犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


犬と一緒の生活が基本。「私を愛するなら、私の犬も愛して」

 犬を飼っている人や、犬好きな人を対象としたデート・アプリ「WOWZER」。シアトル在住の愛犬家2人が、「同じ興味を持つ人同士だと、すぐに親しくなれる」という点に着目し、住んでいる地域や本人のプロフィールだけでなく、その人の「愛犬」の写真と情報を加えることで、共通項を持つ人同志を気軽にマッチングできるデート・アプリを開発した。

Wowzer

提供:Wowzer

 「WOWZER」の共同創業者、ミチ・スズキさんとステファニー・ウォーレイさんは、もちろん犬を飼っており、スズキさんはテリアやシープドッグなど4匹、ウォーレイさんは3匹のコッカー・スパニエルと共に暮らしている。2人にとって犬は言うまでもなく家族の一員だ。このアプリは、犬を家族の一員と考える人たち、つまり同じ価値観を持つ人たちを対象にすることで出会いも、そして出会ったあとの関係もスムーズに進みやすいと考えて作られた。

犬が一緒だと初めてのデートでも話しやすい

 誰でも初デートは緊張するものだろうが、はじめて会うときに犬が一緒にいると、犬が会話のアイスブレーク(きっかけ)になってくれる利点があるという。そのため、通常の出会い系アプリよりも、ずっとハードルが低く、参加しやすいと感じる人も多いようだ。

 シアトルは、ドッグシッターをマッチングするサイト「Rover.com」の「2019年度 アメリカで最も犬にフレンドリーな都市」で1位に選ばれただけあって、犬を飼っている人が多い。同市に本社がある米アマゾンドットコム社も従業員は愛犬同伴で出勤できるなど、多くのオフィスがドッグ・フレンドリーだ。同アプリは「今は犬を飼っていないけれども、犬は大好き」という人も参加できるため、そういう利用者にも支持を得ているそうだ。

 かわいい白い犬(名前はウォレス)のイラストが目印のこのアプリ、現在はアメリカ国内のみの対応だが、グローバル展開に向けて開発を続行中とのこと。日本へ上陸する日も近いかもしれない。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング