今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


アメリカ人にとっての米の位置づけ

 12月に入り、アメリカはホリデーシーズンに突入した。この時期になると、友人や家族親戚・職場での同僚たちと持ち寄りのポットラック・パーティーを開くことが多いが、アメリカ在住の日本人はたいてい「日本的なもの」を持っていくことを期待されている。そんな中、私の定番は「カリフォルニア・ロール」と呼ばれる巻き寿司だ。自分で作ることもあるし、近所のスーパーマーケットで買っていくこともある。そう、今やアメリカでも、ごく普通のスーパーで寿司(sushi)が買えるのだ。

「Sushi」として定着

 近年、Sushiはブームとしてではなく、アメリカの食生活に定着した感がある。接待で使うような高級寿司レストランだけでなく、回転寿司やモールのフードコートなどでの大衆化も見られる。たとえば、私が住む米南部アトランタにある主なスーパーマーケット(Kroger、Publix、 Sprouts、 Whole Foods)には、カリフォルニア・ロールなどアメリカ的にローカライズされた「創作スシ」が普通に売られている。黒い海苔が苦手なアメリカ人のため、これらのスシはすべて「裏巻き」(ご飯が外側、海苔が内側)だ。

 たいてい1パックに12切れ入っていて、値段は6ドル前後。マヨネーズソースがかかっていたり、具材はアボカドやクリームチーズ、カニカマ、スモークサーモンなどが好まれる。新鮮だという証拠を見せたいのか、板前さんの格好を真似たユニフォーム姿のスシ職人がスーパーマーケットの店内でスシを巻いている。握り寿司も売ってはいるが、これはレストランで食べることをお勧めしたい。

アメリカで栽培されている米

 裏巻きのカリフォルニア・ロールだが、「結構おいしいよね」というのが率直な感想だ。作り手による部分も大きいが、アメリカ産のコメもしっかりと粒がたっていて悪くない。

 2019年2月更新のデータによると、アメリカでコメを栽培している州は、生産量が多い順にアーカンソー州 (48%)、カリフォルニア州 (19%)、ルイジアナ州 (14%)、ミズーリー州 (8%)、テキサス州 (7%)、ミシシッピー州 (4%) の6州となっている。

 次に、米の種類ごとに分けると下記のようになる。

短粒種:

 日本で食される粘り気のある米で、カリフォルニア州で「コシヒカリ」や「秋田こまち」が少量栽培されている。アメリカ国内消費ではなく、全て日本市場へ輸出されているそうだ。

中粒種:

 カリフォルニア・ロールに使われるコメで、アメリカ国内和食レストランや炊飯器でご飯を炊くアジア系住民に好まれる種類。軽い食感と適度な歯ごたえが好評。特に「カルローズ」というカリフォルニア州で栽培される中粒種は、その90%が輸出されており、USAライス連合(コメ産業界の団体をまとめる全国組織)は、このカルローズを日本に売り込んでいる最中だ。実は「コメの国」日本は、メキシコとハイチに次ぐ、アメリカのコメ輸出相手国上位3番目のお得意様なのである。

長粒種:

 水分が少なく、パサパサ、バラバラしている。中華料理店やタイ料理レストランでこの種のコメが使われている。この軽いコメが脂っこい料理には合うのだろう。家庭では、長粒米をピラフのように炊き込んだり、ソースを絡めて食べるのが一般的だ。レトルトや電子レンジでコメを調理するようなキットも、料理ベタの人々にはうけている。

家庭で炊くコメ

 炊きたてのご飯を美味く食べることを好むのは、炊飯器を持っているアジア系の家庭に限られる。アメリカ産の中粒米・短粒米は、アジア系食品や野菜を扱うスーパーマーケットで15lb (6.8 kg)が15ドル(日本円で約1,600円)前後で買える。日本からの輸入米は品種により値段が異なるが、コシヒカリだと15lb (6.8 kg) が30ドル(3,300円)前後だ。日本では精米して2カ月以内に売り切るのが理想だと聞いたが、アメリカでは精米日などはコメ袋には書かれていない。ほぼ1年中「新米」と印刷してある袋を見かけるだけだ。

 カリフォルニア・ロールとしては「結構いける」アメリカ産の中粒種のコメは、お茶碗によそって食べると、やはりコメの美味しさに欠けるように思う。しかし、アメリカの一般的なスーパーで豆腐や醤油が買えるようになったご時世なので、アメリカ人の中にもコメの炊き上がりのツヤや、コメの甘さを知る消費者層も存在するのかもしれない。

コメの新ビジネス

 政治的な背景はここで省くが、日本政府はコメの輸出に躍起になっているのをご存知だろうか。2017年9月より農林水産省農産企画課が 「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」を推し進め、成果が形になってきている。

 一例として、2018年秋に新鮮でおいしい日本産米をアメリカの消費者に届けるコメ屋がニューヨークにオープンした。精米所を併設し、低農薬な日本産コメの需要を業務用と家庭用に掘り起こしていくらしい。

 例えば、この店では新潟県新発田産の低農薬農家指定のコシヒカリ15lb (6.8 kg)が40ドル(4,300円)で買える。私が住むアトランタまで、FedExなら送料15ドル(1,600円)で送ってくれる。これを高いと見るか安いと見るかは人によりけりだが、1) 作り手の顔がわかるコメ、2) 低農薬のコメ、3) 日本から冷蔵コンテナで運ばれたコメ、4) オーダー直後に精米したコメであることを考えれば、悪くはないと思う。

 この美味しいコメを炊く方法だが、家庭では土鍋に行きつくように思う。土鍋に関して言うと、昨年ロサンゼルスに土鍋を扱う専門店がオープンした。長いことオンラインで販売していたが、路面店を出したところ、 LAタイムス紙、NYタイムス紙をはじめ、 Bon Appetitや FOOD 52といった雑誌など、そうそうたる大手メディアから注目を得た。「アメリカ人に土鍋ライフを伝えたい」という日本人オーナーの意気込みを賞賛するためにも、令和初の正月には土鍋で日本産新米を炊いて祝おうと思う師走の夜である。

この記事の寄稿者

 高校卒業までは新潟県の雪深い地域で生活。大学を卒業後、チャンスをつかみ渡米。アメリカ南東部にあるエモリー大学(Emory University)にて28年間にわたって日本語の教鞭をとり、2019年にリタイア。現在は同大学のSenior Lecture Emerita。
 夫、娘、愛犬と生活中。趣味は、バターと砂糖をたっぷり使ったアメリカンレシピの焼き菓子(パウンドケーキやクッキーなど)作り。

関連する投稿


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

アメリカのド田舎における「日本のラーメン屋」事情

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。アメリカにおける日本のラーメン・ブームが騒がれて久しいが、それは都会での話。南部では、まだまだ不思議なラーメンが幅を利かしている。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング