あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

あなたの作品が永久保存される「スケッチブック・プロジェクト」

ニューヨークの「ブルックリン・アート・ライブラリー」が主催する「スケッチブック・プロジェクト」。これまでに世界101カ国から16万人を超えるクリエイターが参加している、ユニークなアート・プロジェクトとは?


同じスケッチブックでも、描かれるストーリーは千差万別

 ニューヨークの人気エリア、ウィリアムバーグにある「ブルックリン・アート・ライブラリー」には、約47,000冊もの「同じデザインのスケッチブック」が納められている。これは12年前から始まった「スケッチブック・プロジェクト」という、クラウドファンディング式のアート・プロジェクトだ。

 参加者はまず1冊の真っ白なスケッチブック($30)を購入し、テーマを選び、そこに絵やテキスト、写真、コラージュなど自分の好きなことを描く。スケッチブックがいっぱいになったら、そのスケッチブックをライブラリーに郵送すると、「あなたの作品」がライブラリーに所蔵されるというシステムだ。

あなたの心に刺さるアイデアを見つけるプロジェクト

 このライブラリーに所蔵されているスケッチブックの数は、現時点で46,971冊。プロジェクト参加者は162,081人で、国別にすると101カ国が参加しているという。

 追加料金の$65を払うとデジタル所蔵にもできる。デジタル版も20,000冊を超えていて、誰でも閲覧できるのが嬉しい(デジタル・コレクションのリンクはこちら)。

 「これを始めたのは、目的を持ってアートをクリエイトする誰もが利用できる形式ばらないフォーマットを創りたかったから。個々の作品を飾る伝統的なギャラリーの手法とは異なるが、クリエイティブなコミュニティーによるプロジェクトの方がインパクトを与えられると信じている」とは、同プロジェクトを立ち上げたスティーブン・ピーターマン氏。

 今ではプロフェッショナルなアーティストだけでなく、アマチュア・クリエーターや会社員、学生たちも参加する世界規模なアート・コミュニティーに成長した。デジタルとアナログを兼ね備えたユニークなアート・プロジェクトに、時代が追いついてきたようだ。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んで設置したピンク色のシーソーで子供たちが遊ぶ映像がSNSを賑わせている。国境周辺の状況が悪化している中、人々に結束や調和を訴える目的で米カリフォルニア州にある大学の二人の教授が仕掛けた「アート・インスタレーション・イベント」だという。


アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

アマゾンは、なぜニューヨークの第2本社計画を断念したのか?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はアマゾン・ドットコム社が、ニューヨークに第2本社を建設する計画を突然取りやめると発表した件について、リベラル派の意見を述べる。


ニューヨーカーが恋する「アワ・シュワ」カクテル

ニューヨーカーが恋する「アワ・シュワ」カクテル

トレンドに敏感で、味には厳しいニューヨーカーたち。そんな彼らの間で話題になった不思議な形状で楽しめるカクテルがある。パーティーを盛り上げること間違いなしのカクテルを紹介しよう。


知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

知らない人を結婚式に招待! 〜アメリカのオープンウェディングとは?〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は多様なアメリカで広がり始めた、新しいタイプの結婚式をご紹介。






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング