「空港で携帯を充電するな」の警告でUSBコンドーム人気、再浮上!

「空港で携帯を充電するな」の警告でUSBコンドーム人気、再浮上!

出張や旅行で移動中に、空港や車内に設置された電源やUSBアウトプットを利用して携帯電話やノートパソコンを充電する人は多いだろう。アメリカではロサンゼルス郡検察局が、大勢が旅行するホリデーシーズンを前に、公共機関で携帯を充電することによる詐欺被害の防止を呼びかけたところ、対策防止グッズの人気が浮上している。


手軽な値段で安心が買える?「USBコンドーム」がダントツ人気

 アメリカでは、個人情報の入手を企てる詐欺グループやハッカーが、大勢の人が集まる空港やホテルのロビー、電車の中などに設置された充電ステーションのUSBアウトプットやケーブルにマルウェア(悪意のあるソフトウェアや悪質なコード)を仕込み、そのケーブルやアウトプットを使用した人の携帯電話やノートパソコンに入っている情報をすべて盗み取るという詐欺行為が横行している。

 11月後半から年末までのホリデーシーズンには、通常よりも多くのアメリカ人が国内外を旅行するため、ロサンゼルス郡検察局が「公共機関で携帯を充電することによる詐欺被害の防止」を呼びかけたところ、それを防止する数々の商品の売り上げが上昇。なかでも、多くのメーカーが販売しているUSBのデータが入っている箇所にカバーを被せて読み取れないようにする「USBコンドーム」($6.99、日本円で約760円)など、「これさえあれば、個人情報を読み取られない」という手軽な金額の商品の人気が高く、現在、売り切れ続出のようだ。

携帯をチャージする前に「一旦、考えよう!」

 同検察局のルーク・シサック検察官は「無料の充電ステーションを安易に使用すると、銀行口座情報やパスワードが盗まれることがある」と注意を喚起するビデオを公開し、USBプラグではなく、俗に言うコンセントを使って充電することや携帯用充電器を使用するように呼びかけている。

 サイバーセキュリティ会社BitDefenderによると、プロモーションなどで配られるロゴ入りUSBにマルウェアが仕込まれていることもあるので、無料のギフトや無料サービスには細心の注意が必要だと話している。個人情報を盗まれたくなければ、おいしい話は「安かろう、悪かろう」と疑ってかかった方がよさそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

Facebookの個人情報流出事件では、その制裁金の高さに注目が集まったが、アメリカ企業であっても欧州の顧客データがあるだけで「EU一般データ保護規則(GDPR)」に従う必要があり、今、どの企業もデータ管理の再強化を迫られている。


アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカ生活に欠かせない「持ち寄り&助け合い」最強アプリ

アメリカでは、夏の行楽シーズンや、卒業・学年末などのシーズンになると「SignUpGenius(サインナップ・ジニアス)」というサイトを使ったEメールが頻繁に飛び交う。学校やサークル、ボランティア活動、様々な集会などに欠かせない便利なツールの具体的な使われ方とは?


トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

隠しカメラを探知できる! 「スパイファインダー・プロ」

「隠しカメラで盗撮された映像がSNSで拡散された」という被害が後を絶たない昨今。いつ誰が、どんな目的でプライバシーを侵害するかが分からないという、困った世の中の必需品になりうる商品として注目を集めるのが「スパイファインダー・プロ」だ。一体、どんな商品なのだろう?






最新の投稿


あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


2
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
読書と保守とリベラルと

読書と保守とリベラルと

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング