通訳者が悲鳴 トランプ大統領の演説は直訳できない

通訳者が悲鳴 トランプ大統領の演説は直訳できない

引用元『Trump in translation: president's mangled language stumps interpreters』:https://www.theguardian.com/us-news/2017/jun/06/trump-translation-interpreters


 歴代の米大統領とは様々なことが異なるトランプ大統領は、ホワイトハウスが用意した演説台本をその通りに読まず、文章を途中で切り刻んだり、俗語や蔑称を使用してしまうことで知られている。英語がネイティブの者でも、トランプ大統領が何を言いたいのか分からないことも多く、通訳を通して大統領発言を理解しなければならない世界各国のリーダーたちはもとより、同大統領の発言や演説を各国の国民に同時通訳する通訳者たちを悩ませている。

 英語を理解する人は多いとはいえ、それでも世界の3分の2にあたる人々は通訳が必要だ。しかし、トランプ大統領が使用する俗語や蔑称、文章を完結させないまま次に進んでしまうことを公の場でどう訳せばよいのか、プロのベテラン通訳者たちは頭を抱えているという。

 たとえば、トランプ大統領がコミー元FBI長官を解雇した際、同長官のことを“nut job”(品の悪い俗語で、気が狂れた人、非常識でバカな人との意)と発言した際、日本語の同時通訳者はそれを「変人」と訳した。コミー元長官のような立場にある人物に対する一国の大統領の発言としては、この翻訳が最善の選択肢であっただろうが、実際には大統領はその言葉よりも、ずっと品位を落とした表現を使用していた。

 トランプ大統領は同じ単語を何度も繰り返し使うことでも知られており、特に多用する単語が“great”(偉大な)、 “big” (大きい)、“beautiful”(美しい)だ。CNNやABCなど米大手TV局で同時通訳を務めることも多い、東京大学の鶴田知佳子教授は、「日本語ではgreatという単語はいつくもの異なる単語で表せるため、文脈の前後関係を考慮しながら最適な訳を選んでいる」と話す。しかしトランプ大統領の同時通訳において最も問題なことのは、同大統領の発言にはロジックが欠如している点だという。同教授は「ロジックがクリアーでなかったり、文章が途中で切れたままでは、いくら先を見越して訳す訓練を受けた同時通訳者でも訳せない。トランプ大統領の発言には一貫性がないため、まるで通訳者がおかしいように聞こえてしまう」と説明し、同大統領が選挙期間中に女性の性器を指す蔑称を使った女性蔑視発言に関しては、「とても問題視している。今でも非常に不愉快」だと語った。
 
 トランプ支持者の多いインドでは、新聞やTVニュースにおいてトランプ大統領の演説全容は報道せず、短い引用を複数選択して報道するのが一般的だという。インディア・トゥデー誌のアンシュマン・ティワリ編集者は、「トランプ大統領の英語はそのままでは分かりにくいため、直接の引用は避け、こちらで言い換えてまとめる記事にしている」と話した。また、インド最大のヒンドゥー語の新聞「ダイニック・バスカー」紙のラジェッシュ・パンデイ翻訳者は、「英語だと同大統領の発言はとても分かりにくいが、それをヒンドゥー叙事詩的スタイルに直すと非常にわかりやすくなり、インドで大変受け入れやすくなる」と話している。

Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


トランプ大統領 インド FBI

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


フェイスブックに政治観を明記するか否か

フェイスブックに政治観を明記するか否か

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。フェイスブックのプロフィール・ページの基本データの中にある「政治観」という欄。ここに「保守派」と堂々と書ける人とは?


「アメリカを再び偉大に」? マジか?

「アメリカを再び偉大に」? マジか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領と共和党が、アメリカが抱える様々な問題の解決には目を向けずに、「アメリカを偉大な国にしよう(Make America Great Again)」と今なお呼びかけて続けていることについて。


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

再選活動本格始動! トランプ大統領とディナーを食べたい人、募集中

毎度お騒がせのドナルド・トランプ大統領が、「彼とディナーを一緒に食べたい人」を募集している。来年の大統領選挙での再選に備えたPR活動の一環だ。公式HPで応募がスタートされるや否や、ネット上は大騒ぎになっている。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング