環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?


見事なダイヤモンドのコレクションが安い理由とは?

 「I Do Now I Don’t 」は、高価なダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪のコレクションがずらりと揃うオンライン・ジュエリー・ストア。ヴィンテージ・ジュエリーや時計のコレクション、ウエディングドレスなども販売しており、結婚を考える人やジュエリー好きには必見な人気ストアだ。

 ただひとつ、この店が他の他店と異なるのは、ダイヤモンドのコレクションはすべて「セカンドハンド」、つまり中古品であること。もちろん、これには訳がある。

 ダイヤモンドは、その変わることのない美しい輝きから、婚約指輪に最適な指輪として定着している。しかし、世界的に環境保護が叫ばれるようになった今日では、ダイヤモンドの採掘方法は環境破壊の代名詞にもなっており、採掘に幼い子供たちも駆り出されていることなどもエシカルの観点から問題だとされている。動物愛護運動が高まって、欧米の都会のファンション界から本物の毛皮のコートが消えたときのように(ペンキを投げつけられても好きで着ている人も存在するが)、欧米ではダイヤモンドを身につけることが以前と同じイメージではなくなってきた。

 そんな中、採掘による環境破壊を防ぎつつ、美しいダイヤモンドも手に入れたいという欲張りな消費者のために生まれたのが「I Do Now I Don’t 」のようなビジネスだ。セカンドハンドならば、新しく採掘された石ではないから、「採掘という環境破壊や幼児虐待に加担しているわけではない」というメッセージを発信している。

中古を買うのは嫌でも、売るのは抵抗なし

 いくら環境に優しいとは言え、愛のシンボルといえる婚約指輪や結婚指輪が誰かの中古なんて嫌だという人もいるだろう。そういう意味では、誰もが歓迎するビジネスモデルとは言えないかもしれない。

 しかし、買うのは嫌でも、「デザインの好みがかわった」、「現金が必要になった」等さまざまな理由で、いらなくなった高級ダイヤモンドの指輪を売りたい人はいる。オンライン登録をして、指輪の写真を掲載すればよいだけのシンプルな委託式マーケットで、しかも高額な指輪のニーズが集中する市場なので、売り手にも便利だ。

 バブル時代を含め、ダイヤモンドが「エシカルではない」と言われるような時代が来るとは想像していなかった人も多いかもしれない。そんな中で、これは時代の流れに乗ったビジネスといえそうだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬好き同士の出会い系アプリ登場! デートは愛犬と一緒に

犬を飼っている人や、犬が好きな人を対象にした出会い系アプリ「WOWZER」。これを始めたのは、全米で最も犬にフレンドリーだといわれる都市シアトル在住の愛犬家2人だ。犬と一緒に生活したい人同士をマッチングするアプリとは?


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(2)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第2回目は、新築よりも中古物件の方が人気ある理由を解説しよう。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング