいが、それをヒンドゥー叙事詩的スタイルに直すと非常にわかりやすくなり、インドで大変受け入れやすくなる」と話している。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


トランプ大統領 インド FBI

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング